2016/8/31 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
横浜シティオペラ
《不思議の国のアリス/木下牧子作曲》

 ■日時:2015年12月5日(土)昼夜二回公演
 ■場所:横浜みなとみらい小ホール
 ■作曲:木下牧子(台本:高橋英郎、木下牧子)
 ■演出:中村敬一
 ■演奏:増田宏昭(指揮)横浜シティオペラアンサンブル
 ■出演:
  浅野美帆子/小田切一恵(アリス)
  岩下晶子/清水由紀子(姉・ユリ)
  東 美和/井上千佳子(白兎) 友清 崇/堀野浩史(ドードー鳥)
  香月 健/山本竹佑(笑い猫) 悦田比呂子/鵜飼文子(公爵夫人)
  柳澤涼子/山本ひで子(女王) 君島宏昭/勝又康介(帽子屋)
  小林彰英/三村卓也(ジャック) 東 卓治/倉沢一郎(王)
  鈴木美也子/藤田直子(ケシ1) 川口美和/大隅麻奈未(ケシ2)
  声楽アンサンブル
    上綱敦子、藤本恵美子、簗取洋子、松本明子
    吉田龍之介、中川誠宏、清水一成、今村啓介

※横浜シティオペラが、私のオペラ「不思議の国のアリス」を神奈川オペラフェスティバル'15の第二夜で上演してくれました。オペラは自主的に公演するにはあまりに費用がかかるので、どこかのオペラ団体が取り上げてくれるのを待つしかありません。幸いこのオペラは途切れることなく、いろいろなオペラ団体に公演して頂けて、とてもラッキー。
 横浜みなとみらいという素敵なロケーションで、満員のお客様で昼夜二回公演が行われました。私が観賞できたのは夜公演のみでしたが、実力派キャストによって生き生きした魅力的なオペラとなり、作曲者として嬉しく観賞しました。
 このオペラの客層には、初演時から親御さんに連れられたお子さんも多く、最初は騒いだり歩き回ったりするのではと心配したのですが、今まで騒いだり大声を出した子どもを一度も見た事がありません。開演前まで動き回っていた私の前の席の子が、オペラ開始後静かになったので、眠ったのかと覗いてみたら、目を爛々とさせて舞台に見入っていたこともありました。
 このオペラの趣旨は「大人から子どもまで楽しめる日本語オペラ」ですが、実際の音楽作りでは、子どもへのアピールは別段考えてなかったので、子どもさんたちが驚くほどオペラに入り込んでくれることが不思議ですらあります。
 英語の原作が当時の英国人に受けたのはわかりますし、今も文学研究で多く取り上げられるのもわかります。なぜなら全編言葉遊びで、当時のイギリスの政治や文学、言い回しに対するパロディやおちょくりだらけですから。特にマザーグースの歌を知っていると物語の突然の飛躍も理解できますが、少なくとも外国人(アメリカ含)にとって、翻訳された「アリス」は只の超シュールな物語。いろいろな翻訳本を読みましたが、どれも決して読みやすくありません。言葉遊びの訳は難しいですから。テニエルのさし絵はたしかにイギリス的ダークさと若干のグロテスクさが面白いですが、日本の子どもに受けるタイプでもありません。ディズニーのアニメ・キャラの影響がやはり一番大きいでしょうが、歌手が演じるオペラはそれも関係ありません。なのにやはり子どもたちは集中して舞台に見入ってくれます。ルイス・キャロルの「アリス」は、言葉遊びや風刺を超えて、子どもに深くアピールする何かを持っているようです。

2016/8/29 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
《西久保友広マリンバ・リサイタル》

 ■日時:2015年11月10日(火)
 ■場所:トッパンホール
 ■出演:西久保友広(Mar.)竹島悟史(Vib.)鈴木康浩(Va.)
 ■曲目
  J.シュワントナー:ヴェロシティーズ
  K.パンチ:ヴィオラとヴィブラフォンのためのデュオ「緑の王国より」
  木下牧子:"SPARKS" マリンバ・ソロのための(委嘱初演)
  P.チェン:楽興の時第5番「ロマンス」 
  A.ヴィニャオ:アラベスコ・インフィニート

※読売日本交響楽団の打楽器奏者で、ソロとしても大活躍の西久保友広さんのリサイタル。木下のマリンバ・ソロ作品”SPARKS”の委嘱初演がありました。素晴らしい初演となり、会場に見えていた打楽器関係者の皆さんからたくさんお褒めの言葉を頂きました。初演が素晴らしいと作品も幸福なデビューを飾ることができます。西久保さんありがとうございました。これまでも打楽器作品は比較的多く書いているのですが、すべてアンサンブルで、ソロ作品に取り組んだのは今回が初めて。マリンバという楽器の魅力を再認識しました。

2016/8/29 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
《大阪コレギウム・ムジクム創立40周年記念演奏会》

 ■日時:2015年11月8日(日)
 ■場所:いずみホール
 ■出演:当間修一(Cond.)シンフォニア・コレギウムOSAKA(Orch.)
   大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団
   大阪コレギウム・ムジクム合唱団
 ■曲目
  H.シュッツ:ドイツ・マニフィカトSWV494 A.ペルト:マニフィカト
  L。van ベートーヴェン:交響曲第7番Op.92
  木下牧子:混声合唱と管弦楽のための「光はここに」

※大阪コレギウム・ムジクムは前年の'14年6月に「木下牧子 その魅力の音世界」という特集コンサートを開催。「たいようオルガン」「光はここに」「邪宗門秘曲」という木下の管弦楽伴奏合唱作品3作と、弦楽オーケストラのための「シンフォニエッタ」全三章という、作曲家にとって大変嬉しいプログラムの演奏会でした。全曲木下YouTubeチャンネルとOCMのチャンネル両方で全曲お聴き頂く事ができますので、ぜひ。
 今回の'15年11月の40周年記念演奏会でも、シュッツ、ペルト、ベートーヴェンというプログラムに木下作品「光はここに」も加えて頂きました。合唱&オーケストラ編成作品は(特に東京では)なかなか演奏されないものですが、大阪コレギウム・ムジクムのおかげで、オケ伴合唱作品の委嘱初演や再演、委嘱作以外でも「鴎」「光はここに」などの作品を繰り返し取り上げて頂けて、感謝の一言です。

2016/8/28 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
《トリオ・ラヴール第一回演奏会》

 ■日時:2015年10月17日(土)
 ■場所:アーティストサロン Dolce
 ■出演:小埜寺美樹(Pf.)左藤博之(Cl.)平山慎一郎(Vn.)
 ■曲目
  D.ミヨー:組曲作品157b
  木下牧子:クラリネット・トリオ「ねじれていく風景」
  A.ホヴァネス:サミッシュ湖   A.ハチャトゥリアン:三重奏曲 

※クラリネット・トリオ「ねじれていく風景」は2004年、ピアニスト・柴田美穂さんにより委嘱初演(共演はcl.武田忠善氏、vn.瀬川光子氏)され、2007年、音楽之友社から出版されています。今回はピアニスト・小埜寺美樹さん企画の室内楽演奏会で取り上げられました。この編成は最適な音量バランスで演奏するのがなかなか難しいのですが、三人は音量のみならず、全てに息の合った絶妙のバランスで、若々しく表現力に優れた演奏を聴かせてくれました。

2016/8/28 | 投稿者: 木下

ピアノのための《9つのプレリュード》

■YouTubeアップ:2015年10月4,8日
■録音日:2015年09月18日
■録音場:三鷹市芸術文化センター風のホール
■演奏:永野光太郎(pf) 
■曲目:木下牧子:ピアノのための「9つのプレリュード」第1,3,4,5,6,7曲
■出版:音楽之友社(ピアノのための「9つのプレリュード」)

※ピアノのための「9つのプレリュード」は、2001年音楽之友社より出版。第8,9番は川井敬子リサイタル動画から、第2,9番は東京都立芸術高校創立40周年記念演奏会の動画(演奏:永野光太郎)から、すでにYouTubeにアップしてあるので、残りの6曲を新たに、永野光太郎さんにお願いして演奏録画しました。
これで9曲全曲揃いましたので、ぜひお聴きになってみて下さい。


2016/8/27 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
《松下悦子ソプラノリサイタル》

 ■日時:2015年8月30日(日)
 ■場所:いずみホール
 ■出演:松下悦子、土居知子
 ■曲目
  ブラームス:私たちはそぞろ歩いた、昔の恋 他
  木下牧子:歌曲集「太陽は空の中心にかかる」全5曲 (委嘱初演)
  シュトラウス:オフィーリアの3つの歌  
  F.リスト:ごぞんじですか?レモンの花咲く国を 
  O.メシアン:なぜ? 首飾り 復活 他

※京都在住のソプラノ・松下悦子さんの委嘱で新作歌曲集を書きました。彼女の希望で5編とも立原道造の詩をテキストに選んでいます。よく知られる立原道造的な詩でなく、「空」をキーワードに意外性に富んだ詩を選んでみました。1曲目「食後」はシュールなメルヘン。道造はこういう一面も持っていたのかと新鮮な驚きでした。2,4曲は穏やかな緩徐楽章的性格、3,5曲はかなりドラマチックです。どの詩も美しいですが、1曲目を除くと、どれも「生」と「死」を考えさせられる深い内容となっています。初演は松下さんの歌、土居さんのピアノとも素晴らしい出来で、翌'16年8月にはレコーディングも行われました。CDリリースは'17年3月の予定です。




AutoPage最新お知らせ