オーケストラ・プロジェクト2012

2012/10/9 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
オーケストラ・プロジェクト2012
〜日本の交響楽100年 未来へ紡ぐ〜

■日時:2012年10月16日(火)19:00
    18:15より作曲者4人のプレトーク
■場所:東京オペラシティコンサートホール
■出演:大井剛史(指揮)
    永野光太郎( Pf/木下作品)
    東京交響楽団
■曲目:
 森垣桂一:管弦楽のための「レクイエム第4番」
 木下牧子:ピアノ・コンチェルト
 山内雅弘:管弦楽のための協奏曲
 堀越隆一:オクトーバー・カントリー
 (全曲初演。上記は演奏純です。)

■主催:オーケストラ・プロジェクト
■料金:全席自由 ¥4,000
■チケット申込:イープラスチケットぴあ

■備考:オーケストラ作品としてはトータルすると今回で9曲目。2010年に「呼吸する大地」で久々に復帰してからは2作目となります。今までの8作は通常の3管オーケストラ編成でしたが、今回初めて「ピアノ・コンチェルト」を作曲しました。元々ピアノ専攻だった私にとって必然の編成。そのためか、今までで最も自然体に楽しみながら(体力的には苦しかったですが)作曲でき、結果的にも好評を得ることができました。指揮の大井剛史さんは以前オペラ「不思議の国のアリス」初演・改訂初演を成功に導いてくださった方で、私の作風をよく知ってくださっているので、今回も安心してお任せしました。ピアノの永野光太郎さんは弱冠24歳ながら安定したテクニックで堂々とピアノ・ソロを務めてくださり、この若いお二人の才能のおかげで、今までの私のオーケストラ作品でもっとも魅力的な初演になりました。たぶん代表作のひとつになると思います。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ