2007/8/30 | 投稿者: KINOSHITA

 浦富の遊覧船では今ひとついい写真が撮れなかったので、再度観光タクシーに乗って今度は山から海岸を見下ろしてみました。やはり景色は上から眺めた方がいいですね。車でずっと兵庫県境までいきましたが、どこから見ても海岸が美しい!日本海の荒波で岩場が変化に富んでいるし、時々美しい砂浜も点在していつまで見ていても見飽きない雄大な景色でした。

 8月末のせいもあって海水浴客はほとんどいませんでしたが、たぶん7月でも湘南のようなイモ洗い状態には決してならないのでは。きちんと海水浴場の設備が整っていないところは基本的に遊泳禁止で、それでも泳ぎたい人はすべて自己責任で、と遊覧船で何度も言ってましたが、こんな美しい海で誰にも邪魔されず泳げるなら・・。まあ自然は恐ろしいので一つ間違うと命を落とすことになりますから、旅行者は船や車から景色を眺めるだけがいいのかもしれません。

 作曲家というとずっと家で作曲しているだけのようですが、実はコンクール審査や講習会の講師、初演の立ち会いなどで、かなりいろいろな場所に出掛けています。行ったことがないのは本州ではたぶん青森と和歌山だけではないかな。そんな中でも鳥取の海は際立って美しいと思いますね。次は冬の鳥取で、雪の海を見つつカニを食べて温泉につかってみたいものです。
仕事で行ったのに、海に癒されて夏の疲れがとれた旅でした。

波打ち際に一列に並んで休んでいたカモメたち。

クリックすると元のサイズで表示します

車で少し登って眺めた海。水が澄んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに高いところから。海と空が解け合ってます。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/8/27 | 投稿者: KINOSHITA

 今日は朝9時の飛行機で帰ってくる予定でしたが、せっかく鳥取まで来たのに何も見ないで帰るのではあまりに勿体ないので、飛行機を午後1時40分発の便に遅らせて、午前中は観光タクシーで鳥取砂丘と浦富海岸を回ってたくさんデジカメを撮ってきました。たしか十年くらい前にも一度鳥取に行ったことがあるのですが、その時の記憶は「美しい海岸と小さい砂丘」というものでした。砂丘は予想よりずっと小さくて靴に砂は入るし歩きにくいし景色も大したことないし、正直言ってあまりいい印象ではありませんでした。

 だから今回砂丘はもう結構と思っていたのですが、観光タクシーのルートに入っていて渋々再訪したところびっくり。確かに規模は大きくないけれど、一面の砂丘のむこうに真っ青な日本海が広がっていて素晴らしい景色でした。10年前と全然印象が違うってどういうことでしょう。もっとも今日は暑かったので、砂丘をずっと歩いて丘を登ってから海岸まで降りたりはしませんでしたが、デジカメはちゃんと撮ってきました。写真を一二枚、と思ったのですがあまり美しいのでいいアングルを求めてあちこち歩きまわったら、結局靴の中は砂だらけ、ずいぶん日焼けもしてしまいました。でも「砂丘」の評価は今回大幅アップ!
写真がその鳥取砂丘です。ごま塩のようなのが人間で、あとは白い砂に青い海。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/6/19 | 投稿者: KINOSHITA

 滋賀での合唱祭が終了したのは日曜の午後8時半、連盟が大事をとって2泊ホテルをとって下さったので私は余裕ありましたが、一緒に審査をしたK先生は翌朝横浜で仕事があるとかでそのまま新幹線の最終便を目指して走り去りました。なんだ間に合うなら私も帰れば良かった・・とも思いましたが、いやいやせっかくの機会だからどこか一カ所でも滋賀を見て帰ろう、とホテルに戻って深夜までネット検索。なにやってんだか。

 さしあたって彦根城を見ることにしたのですが、翌朝ホテルを出たら雨の上に風が強くて彦根案は即却下。京都へ戻る途中の大津で降り琵琶湖を見てから帰ることにしました。大津駅前の大通りを、まわりをきょろきょろ見渡しながら1.5kmくらい歩いて琵琶湖に出ました。通りを歩いただけで大津が歴史のある風格のある町であることが何となくわかりました。琵琶湖のほとりに出ても小雨と風で誰もおらず、湖を眺めて1〜2kmぶらぶら歩いたらやることなくなってしまいました。すずめやセキレイが元気に土をほじくりかえす傍らにぼんやり濡れそぼる私。

クリックすると元のサイズで表示します

 琵琶湖を見渡せるレジャーランド3階のイタリアンでランチを撮り、遠ざかる遊覧船の写真をとってから、今度は「大津絵」を見るために滋賀県歴史博物館へ。雨のなか到着したら月曜で休館・・ふたたび雨の中立ちつくす私。コンクールや講習会はだいたい日曜のことが多いので、翌日何か見ようと思っても博物館・美術館関係は日本全国ほとんど休館なんですよね。わかっているのにまたやってしまいました。
 でもラッキーなことに歴史博物館のとなりに大津絵美術館があって、そちらに即スライド。古いお寺(圓満院問跡寺院)の中にあるこじんまりした美術館で歴史のある大津絵や鳥羽絵を鑑賞しました。私、歴史美術は大好きで民芸品も好きなので、「大津絵」の実物を見ることができたのは実に有意義でした。
 さらにラッキーなことに大津絵美術館のとなりになにやら霊気漂う門が。これはただものではない、と思って案内板を見たら有名な(総本山圓城寺)三井寺(みいでら)でした。もう門(仁王門)からして歴史の重みと格調の高さが漂ってきます。規模の大きいお寺できちんと全部見て回ったか自信ありませんが、山全体の持つ風格と霊気、ひとつひとつの建造物や庭の作りの美術的な素晴らしさ、山と建造物の調和の見事さ、どれもとっても素晴らしく、思わずカメラマン気分でシャッター切りまくってしまいました。秋の紅葉のシーズンにきたらさぞ美しいでしょうが、私は日本の景色は梅雨時期がもっとも美しいと思っているので、大満足でした。木々の緑の美しさに加えて、実にいい感じで苔が生えているので、雨で苔がビロードのようにつやをもった素晴らしい景色を満喫しました。大津へ行ったら皆さんもぜひ一度お立ち寄りください。
 でもあまり敷地が広いので帰りは迷子になりつつ京阪「三井寺前」にたどり着き、「西大津」からJRに乗り換えて京都に戻り、のぞみで東京に帰りました。可愛く重いMacを抱えて一体何キロ歩いたんだろう。

三井寺の仁王門

クリックすると元のサイズで表示します

同じく三重塔

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/6/18 | 投稿者: KINOSHITA

 きょう(正確にはきのう)は滋賀県の栗東芸術文化会館でおこなわれた滋賀県合唱祭の選考委員を務めてきました。
 ある種の緊張感はありながらもコンクールより和やかで、それぞれの団が余裕を持って好きな曲を演奏するので、選考というよりは演奏会として楽しんで聴かせていただきました。私の曲も何団体もが演奏してくださって嬉しかったですね。帰りがけに声をかけてくださったり、おみやげをくださったり、皆さんいろいろありがとうございました。

 京都、大阪、神戸はしょっちゅう出掛ける機会があるのですが、京都からすぐの滋賀にはどういうわけか今まで伺うチャンスがありませんでした。滋賀県といえば今年は彦根城築城400年で大いに盛り上がっているようです。お城といっても普通は城跡だけとか復元の場合が多いですが、彦根城は本物。歴史が違います。「ひこにゃん」という可愛いマスコットもあって(私もネットで知っていましたが)、人気で入手困難というピンバッジを連盟の方からお土産にいただきました。写真ご覧下さい。かわいいでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキングへ

2007/5/17 | 投稿者: KINOSHITA

 箱根に一泊して今帰ってきました。露天風呂に入ってばかりの何にもしない休日でしたが、本当に気持ちよくて疲れもとれ最高にリフレッシュできました。
 私はホテルを選ぶときいつも「一休com」というサイトで選びます。ここを探せば、普通だったら手の届かない高級ホテルでもびっくりするほどお得な宿泊プランがあるのですが、今回は今流行の専用露天風呂付き客室を選びました。本来ならもの凄い料金を取られるのですが、例によって一休comで少々高めという程度のお得なプランを選んだら、これが大正解!

クリックすると元のサイズで表示します

 仙石原のホテルグリーンプラザ箱根というところで、格式張った豪華ホテルではありませんが、リラックスできるセンスのいいホテルで、何といっても部屋付きの露天風呂がよかったです。ふつう部屋付きの露天風呂は温泉ではないことが多いのですが、ここはちゃんと源泉かけ流しで、石造りの正方形のお風呂は広々(もちろん部屋付きにしてはですけど)、まわりは緑に囲まれてのびのびできるし、うぐいすやいろいろな小鳥のさえずりが聞こえて本当にリラックスできました。

クリックすると元のサイズで表示します

 目の前の草むらにはキジが二羽の雌を引き連れのんびり散歩していました。お風呂に入っていると時々キジと目が合うのですが、先方は全然気にならないようでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

 イオウの匂いがする白濁した温泉で、夜空を見ながらお湯に浸かっていると何だか哲学的な気分になりました。今後の作曲スケジュールを綿密に立てるつもりでしたが、あまり気持ちよくて哲学するだけで終わってしまいました。
 一泊二日の滞在中ホテルの従業員の方たちはみんな感じよく、帰り切符を紛失しそうになったときも箱根湯本の駅員さんが本当に親切な対応をして下さって最後まで心の温まる小旅行でした。リタイアしたら箱根に住もうかな。

人気blogランキングへ