ターク・ブルーメ「蜘蛛の糸」

2014/1/1 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
Tag Blume(ターク・ブルーメ)
サロン・コンサートVol.5

■日時:2013年11月2日(土)17:00
■場所:やなか音楽ホール
■出演:森朋子(sop)薗田可奈子(cl)黒田聡子(pf)
■曲目
 キュネッケ:「どこかのいとこ」より
 シュポア:「6つのドイツ歌曲」ソプラノ、クラリネット、ピアノのための
 木下牧子:音楽物語「蜘蛛の糸」
       〜朗読、ソプラノ、クラリネット、ピアノのための〜 

■料金:一般¥3,000 学生¥2,000
■備考:音楽物語「蜘蛛の糸」は有名な芥川龍之介の短編「蜘蛛の糸」をほぼそのままテキストとして40分の音楽劇に作り上げたもので、声楽家が朗読と歌唱両方を担当し、クラリネット、ピアノはソロ、伴奏両方を担当する。三人のみの演奏で、ある意味、オペラ的なドラマチックな世界が展開する作品。2012年6月に Deux Lilasにより委嘱初演された。ターク・ブルーメの三人による演奏は'13年6/1に「サロンみぎわ」に続いて今回が2度目。カンダタが糸を上り始めてから、他人を蹴落とそうとして自分も地獄の底に転落してしまうまでの行き詰まるようなスリリングな盛り上げ方が素晴らしかったです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ