2015/4/13 | 投稿者: 木下

 4〜5年前フェイスブック創業者ザッカーバーグの半生を綴った「ソーシャル・ネットワーク」(監督:デビッド・フィンチャー)という映画を見た。彼はハーバード大学在籍中、恋人に振られた腹いせに彼女の悪口をネットに書き、ついでに女子学生の品定めサイトを学内で立ち上げる。男子学生のアクセスが集中してサーバーがダウンする一方、女子学生からは大ひんしゅくを買う。プログラム能力を買われて、別の学生からフェイスブックの元になるアイデアを持ちかけられると、そのアイデアを元に自分だけでフェイスブックを作ってしまい、のちにアイデア盗用の訴訟を起こされる羽目になる(うろ覚えなので、気になる方はDVDをどうぞ)。
 つまり最初はハーバード大学生(エリート)が恋人を選定するための秘密クラブ的発想で作ったのですね。エリート限定でクローズドだったからこそ、皆が入りたがったのかもしれない。それが今や、世界で最もユーザー数が多く、日本国内でも既に2300万人もユーザーのいるSNSに巨大化し、私の知り合いも大勢使っているオープンなツールになって、今後はどういう方向に進化するのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します


 実は〆切をひとつ上げた記念に、フェイスブックのアカウントを取ってみた。既にサイトとブログとツイッターとYouTubeチャンネルを持っているのだが、暇になると何か新しいことを始めたくなってしまう。だが…フェイスブックは今までのツールと比べて少々戸惑うことが多かった。
 「友達」という言葉がキーワードのようで、アカウントを取ると自動的に「この人は友達ではありませんか?」という写真リストがたくさん出てくるのにまず戸惑う。面識ある人、仕事関係の人や懐かしい顔の写真が出てきて嬉しい反面、そんなに「友達」認定を迫られると怖じ気づく。相手に「友達認定」をお願いするのはもっと恥ずかしいし、断られたら相当傷つきそうだ。開始早々「友達」攻撃にたじたじ。
 趣味を詳細に記入する欄があるのにも戸惑う。出身地や出身大学、好きなスポーツ・音楽・芸能人・本といった自分の嗜好を全部オープンにした上で本名を名乗ることは、個人情報保護の観点から大丈夫なのだろうか。ノート機能は便利そうだが、これだけを使うならプログと同じか。

 ちなみに、ツイッターとフェイスブック(ノート以外)の情報は流れて消えて行き「人とのつながり」こそが切り口となるが、ブログでは「情報の蓄積」がどんどんなされるので検索サイトに登録されやすく、特定の分野に関心のある人を引きつける力があるそうだ。
 ということは私の場合、新たにフェイスブックを始めるより、ツイッターの書き込み回数を増やすことで「人とのつながり」を、休止状態のブログを再開して音楽・文化・日常に関する文章を定期的にアップすることで「情報の蓄積」を行うのが一番効率がよいことになる。結局、どんな便利なツールを使っても三日坊主では意味がないということか。ようやく取ったフェイスブックのアカウントを静かに削除した。

2012/1/3 | 投稿者: 木下

 きのうは恒例の新年会でした。和洋中のおせち?を食べ、シャンパンを飲み、おしゃべりして年一度の楽しい時を過ごしました。が、頭の中に早く仕上げなければならない曲のことがちらついて落ち着かないので、それほど長居せず帰宅しました。即作曲にかかろうと思ったのですが、一日に来た年賀状のチェックをしていなかったので、名簿を見つつチェックしていたら1日終わってしまいました。

 今日も引き続き年賀状の返事書き。打楽器アンサンブルはそろそろエンディングに向かうところまで来ているので、午後からは作曲に集中し、何とか10日までに仕上げたいところです。書き終えたら、即、次の作品を2作並行して書き始めなければなりません。う〜ん、大変だ。
 
クリックすると元のサイズで表示します

上は新年会のおみやげにいただいた干支の竜のおまんじゅう。

2011/9/8 | 投稿者: 木下

 昨日、今日と気持ちいいですね。夏中このくらい湿度が低いといいのに。日本て全体的に暮らしやすい国だと思いますが、梅雨から夏にかけての異常な湿度の高さにはげんなりします。特に今年は、むしむしする上にどこに行ってもエアコンの設定温度が高くて辛かった。どこか暮らしやすい気候の国に移住しようかという考えがよぎるほどでした。明日から蒸し暑さがぶり返すようですが、そろそろ勘弁してほしいです。

 ところで話は変わりますが、ルンバってご存知ですか。アメリカ・iRobot社のお掃除ロボットです。一年前、某大型電気店の掃除機売り場で購入するか否か悩んでいたところ、店員さんが近づいてきて「高額なわりに大した役に立ちません。おすすめしません。」ときっぱり。…それでも欲しくて結局購入しました。

 使ってみたらあらびっくり、店員さんの言葉に反して大変優れものでした。狭い空間に物がたくさん置いてある部屋には向きませんが、あらかじめ椅子や花鉢などを別の部屋に移しておいて、地べたに何もない状態にしてからスイッチをいれると、入念に隅々までせっせとお掃除してくれて、絨毯の奥のほこりまできれいに書き出してくれます。う〜ん、可愛い奴。

 しかも、先日購入丸一年ということで、無料で一年点検をしてくれるとの知らせがきました。梱包が面倒ではありましたが、送ったら送料も先方持ちで点検してくれて、「問題なし」ということで即送り返してきました。アメリカ製品てアバウトでアフターサービスが悪い、という勝手な思い込みがあったのですが、「ルンバ」で認識を改めました。

クリックすると元のサイズで表示します

 精密なロボット作りは日本の得意分野ですから、こういう製品こそ日本で先に作ったらよかったんですけどね。これから超高齢社会に突入するのだから、日本のロボット業界も若者にアピールする遊び志向の製品だけでなく、便利な生活用品や介護用品など、高齢者が一人で快適に生きていけるための製品をどんどん開発してほしいですね。

2011/8/27 | 投稿者: 木下

 昨晩、新幹線「のぞみ」で東京に戻る途中豪雨に見舞われ、静岡駅に停車しました。新富士あたりで一時間70ミリの大雨に襲われたようです。静岡のあたりはよく豪雨でストップしますよね。昨晩は相当長く止まっていたので、下手すると車中泊かなと覚悟しましたが、結局停止してから1時間45分後に動きだし、午後11時過ぎに無事東京に到着しました。空腹だったり先を急ぐ旅だったら相当いらいらしたでしょうが、帰宅するだけだったし、昨日はちょっと腰痛があってグリーン車を取っていたので幸いしました。のぞみなら普通車両でも十分ではありますが、グリーン車だと長時間座ったときの腰の負担が軽くて全然楽です。
 
 それから普段は夕方以降駅弁は買わず(夕食に冷たいお弁当は哀しい…)東京駅に戻ってから暖かい夕食を取るのですが、昨日は虫の知らせか早いうちに駅弁を確保、本も週刊誌でなく「ロレンス短編集」を携行していてこれが面白く、満腹状態で読書に熱中していたので全然遅延が気になりませんでした。最近新幹線に長時間乗るのには慣れていて、スリッパも膝掛けも長袖の薄手カーディガンもちゃんと携行しているので、あのまま車中泊になってもOKだったのですが、やはり中央線の終電前に東京駅についてほっとしました。

 地元駅についたら雨はもうやんでいて、涼しい風がそよそよ吹くなか帰宅しました。さて8月も残り少ないですが、仕上げなければならない曲と原稿がたくさんあるので、しばらくは外出禁止です。

2011/6/30 | 投稿者: 木下

 まだ梅雨なのに暑いですね。昨日は気温は高かったものの湿度が低く風も吹いていたので、大量に洗濯をして冷房を入れずに気持ちよく汗をかきましたが、今日は湿度が高いのか少々ぐったりでエアコンのドライを入れてしまいました。

 夕方からはゴロゴロと雷が鳴りだしたのでデータを保存してMacをoff、家の中に増殖し続けている本やCDの整理をはじめました。思い切って捨てる本、古本屋さんに売る本、残す本と選別しているのですが、蔵書の過半数を占める詩集は一旦手放すと二度とお目にかかれないのでなかなか処分する決断がつきがつきません。

 結局今日は大した整理もできませんでしたが、押し入れに積み重なった本の山の中から一万円札が複数入った封筒を発見!うっかり本に挟んだままになっていたようです。やはり整理はしてみるものです。


 話は変わりますが、久しぶりに実家に行ったら庭先に先客が来ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 なかなかふてぶてしい面構えの野良猫です。このところ実家の庭に出没するそうで、一度頭をなでようとしたら噛まれたと言いつつ、母はうれしそうに餌をやっています。相当猫になめられているようです。

2011/6/21 | 投稿者: 木下

 このところ、ネットでの個人情報流出事件が多いので、某音楽ソフトを購入する際、珍しくコンビニ決済にしました。どこのコンビニで決済するか丸をつける欄の一番上にセブンイレブンと書いてあったので何気なくそこに丸をつけました。うちの周辺に3件もあるからちょうどいいと思って。

 お金を払い込むためにいつもの店に出向いたところ、何とそこはファミリーマート。が〜ん。引っ越しして8年間ずっとセブンイレブンと思って通っていたのに。ショックを受けつつ2件目に向かいました。今度こそと思ったらやはりファミリーマート!仕方なく三件目に行くとそこはローソンでした。3件のセブンイレブンのはずが、正解は2件がファミリーマート、1件がローソンでした。子供の頃「あなたは注意力がない」と母親からよくしかられましたが、相当な大人になってもその点全く改善されていないようです。

 仕方ないので駅前の交番で「セブンイレブン」の場所を聞いて、線路沿いの暗い道をしばらく行った、やや危なめのゾーンに一件見つけて無事払い込みました。わが町はセブンイレブン系ではないようです。次からネットの支払いはクレジットカード決済に戻そうと思います。

2011/6/11 | 投稿者: 木下

 このところ、来年夏初演予定の音楽劇のためのテキスト探しで、図書館や大型・専門書店を巡り歩いています。本を探すのは楽しいのだけれど、異常に体力を消耗してぐったりしてしまうのは私だけでしょうか。

 ひとりの歌い手(兼 語り手)と室内楽のための作品なので、台詞のある戯曲より短編小説をそのままナレーションしていく形のほうがいいと判断したのですが、短くて内容の深い短編小説…ありそうでなかなかありません。言葉は音楽に乗せると驚くほど少ししか情報を伝達できないので、テキストはあくまで短く、シンプルでありながら伝えるべき深い主題を持っていること、行間に音楽が自由に呼吸できる余白を持っている事、が不可欠です。

 初演まではまだ時間があるのですが、同時並行で歌曲集や久々のサックス&ピアノ作品などいろいろな編成の作品を書かなくてはならないので、そろそろテキスト決定しておかなくてはなりません。候補はすでに何冊かあるのですが、もっと創作欲を刺激してくれる短編があるはず…。ということで9日は初めて上野の国際こども図書館に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 短編小説と同じく音楽劇に適していそうなのが絵本のテキスト。必要最小限の言葉と面白いストーリーというのは絵本ならではです。(随分前に)通い慣れた東京芸大への道を少し入った所にこんな素敵な建物があったんですね。明治時代の建物の重厚な外観をそのまま維持しながら中は新しく廊下はガラス張りで、それが不思議なバランスで解け合ってシュールな雰囲気を醸し出していました。

クリックすると元のサイズで表示します

 2階は児童図書を研究する大人向きですが、一階にはこどもが自由に絵本や児童小説を読む部屋(そこでの大人の読み聞かせもOK)があるのですが、そもそも、あの重厚な建物にこどもが足を踏み入れる気持ちになるかどうかは疑問。もっとポップでカラフルでもよかったのかもしれませんが、絵本探しに来たくたびれた大人にとっては実に雰囲気のよい建物でした。

クリックすると元のサイズで表示します

 上はガラス張りの廊下から眺めた中庭。この中庭がまた気持ちいいんですよね。小鳥の鳴き声をBGMにコーヒーフロートを飲みつつぼんやりくつろいでしまいました。中庭ではお弁当などの持ち込みもOKのようです。上野公園の喧噪がうそのように静かな空間が広がっていました。もっとも寛ぎすぎて肝心の本探しはあまり成果が得られませんでした。

2011/5/23 | 投稿者: 木下

 今更ですが、iPhone購入しました。黒電話(古い!)以来何となく固定も携帯もNTTのままできましたが(広告もソフトバンクよりdocomoのほうが好き)…、今回新エネルギー研究や太陽光発電所建設に勇敢に乗り出した孫正義さんへの支持を形にしたくてソフトバンクに切り替えました。まあMac人間なので前からiPhoneに興味はあったのですが。
 孫さんはもちろん企業家ですから今がチャンスと思って利潤のために動いているのは事実でしょうが、原発事故後、自由報道協会主催の孫さんの記者会見をYouTubeで見た限り、子孫のため危険な原発から別エネルギーに転換しなくてはならないという人間としての純粋な熱い思いが確かに感じられました。それに今改革を行えるのは、原発の既得権益を持たない新しい世界の人でなくてはならないでしょう。

 もちろん原子力を推進した人々も最初は原子力に無限の可能性を感じて純粋に原発を推進していったのでしょうが、最初から使用済み核燃料の処分の仕方もわからないまま見切り発車した段階で、危険が高すぎたといえるのではないでしょうか。

 ともかく今ある原発の安全性を可能な限り高めることが最優先でしょうが、今後原発を受け入れる地域があるとは思えませんし、今ある原発は敷地内にすでに何基も並んで建っていて大変危ないので、30年経ったものから順番に廃炉にしてその分を自然エネルギーに切り替えていくというのが最も実現可能のシナリオなのかもしれません。

 日本は太陽エネルギーも地熱発電もすでに技術力はあると聞きます。自然エネルギーの技術が進めば、日本の新しい基幹産業になるかもしれませんし。孫さんにはがんばっていただきたいものです。

 ということでささやかな意思表明に「iPhone」購入。

クリックすると元のサイズで表示します

 今まで待った甲斐あってものすごく進化してますね。音声も画像も本当にクリアで美しいです。Macってどうしてノートブック型がいつまでも重いのかと不満に思っていましたが、最終的にこういう形にするつもりだったから、ノートブック型をあまり改良しなかったんですね〜。
 とにかくサイズが小さいのにネットも検索しやすく文字も読みやすく、一番意外だったのは、小さいキーボードなりに日本語ローマ字入力(携帯主流のテンキー入力は親指が腱鞘炎になるからイヤ)で、かなり速く文字を入力することができることでした。入力の直前に一瞬文字が大きくなるので打ち間違いも少なくてよいです。これなら電話、ネット検索、メール、簡単な原稿書きもできて、カメラはもちろんiPod機能も入っていますから、今から購入する人は本当にこれ一台でOK。携帯を別に持っている人はiPadですかね。

 有料アプリも厳選して徐々に入れていこうと思います。

2011/5/17 | 投稿者: 木下

 前回から随分間が空いてしまいました。一週間ほど東京を留守にしていたもので…。今回は空き時間が長くMacも持っていかなかったので時間をもて余してしまい、駅ビルの本屋で平積みされていた中から、今年の本屋大賞受賞作品、このミステリーがすごい大賞作品、の2冊の「大賞」受賞作を購入して読んでみました。どちらの大賞作品も今まで手にとったことがなかったので。

 このミステリーがすごい大賞作品「完全なる首長竜の日」(乾 緑郎・いぬい ろくろう著)は面白く読みました。書評に「インセプションを超える面白さ」とあり、たしかに人間の脳にSCインターフェースを通じて介入するという発想は似ているものの、本質的に種類の異なる小説のように思えました。私には、銃撃戦ばかりやっていた映画よりこちらの小説のほうが楽しめました。現実と仮想現実と過去の記憶が交錯する構成が上手く、また何度も出てくる南の島のけだるい情景描写が巧みで目に浮かんでくるようでした。いわゆるミステリー(謎解き推理小説という意味の)とかSFではなく、文章力で読ませる幻想文学系ですね。独特の迷路感覚を味わうことができました。

 一方本屋大賞作品のほうは…、すみません、最初の2ページでギブアップしました。応募型の新人賞ならともかく、この大賞の方針は「過去一年に刊行された日本の小説の中から、書店員自身が読んで面白かった、お客様にも薦めたい、自分の店で売りたいと思った本を選び投票します。」とあります。過去一年に発表された夥しい数の日本の小説のなかで一番面白かったのが…本当にこれ?

2011/4/10 | 投稿者: 木下

 〆切はいつもどおり迫ってくるのに、全然作曲する気になれません。原発事故がこれ以上悪化しないか、窒素注入はうまくいっているのか、汚水の汲取は大丈夫なのか、すべてが心配で。まあ心配したところではじまらないので、花見でも陽気にやっているほうがいいのかもしれませんが。

 実はさっき、原発事故についてずっと抱いていた考えを文章にしてアップしてみたのですが、読み直してみたら、社会批判を書き慣れていないせいかストレートになりすぎ、他の記事とバランスがとれないので削除しました。でも読まれたかたはそのまま覚えていて下さって結構です。

 判断ミス続きで日本の信用を失墜させた政府と東電幹部には腹が立つし、大スポンサーの東電に気を使って何も批判をしないマスコミにも失望しましたが、原発は危ないと知りつつ反対行動ひとつおこさなかった自分にも責任はあるんですよね。原発の危険を訴えている人が大勢いたのに、本もたくさん出版されていたのに目をつぶって知らないふりをした自分を考えると、誰を責める資格もないのかもしれません。
 
 せめて今回くらいはちゃんと発言していかなくてはいけない気がします。手遅れでないといいんですが。

2011/4/7 | 投稿者: 木下

 このところ気が重いことばかりなので、たまには友人と食事して楽しい時を過ごそうと4日は神楽坂まで出かけてきました。友人お勧めの店「ブラッセリー・グー」というビストロです。テーブルクロスは赤白のチェックという可愛らしいインテリアの気取りのないお店ですが、どの料理もおいしく料金もリーズナブル。人気があるためランチは時間制限があり11:30からと13:00からの入れ替え制ですが,友人はあとの回を取ってくれたので、追い立てられずにゆったり食事できました。こういう時でも満員でみんな幸せそうに食事していて何だかほっとしました。ここはお勧めです!

クリックすると元のサイズで表示します
▲ブラッセリー・グー

 きのうはネットにドイツとノルウェーの気象協会の発表した日本の放射能物質分布予想が出てました。5〜6日にかけて福島原発から出た汚染大気が一旦太平洋上に広がって南下し、それが風にのって7日は九州から北海道までくまなく縦断して北上していったようです。こういう大気分布図を見ると、近畿に逃げてもあまり意味なさそうです。こんな日はできれば一日外出したくなかったのですが、大事な用事があったので大きなマスクをかけて市ヶ谷に出かけてきました。相当気力を使う仕事でしたが無事終了して大通りに出ると夜桜がとてもきれいでした。桜の後ろに見えているのは靖国神社の塀です。こんな緊迫したときでも桜は変わらず美しい。

クリックすると元のサイズで表示します
▲靖国通りの夜桜

 ところで、ドイツやノルウェーからは放射能情報が入るというのに、肝心の日本の放送局の天気予報は「今日はぽかぽかした良い天気でお花見日和です」などと能天気なことを言っていました。おいおい、気象庁大丈夫ですか。せめて風向きくらい毎日知らせてくださいよ。

2011/3/14 | 投稿者: 木下

 津波に巻き込まれた人のことを思ったら、停電くらい何でもありません。もちろん我慢しますが、こんなに急に説明不足のままわかりにくい時間制停電を実施して、病院とか職場とか工場とか交通機関とか対応できるんでしょうか。自由自営業の私でもMacを午後3時間使えないのは相当ダメージあるんですが、会社とかどうするんでしょう。住所によっては一日6時間停電のところもあるわけで、日本じゅう大混乱になるのではないか心配です。

 それに、これだけのことを実施するのに東京電力のホームページをみないと詳細がわからないというのは不親切すぎるのでは。


2011/3/11 | 投稿者: 木下

 地震、こわかったですね。大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団が13日に名古屋で「たいようオルガン」を再演してくださるので、きのう大阪に練習立ち会いに行っていたのですが、今日新幹線で東京に戻って中央線に乗り換えて新宿に着いたとき地震に遭遇しました。車体がぐわんぐわん揺れてびっくりしましたが、一応そこでは無事でした。

 問題はそのあとで、幾ら待っても運転再開しないので、仕方なく15時くらいに諦めて外に出て小田急ハルクでDVDなどを物色して一時間ほど時間をつぶし、さすがに運転再開しているかと駅に戻ってみたら、新宿駅の人ごみはさらに膨らみ駅は閉鎖されて電車は動く気配なし。すでに道路の大渋滞も始まっていて、バス停は長蛇の列という嫌な展開…。
 仕方ないので青梅街道を歩くことにしました。一泊とはいえ、いつものショルダーバッグに加えてボストンバッグまで持っていて相当重かったのですが、歩くしか家に帰る方法を思いつきませんでした。最初は元気に歩いていたものの、中野をすぎるあたりからだんだん疲れてきて、高円寺につくころには足がだるくなって、心の中で「右、左、右、左」とひたすら唱えつつ機械的に足を動かして歩きました。身内に連絡を取ろうにも携帯は全くつながらないし、公衆電話はなかなかないし。

 やっとの思いで新高円寺着。そこから五日市街道に入って善福寺川までくる頃にはもう足が前に出なくなりつつありましたが、大きいコンビニでトイレを借りてホットコーヒーとスナックを購入、ありがたいことに軽食コーナ−があったので、そこで棒になった足をひととき休ませコーヒーを飲んで暖まり、ウォーキング再開。その後成田、高井戸、宮前あたりの3キロくらいが一番辛かったですね。もはやこわれたロボットのように無表情にぎくしゃく歩き続けましたが、松庵直前でとうとうギブアップ。吉祥寺まであと3キロ弱に迫っていましたが、もう一歩も歩けませんでした。

 バスの臨時便が出ているという話を小耳にはさみ、歩き止めて寒い中バスを待つことにしましたが、なかなか来ず…。やっときたら超満員状態で「このバスは通過します。お待ちの皆さんは歩いてください」という非情なアナウンスと共に去ってしまいました。再び待つこと20分、またしても超満員バスが通過し、三台目でようやく無理矢理乗り込むことができました。乗ってからも満員のままのろのろ運転でしたが、車内は暖かく、疲れきった足も休めることができて本当にありがたかったです。そんなことで地震にあってから5時間半後にようやくマンションにたどり着きました。ヤレヤレと思ったらエレベータが止まっていて、六階まで泣く泣く階段をのぼりました。実に長い一日でした。

 しかし家に帰ってみたら、宮城、岩手あたりは想像を絶する惨事になっていて驚きました。長く歩いたくらいで済んだことを感謝したのでした。しかも地図を見たらあれだけ大変と思った距離はたったの9キロでした。ときどき10キロウォーキングくらいはして足腰を鍛えておかねば。

 東北地方や太平洋沿岸地域の皆さんのご無事を心からお祈りします。

2011/3/3 | 投稿者: 木下

 うちのFAX付き電話は数年前からFAX機能が壊れているうえ、留守番電話機能も壊れてしまっています。FAXの時代はもう終わったと思いそのままにしているのですが、留守番電話まで壊れたままなのはまずかったかもしれません。きのうも、原稿依頼が来ていたのをずっと知らず、急に催促を頂いて慌てました。もしかしたら重要な委嘱が来ていたのに気づかなかったことはもっとあったかもしれません。最近重要な用件は全部メールでやりとりするうえ携帯電話もあるので、FAX付電話はもういらないと思っていたのですが、新しい機種買ったほうがいいかな…。

 さて今日は「ひなまつり」。昨年はミニニュアのおひな様をアップしましたが、今年は桃の花をアップ。 
クリックすると元のサイズで表示します
 
 数日前に友人からいただいたものです。東京では梅と桜がポピュラーですが、桃の花って色が鮮やかで華やかですね。ひなまつりにぴったりです。

クリックすると元のサイズで表示します
花びらにズーム。

 ひなまつりで中断しましたが、白山視察旅行と引き続き訪れた山代温泉のリポートはまだまだ続きます。

2011/2/15 | 投稿者: 木下

 福岡から帰ってあっという間に一週間経ってしまいました。3〜4月に出る新刊2冊の準備やら、友人が私の歌曲作品のみのプログラムで開いてくれるコンサートの案内状をに大量投函する準備やら、確定申告の準備やら(税理士さんにやっていただくんですが、そのための書類集めだけでも面倒)、日々とても忙しいわりに、よく考えると肝心の作曲をあまりしていません。

 夕方用事で出掛けた時やけに寒いなと思ったのですが、さっきふと外を見たら雪がこんもり積もっていました。どうやら今は雨に変わってきたようですが、一応雪がつもった記念に写真をアップ。

クリックすると元のサイズで表示します

 公園側の部屋の小窓からのショットです。こんな写真をお見せすると、ものすごく山奥に住んでいるように勘違いされるかもしれませんが、実は駅徒歩5分です。