いろいろあった年末

2010/12/30 | 投稿者: 木下

 クリスマスコンサートのお知らせのあと更新が止まってしまっていました。今日になってまだクリスマス仕上げのブログに気づいてあわててデザイン変更しました。二日後にお正月になったらまた替えなければなりません。

19日の大阪コレギウム・ムジクム創立35周年のクリスマス・コンサートはいずみホールが満員の大盛況で、私のアレンジによる混声合唱と金管アンサンブル、オルガン、パーカッションによるキャロル・メドレ−はとても盛り上がり、お客さんにも喜んでいただけたようです。ほかにもいかにもクリスマスという華やかで美しい定番のクリスマス音楽が多く、聴いているだけで幸せになれるコンサートでした。ただ、夜は京都で人と会う用事があったので、打ち上げに参加できなかったのが残念。

 グランヴィア京都に宿泊して、翌日は伏見稲荷を参拝してから東京に戻ってみたら…実家の父が急死したとの知らせが。もう愕然!実家で母と二人暮らしだったのですが、90才とは思えないほど元気で、亡くなる直前まで普通に歩いて食事して元気でした。いつ実家を訪れてもきちんとした格好をしていて、見事な白髪に赤いセーターなど着て、娘がいうのも変ですがとても清潔感のあるお洒落なお爺さんでした。亡くなったのはとても悲しいですが、最後まで寝たきりにならず、丹精こめた庭を眺めて大好きな母と二人でゆったりおだやかに生きてポクっと天国に行ったのですから、ある意味、理想的なピリオドの打ち方だったと思います。父の死は誰にもお知らせせず完全に身内だけで見送りましたが、みんなに愛された穏やかな父だけあって、お葬式当日は雲1つないぽかぽか暖かい晴天に恵まれ、親族で父の思い出話に盛り上がり、心の暖まる式となりました。私もこういう終わり方をしたいものです。でも今の心掛けの悪さと運動不足のままでは無理かも。

 身内だけのお葬式の翌々日は福岡に飛んで、2月に私の作品特集のコンサートを開いてくれる音楽企画集団「らくうた」の練習に立ち会いました。「木下牧子の世界-With Orchestra」というタイトルで、「邪宗門秘曲」の二管オーケストラ版と、「光はここに」の二管オーケストラ伴奏版の初演がおこなわれます。指揮は本山秀毅先生。合唱はらくうた、オケは九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団とそのOBの皆さん。

「邪宗門」は12分の単独楽章の作品ですがわりと重い曲ですし、「光はここに」は全6章からなる25分くらいもある日本語のレクイエムですから、アマチュア・オケだと負担が大変かもしれないと思っていたのですが、本山先生の的確なご指導のもと、若く頭のいいオケ・メンバーの皆さんの反応がとてもよく、各パートに実力のある人がいてくれるので、一言アドバイスのごとにどんどんよくなっていくのがわかりました。本番がとても楽しみになってきました。「らくうた」合唱メンバーはこの一年半ずっと練習を積んできた実力のある皆さんばかりなので、きっと素晴らしいオーケストラ伴奏版初演を聴かせてくださると思います。

 「光はここに」は若くして亡くなった親族のひとりに捧げたレクイエムなのですが、父も亡くなったので、2月のコンサートは、個人的には父の魂を見送るとてもいい機会になると思います。

タイトル:らくうた第三回演奏会 木下牧子の世界Vol.2 With Orchestra
日時:2011年2月6日(日)15時30分開演
会場:アクロス福岡シンフォニーホール
出演:本山秀毅(指揮)らくうた(合唱)
   古閑恵美(ピアノ)
   九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団
   木下牧子(ゲスト)
曲目:混声合唱組曲「方舟」
   「邪宗門秘曲」2管オーケストラ伴奏版初演
   「光はここに」全6曲 2管オーケストラ伴奏版初演 ほか

詳細は来年またお知らせします。福岡周辺の皆様、スケジュールに入れていただけたら嬉しいです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ