白山市 視察旅行 その3

2011/3/8 | 投稿者: 木下

 話がなかなか先に進まないので、視察2日目は写真中心で。2日目は残念ながら初日のような晴天ではなく曇ってしまいました。白山麓の白峰まで連れていっていただいて霊峰白山の姿を仰ぎ見るはずが、山の存在自体全く見えませんでした。山って少し曇っただけでこうなるんですよね。冬は雪のため白山スーパー林道などにも立ち入れませんし。残念。一日目の晴天が特別ラッキーだったようです。

クリックすると元のサイズで表示します
白峰のクロスカントリー競技場付近。

クリックすると元のサイズで表示します
凄い積雪量ですが、道路は相当奥地に入っても除雪が行き届いてました。

クリックすると元のサイズで表示します
帰りに立ち寄った鳥越の一向一揆歴史館。

 白峰からの帰り、戦国時代を扱った大河ドラマには必ず登場する「加賀の一向一揆」を記念した歴史館に立ち寄りました。一揆というと農民中心という印象を持つのですが、浄土真宗本願寺教団によって組織された宗教的な自治体で、そこに僧侶や武士や農民も参加していたようです。織田信長により解体されるまで100年近く自治が続いたということで、このあたりのことをドラマにしたら面白そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
手取川峡谷。

 歴史館見学のあと車で松任に戻る途中、国道からほんのちょっとはずれただけの所に素晴らしい峡谷があって驚きました。夏はここで川下りもできるそうですが、岩がごつごつしていて相当ワイルドな気分を味わえそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 同じ白山市でも何メートルもの積雪のある白峰から一時間ほどで松任へ戻ってくると雪は全くありません。一日目のような青い海という訳にはいきませんでしたが穏やかな天気で、松任海浜公園の広々とした芝生には老若男女が楽しそうに遊んでいて、特にシニアの皆さんがグラウンド・ゴルフを楽しんでいたのが印象的でした。こうして二日間に渡る視察は無事終了しました。ひとつの市でこんなにいろいろな変化に富んだ風景を見ることができるとは思いませんでした。市役所の方に連れていっていただいたおかげで効率的に見所に案内いただけたので大変充実した楽しい2日間でした。関係者の皆様、本当にお世話になりました。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ