充電2 軽井沢

2009/6/16 | 投稿者: 木下牧子

 軽井沢の「星のや」で3日間音楽を聴いたり本を読んだり考えたりしたのですが、せっかく来たのだから少しは外にも出ようということで、2日目午前中は近くの「野鳥の森」のネイチャーウォッチングに参加。なにしろ日本野鳥の会会員ですし。

クリックすると元のサイズで表示します
「野鳥の森」ネイチャーウォッチング

 6月初旬になると普通なら鳥たちはつがいになったあとなので、もうあまり囀りを聴けないのですが、今回は何故か野鳥たちがほれぼれするような素晴らしい囀りを聴かせてくれました。引率の方によると、この時期にまだ美しい声で囀っているのは、メスと出会えなかったもてないオスばかりとのことで・・。午前10時くらいから1時間は鳥たちの囀りを堪能し、だんだん気温が上がってきた昼近くになったら森中ハルゼミが鳴きだしてもう小鳥の声は聞こえなくなってしまいました。それにしても6月初旬に蝉しぐれを聴けるとは思いませんでした。夏ゼミよりやや繊細な声ですが、蝉しぐれの中森を歩いていると、夏休みのような錯覚にとらわれたりしました。オゾンをたっぷり浴びつつ、引率の方のお話を聞きながらの森歩きは素晴らしいひとときでした。

 最終日は「星のや」をチェックアウトしたあと、軽井沢高原文庫や絵本の森美術館に立ち寄ってきました。一般の詩集は相変わらず難解で、音読用でなく読むための作品が多いので、最近は絵本や子供向け詩集も探したりします。ときどき素晴らしい作品に出会えます。今回は絵本美術館内の図書館を楽しみにしていたのですが、残念ながら思ったより蔵書が少なく今ひとつ。そのかわり、帰りに立ち寄った売店でパワフルな素晴らしい作品を見つけました。来年初演予定のオーケストラ伴奏の新作テキストに使えそうです。まだ作者や作品名は内緒です。作品が仕上がるまでは内緒。久しぶりに心底わくわくするテキストに出会いました。来年の作曲が楽しみになってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
木々に囲まれた絵本の森美術館

 たった三日間でしたが本当にリフレッシュできました。今年後半は予定びっしりなので、年内もう一度の温泉行きは無理かな・・。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ