女性指揮者の会

2009/5/21 | 投稿者: 木下牧子

 17日の日曜日は「女性指揮者の会」にお招きいただいて、吹田の大阪シティアカデミーで合唱講習会の講師を務めてきました。この会では、今まで会員(女性指揮者の皆さん)の指導する合唱団がモデル演奏することが多かったそうですが、今回は選曲が『悲しみの枝に咲く夢』という難易度の高い曲集だったため、一般の合唱団では短期間に仕上げられないということで、合唱は出席した女性指揮者の皆さん全員で、指揮者(もちろん女性指揮者の会のメンバー)とピアニストは一章ずつ交代で演奏してくださいました。

 この講習会のために、お忙しい指揮者の皆さんが合宿して合唱を仕上げてくださったとのこと。日頃から合唱団の指導をなさっている上に、声楽出身の方が多いため声量も読解力も抜群で、私がいろいろお願いすることに直ちに反応してくださるので、とても話を進めやすくて充実した講習になりました。

 講習会のあとは世話人の皆さんと夕食会。音楽やその他いろいろな話題で盛り上がりました。だいたい年代が同じこともあって、とても楽しい時を過ごすことができました。「女性指揮者の会」の皆様、大変お世話になりました!ちょっと難しい曲集ですが、ぜひ「悲しみの枝に咲く夢」演奏なさってみてください。

クリックすると元のサイズで表示します
「女性指揮者の会」の皆さんと。
真ん中オレンジのワンピース(with ジャケット)が私。その左隣が「女性指揮者の会」代表の福田美保先生。

 今や大阪は近いですし、作曲の〆切りも迫っているしで当然日帰りです。おいしい夕食をいただいているあたりまでは楽勝ムードでしたが、帰りの新幹線ではだんだん足が鬱血してきて最後はエコノミー症候群になりそうでした。家から吹田までで3時間半というのはとても近いですが、往復すると1日7時間座っていることになって少々辛いですね。日頃の運動不足も祟っているんでしょうが。

 今年はこれから何度も大阪に行きます。6/28は大阪府合唱祭の講師、7/9日はいずみホール主催「日本のうた」(木下牧子を迎えて)という演奏会にゲスト出演、11/15は神戸市役所合唱団演奏会で新作初演、11/16は関西日本歌曲研究会の講師、そのほか数回行く予定。できれば日帰りは避けたい・・。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ