35℃

2010/7/21 | 投稿者: 木下牧子

 今日は東京でも35℃超えたそうです。外回りのお仕事の人は本当に大変だと思います。私はこの夏、休みなしで家に籠もって作曲するので、気温が高かろうが低かろうがあまり関係ないともいえますが、さすがに35℃を超えてくると、室内でも頭の動きが鈍ってくるし、Macが暴走しやすくなります。はやく涼しくなりますように。

 今日の早朝はいつもどおりオーケストレーション、午前中はMDテープが届いて、それを全曲聴いて詳細チェックしてから電話会議。某声楽家の方が私の歌曲のみのCDを企画して下さったのですが、私はレコーディングに立ち会えないので、前もって演奏テープを聴かせてもらったというわけです。とても質の高い演奏でアドバイスの必要はほとんどなく、細かいチェックを少ししただけでした。きっと素晴らしいCDになると思います。まもなくレコーディングとのことで、CDリリースは来年初頭くらいかな。間近になったら詳細にご案内しますね。

 午前中レコーディング用の歌曲を繰り返し聴いたせいか、午後になっても頭の中に歌曲が充満していて、新作のオケ・スケッチに今ひとつ集中できませんでした。修行が足りません。
 
 夜はカワイのコンサートサロン・パウゼに出かけ、品田昭子さん(ソプラノ)のリサイタルを聴きました。午後6時過ぎに家を出たのに、もわっとした逃げ場のない暑さ!でもコンサートはとても充実した内容で、つかの間、暑さを忘れて品田さんの美しい歌声に浸りました。前半は日本歌曲(私の「抒情小曲集」も!)の繊細な世界を涼しげな浴衣姿で、後半は華やかなオペラの名曲をドレスで。とても洒落たコンサートで疲れも飛びました。

クリックすると元のサイズで表示します

 帰り、大学の同級で作曲家の前田佳世子さんとお会いしたので、ちょっとお茶をして音楽話を楽しみました。そんなこんなですっかりリラックスしてしまい、帰宅してすぐ作曲のはずが、この時間になってものんびりブログを書いている私。明日からがんばります。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ