2016/1/31 | 投稿者: 木下

 1月後半はピアノ曲集(全8〜10曲の予定)の作曲をこつこつ。今後も当分ピアノ曲作曲は続きますが、ちょっと一休みして、次に着手する大作の構想を練るために小旅行してきました。新作着手の前に小旅行するのはここ5〜6年の恒例行事で、これをやるとなぜか良い作品が書ける気がする。ピアノ作品着手前は箱根・宮ノ下にでかけました。今回も箱根ですがちょっと足をのばして芦ノ湖まで行ってきました。冬の平日なのに観光客が意外なほど大勢いて、その約9割が中国人団体客でした。芦ノ湖の遊覧船でもレストランでもロープウェイでも聞こえるのはほとんど中国語、歓迎の垂れ幕も中国語、自分が中国旅行をしているような錯覚に陥るほどでした。あまりの人数とパワーに少々怖じ気づきましたが、噴火もあって大変な箱根にとっては救世主といえるかもしれません。ともかく、快晴の空と芦ノ湖の青、箱根神社の鳥居の赤と白富士のコントラストは息を飲むほど美しく、これだけで出かけた甲斐がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 出発時ロマンスカーのホーム売店になぜか「自伝 若き日の狂詩曲」(山田耕筰 著)が置いてあったので即購入。日本のクラシック音楽作曲家のパイオニア・山田耕筰の自伝本なら、作品構想を練る旅での携行にぴったりと思ったのですが…。

クリックすると元のサイズで表示します

 その数奇な生い立ち、日本人には珍しいエネルギッシュにして奔放な青春には度肝を抜かれました。日本でも留学先でも、男女問わず彼に引き込まれる人多数。当時は髪の毛ふさふさで美声だったようで、相当魅力ある青年だったのでしょう。日本人作曲家の先駆としての苦悩とか努力が書かれているのかと思ったのですが、もちろんそれも書かれていますが、メインで描かれるドラマチックで華やかなベルリン留学生活(特に女性関係)には驚きました。この当時、留学で心身病んで帰国する人も少なくなかった時に、作曲、恋愛、その他やんちゃ(放蕩ともいう)し放題の留学生活を送るとは大したものです。それでいて得る知識は得、演奏会を聴きまくり、人脈を作り、留学を味わい尽くしています。この手記は留学を終えて帰国するまでですが、これだけ型破りな人物だと、日本に帰ってからも音楽界に嵐を巻き起こしたことでしょう。しかし、どうあれ山田耕筰が日本のクラシック作曲家の偉大なパイオニアであることに変わりはありません。

2016/1/5 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します

東京室内歌劇場コンサート
《木下牧子を歌う》

■日時:2015年6月17日(水)
■場所:渋谷区文化総合センター大和田伝承ホール
■企画・構成:松井康司
■出演:飯田聖美、石原知枝、井上恵美、海野美栄、丹藤麻砂美
    村松織部(ソプラノ)三津山和代(メゾソプラノ)
    大橋正明(テノール)中川郁太郎、松井康司(バリトン)
    東井美佳、松浦朋子(ピアノ)
■曲目 
  木下牧子:歌曲集「愛する歌」「抒情小曲集」
  木下牧子:「へびとりのうた」歌曲集「晩夏」より 他

※東京室内歌劇場・日本の作曲家シリーズ第二回として、木下歌曲作品のみのコンサートが開催されました。コンサートで1〜2曲演奏頂けるだけで嬉しいのですから、特集となると嬉しさ10倍。
全体に親しみ易い曲がメインだったので、音楽に詳しくない方々にも楽しんで頂けたようです。優しく心温まるコンサートでした。

2016/1/2 | 投稿者: 木下


ピアノ連弾曲集
《やわらかな雨》全10曲

■YouTubeアップ:2015年6月05日(金)
■録音日:2015年04月24日
■録音場:三鷹市芸術文化センター風のホール
■演奏:演奏:川井敬子(pf.I)吉田慶子(pf.II) 
■曲目:木下牧子:ピアノ連弾曲集「やわらかな雨」全10曲 
    1.あこがれ/2.一羽のかもめ/3.日曜市場/4.追憶
    5.ギャロップ/6.夏の夕暮れ/7.やわらかな雨
    8.西風のゆくえ/9.祈りの鐘/10.ダッシュ

■出版:カワイ出版

※日本作曲家協議会の「こどもたちへ」という作曲家自作自演コンサートで「一羽のかもめ」「日曜市場」の2曲のピアノ連弾曲を発表したあと、カワイ出版からの委嘱で、この2曲を含む10曲からなる連弾曲集を作曲しました。
出版は2003年。その後、2010年にCD「迷宮のピアノ」(ライヴノーツWWCC-7640)にこの曲集を収録(演奏は小原孝・石井里乃の両氏)しました。自分では気に入っていますが、まだまだ認知度が低いようなので、今回YouTube版を川井敬子・吉田慶子の両氏にお願いしました。先生&生徒で演奏するのもいいですが、大人同士で演奏頂いても楽しい曲集です。


2016/1/2 | 投稿者: 木下


抒情小曲集
《月の角笛》全12曲

■YouTubeアップ:2015年2月09日(月)
■録音日:2004年12月19日
■録音場:神戸新聞 松方ホール
■演奏:演奏:岸 信介(cond)木下牧子(pf)女声合唱団はづき
■曲目:木下牧子:抒情小曲集「月の角笛」全12曲
    1.うぐいす/2.ほんとにきれい/3.ねこぜんまい/
    4.夕顔/5.すずしい日/6.しじみ蝶/
    7.かぜとかざぐるま/8.山の枇杷/9.月の角笛/
    10.秋/11.白いもの/12.つらら

■出版:カワイ出版

※ 10年以上前の録音ですが、久しぶりに聴き返したらとても良い演奏なので、曲集12曲まとめてアップすることにしました。女声合唱団はづきの演奏会にゲスト出演し私自身がピアノ伴奏しています。まだ腱鞘炎でピアノが弾けなくなる前のことです。
 出版は1998年。出版1年間で7刷した記録を持つ曲集で、演奏頻度は高いですが、全曲通して演奏されることは意外と少ないですから、参考になさって下さい。
 委嘱初演は清水敬一さんの女声合唱団サファイア、あびこエコーズ。女声2部合唱曲集ですが、最初に歌曲として発想してから2部合唱にするという作曲法を取りました。こういう方式で作曲した曲集はほかに「愛する歌」「花のかず」などがあり、それらは当然ながら2部合唱曲集だけでなく歌曲集としても出版され、男女問わずよく演奏されています。歌曲への関心を強めることになった曲集です。

2016/1/2 | 投稿者: 木下

明けましておめでとうございます。
2016年もよろしくお願いいたします。
公式サイトでは詳細データ、ツイッターでは直前情報、ブログでは演奏会とYouTubeアップ記録、という分類でやっているのですが、なぜかブログだけさぼってしまいました。いや、ほかも更新頻度はぼちぼちですが。
 公式サイトでは、コンサートが終了するとデータをどんどん削除してしまい、個展や大きい作品のコンサートのみ保存するので、その他の重要コンサート(初演など)の保存はブログでやっておかないと、自分でも忘れてしまいそう。

さしあたって2015年コンサートはまだ4つしかアップしてないので、未掲載分からアップすることにします。