朝型

2007/8/12 | 投稿者: KINOSHITA

 作曲家って朝寝坊の宵っ張りのように思われますが、ばりばり作曲する人はまず朝型です。朝の5〜9時というのは昼以降とは頭の回転が全然違います。もう自分の頭とは思えないほどサクサク動きますね。なので私も〆切が立て込んでくると無理矢理でも朝方にします。放っておくと9時とか10時起きになってしまうので、今も朝5時半くらいにモーニング・コール、5時45分と6時ちょうどに目覚まし時計をかけて無理矢理起きています。特に大編成の作曲のときは仕事量が増えるので早朝が勝負です。

 しかし、早朝起きても休憩のたびに小説を読みふけっては何にもなりません。今日はそれを断ち切るべく、起きて1時間くらい作曲し朝食をとってから公園散歩に出掛けました。いつもは夕方に出掛けるのですが、朝日をしっかり浴びて精神を健全にしようという計画です。
 今日は日曜なのでジョギングや朝の散歩ラッシュはもう一段落していて公園はのんびりした雰囲気。部屋から見ると外は既に暑そうでしたが、湿度がそれほど高くないうえ公園は大木が多くて日陰だらけなので涼しくて気持ちよかったです。1時間くらい歩いて帰ってからシャワーでなくしっかりお風呂に入って最後に冷水シャワーで仕上げました。午前中は仕事も捗りさわやかでいい気持でした。
 が、昼食後ちょっとだけのつもりがまたしてもどっぷり小説にはまってしまった私。意志が弱い!今日は京極夏彦です。評判通り面白くてページをめくるのを止められず困りましたが、題材が怪談系にしては根本的に健全というか、あまり病的な熱気というか夜の闇がないかも。だからこれだけ広く人気があるのかもしれませんが。

 写真は公園の噴水の下で涼むカルガモ。

 
クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ