2015/4/13 | 投稿者: 木下

 4〜5年前フェイスブック創業者ザッカーバーグの半生を綴った「ソーシャル・ネットワーク」(監督:デビッド・フィンチャー)という映画を見た。彼はハーバード大学在籍中、恋人に振られた腹いせに彼女の悪口をネットに書き、ついでに女子学生の品定めサイトを学内で立ち上げる。男子学生のアクセスが集中してサーバーがダウンする一方、女子学生からは大ひんしゅくを買う。プログラム能力を買われて、別の学生からフェイスブックの元になるアイデアを持ちかけられると、そのアイデアを元に自分だけでフェイスブックを作ってしまい、のちにアイデア盗用の訴訟を起こされる羽目になる(うろ覚えなので、気になる方はDVDをどうぞ)。
 つまり最初はハーバード大学生(エリート)が恋人を選定するための秘密クラブ的発想で作ったのですね。エリート限定でクローズドだったからこそ、皆が入りたがったのかもしれない。それが今や、世界で最もユーザー数が多く、日本国内でも既に2300万人もユーザーのいるSNSに巨大化し、私の知り合いも大勢使っているオープンなツールになって、今後はどういう方向に進化するのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します


 実は〆切をひとつ上げた記念に、フェイスブックのアカウントを取ってみた。既にサイトとブログとツイッターとYouTubeチャンネルを持っているのだが、暇になると何か新しいことを始めたくなってしまう。だが…フェイスブックは今までのツールと比べて少々戸惑うことが多かった。
 「友達」という言葉がキーワードのようで、アカウントを取ると自動的に「この人は友達ではありませんか?」という写真リストがたくさん出てくるのにまず戸惑う。面識ある人、仕事関係の人や懐かしい顔の写真が出てきて嬉しい反面、そんなに「友達」認定を迫られると怖じ気づく。相手に「友達認定」をお願いするのはもっと恥ずかしいし、断られたら相当傷つきそうだ。開始早々「友達」攻撃にたじたじ。
 趣味を詳細に記入する欄があるのにも戸惑う。出身地や出身大学、好きなスポーツ・音楽・芸能人・本といった自分の嗜好を全部オープンにした上で本名を名乗ることは、個人情報保護の観点から大丈夫なのだろうか。ノート機能は便利そうだが、これだけを使うならプログと同じか。

 ちなみに、ツイッターとフェイスブック(ノート以外)の情報は流れて消えて行き「人とのつながり」こそが切り口となるが、ブログでは「情報の蓄積」がどんどんなされるので検索サイトに登録されやすく、特定の分野に関心のある人を引きつける力があるそうだ。
 ということは私の場合、新たにフェイスブックを始めるより、ツイッターの書き込み回数を増やすことで「人とのつながり」を、休止状態のブログを再開して音楽・文化・日常に関する文章を定期的にアップすることで「情報の蓄積」を行うのが一番効率がよいことになる。結局、どんな便利なツールを使っても三日坊主では意味がないということか。ようやく取ったフェイスブックのアカウントを静かに削除した。

2015/4/4 | 投稿者: 木下

 今年は3月末〆切作品があって缶詰状態だったので、お花見は4月3日になってしまいましたが、何とか間に合いました。友人のグルメ・ピアニストと青山でおいしいランチを食べたあと、青山墓地と四ッ谷駅前の桜並木を楽しみました。強風のたびに降りしきる花吹雪が素晴らしく、時々足をとめてうっとり見入りました。桜って満開もいいですが、散りぎわがまた一段と素晴らしい。

 とはいえ、花吹雪を一瞬に切り取るテクニックはなかったので、写真は地元のメインストリートを3月のうちに撮っておいたものです。
 
 
クリックすると元のサイズで表示します


 一人住まいの実家の母が心配なので、2年前に地元駅前マンションに引越し、しょっちゅう様子を見に行っています。その行き帰りに通る桜並木が素晴らしく、有名どころに花見に行っても、結局戻って見た地元の桜が一番きれいだったりします。ただ…。うちの区って、太い電線が笑ってしまうほど張り巡らされていて、せっかくの素晴らしい桜が心底楽しめません。どこもこんな無粋に電線が張り巡らされているんでしょうか。地震がきたら相当危ないことになりそうで、気になって気になって。東京でも銀座などの中心街は電線地下化が進んでいるようですが、地元の電線だらけの空もはやく晴れてほしいものです。




AutoPage最新お知らせ