Finale2011

2011/6/25 | 投稿者: 木下

 東京から少々離れた某所に仕事部屋を持ちました。とても快適で、これから少しは作曲に集中できそうです。自宅のメインMacはMacProで、これはもう無敵のマシンですが、仕事部屋はiMacのデスクトップ型にしました。とてもスタイリッシュ!パワーが若干MacProより堕ちるのは仕方ないところです。入力用キーボードもシンセサイザーでなく、あくまでMac入力用の軽くて余計な機能の入っていない88鍵のMIDIコントローラーにしました。安い!最近は88鍵のシンプルなコントローラーが出ているので助かります。
 
 新しいiMacにFinale2011をインストールして仕事開始!自宅ではいまだにFinale2007を使っているのですが、同じソフトでも微妙に操作手順が変更されていて、なかなか仕事が捗りません。2007版ではブラインドタッチでできるほど慣れていた操作法がちょっとずつ変わっていることで、そのたび作業を中断してチュートリアルなどを見なくてはならず欲求不満がたまります。もう少し慣れると2011版のよさがわかってくるんでしょう…。

 数日仕事部屋に籠って新しい曲の導入部を作成、CDにおとして自宅に持ち帰りましたが、自宅のMacProにはFinale2007が入っているので当然のごとくFinale2011データは開けられません。面倒で梱包したままになっていた新しいMacProの箱をそろそろ開けなくてはなりません。

 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ