地震の影響

2011/3/16 | 投稿者: 木下

 新宿から歩いて帰ったときには、まさかここまで悲惨なことになるとは思いもしませんでした。帰ってネットで映像を見たときも惨状に心が痛みましたが、日が経ち真実が明らかになるにつれてあまりの津波の恐ろしさに言葉を失っています。津波から間一髪助かった人の撮った生々しい映像がいくつもアップされていますが、本当に恐ろしいスピードで真っ黒な津波が次々家や逃げ惑う車を飲み込んでいく映像に心が凍りました。◯◯町で1,000人の遺体が見つかった、死者が10,000人を超えたといったニュースばかり繰り返され、落ち込んで作曲する気に全くなれません。こんなときに限って東北地方は氷点下の寒さで雪とのこと。せっかく津波から助かった皆さんが寒さで体を壊すことのないようお祈りするしかありません。

 前回の心配どおり東京の計画停電は大混乱となりましたが、そんなことはもうどうでもいいほど福島第一原発がまずいことになっています。東電も政府も本当のことを言わないので余計心配になるし、専門家たちも燃料棒を冷やすしかないとか、注意深く見守っていきたいと同じことの繰り返し。実際は燃料棒を冷やすための海水の注入作業は非常に難航しているようで一号機から4号機までどんどん事態が悪化しているようだし、本当にどうなっていくのでしょう。

 被爆を恐れて東京から逃げ出す人や日本から逃げだす外国人も増えているようですが、本当に最悪のシナリオになったら関西に逃げても無駄かもしれないので、私は東京で様子を見ようと思っています。はやく事態が好転するといいんですけどね。さしあたって外出はなるべく控え、出掛けるときはマスク着用。どっちにしろ花粉症ですから。

 計画停電は仕方ない処置だし、たぶん長期化するでしょうが、加えてマイカーの23区内使用を禁止したらどうでしょう。今一般人のガソリン買い占めがひどくて、東北地方で救援活動をしている人々のガソリンが足りないとのこと。まずは東北の皆さんの救援が最優先ですよ。

 そうそう、それから非常時の町内緊急アナウンスってどうしてあんなに聞こえにくいんでしょう。あれでは5分後に大津波が来るから逃げろと言っていても内容が全然聞こえないですよ。技術が進歩したにしては、肝心の緊急放送が相変わらず拡声器での2重3重エコーのかかる古風な放送なのは何とかしてほしいです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ