東電

2011/4/10 | 投稿者: 木下

 〆切はいつもどおり迫ってくるのに、全然作曲する気になれません。原発事故がこれ以上悪化しないか、窒素注入はうまくいっているのか、汚水の汲取は大丈夫なのか、すべてが心配で。まあ心配したところではじまらないので、花見でも陽気にやっているほうがいいのかもしれませんが。

 実はさっき、原発事故についてずっと抱いていた考えを文章にしてアップしてみたのですが、読み直してみたら、社会批判を書き慣れていないせいかストレートになりすぎ、他の記事とバランスがとれないので削除しました。でも読まれたかたはそのまま覚えていて下さって結構です。

 判断ミス続きで日本の信用を失墜させた政府と東電幹部には腹が立つし、大スポンサーの東電に気を使って何も批判をしないマスコミにも失望しましたが、原発は危ないと知りつつ反対行動ひとつおこさなかった自分にも責任はあるんですよね。原発の危険を訴えている人が大勢いたのに、本もたくさん出版されていたのに目をつぶって知らないふりをした自分を考えると、誰を責める資格もないのかもしれません。
 
 せめて今回くらいはちゃんと発言していかなくてはいけない気がします。手遅れでないといいんですが。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ