アンサンブル・コンテスト

2009/1/21 | 投稿者: 木下牧子

 本格始動したわりには、作曲がなかなか進まない毎日です。じっと手を見る。

 17,18日と千葉県のアンサンブル・コンテストの審査をしてきました。いつもMacの前に座って一日中キーボードをぱたぱた叩きつつ作曲しているので、出掛ける時くらいしゃべったり動いたりしたい、ということで、最近は審査員はあまりやらないのですが、久しぶりに皆さんのアンサンブル聴かせていただきました。

 私が審査員だったので気を使ってくださったのもあるのでしょうか、驚くほど多くの団体が私の曲を歌ってくださって嬉しかったです。特に嬉しかったのは、中学、高校、女声、一般団体まで年齢や性別に関係なく私の曲を歌ってくださったことですね。「鴎」「おんがく」「ロマンチストの豚」が特に多かったかな。

 シンプルな曲は子供向き、と思ったら大間違いで、ゆったりした曲ほどフレーズを作るのが難しい。だから「アカペラ・コーラス・セレクション」は大人向きの曲集なんです。もちろん中・高校生にもどんどん歌っていただきたいけれど、年齢を重ねることで、より余裕を持って味わい深い音楽を醸し出せる、といったタイプの曲集です。

 今回は審査員を務めましたが、こんなに多くの団体が私の曲を歌ってくださるのなら、順位を付けるより、それぞれの演奏に実際アドバイスできる場があったらよかったなあと思いました。みんな素敵な演奏をしてくれているのに、順位つけるだけというのはとても辛い。

 千葉県のアンサンブルのレベルは高くて、どの団体も柔らかい素敵なアンサンブルを聴かせてくださいました。出場団体の皆さんお疲れさまでした! 




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ