2009/12/16 | 投稿者: 木下牧子

 新曲を出版まで待てない演奏者に、楽譜データをプリントアウトして送る、という約束をたくさんしていたのですが、マイクロラインが天命を全うした後、次に何を購入するかで悩みまくっていたので新機を購入できず、誰にも楽譜をお送りできないでいます。お約束した皆様ごめんなさい。やっと昨日注文したので新機が来るのは25日、楽譜お送りできるのは年内ぎりぎりとなります。もう少々お待ちください。
 
 うちではプリンタは20年くらいずっとOKIのマイクロラインです。何と言っても出力がきれいで丈夫で速くて静か。もう一台、年賀状・案内状の大量出力とカラープリント用にキャノンの複合機もフル回転してますが、楽譜出力専門として、高性能A3モノクロ・ポストスクリプト・プリンタは不可欠です。

 さすがにここ7年間でもっと安く性能のアップした機種がいろいろ出たに違いないと浮気心が起き、何件もの販売店で各社の新製品の実物を見、説明を受けました。しかし…う〜ん…。結局今まで使っていた機種が一番いいようです。最初は同じマイクロラインのTrue1200最高機種に乗り換えようかとも思いましたが、マイクロラインはここ10年近く大きく変わっていないので、もう少し待てばリーズナブルなTrue1200機種も出るに違いないと判断、今回のところは使い慣れた2030Nを再び購入しました。こんなことなら壊れた時すぐ注文しておけばよかった。

 モノクロ・ポストスクリプト・プリンタって需要が限られるせいか新機種が思ったほど出ていないんですよね。しかも、カタログで見るとよさそうでも、実際店頭で見ると本体がヤワで壊れやすそうだったり、一見高性能で安くても、購入時にインクがほとんど入ってなくて、高いインクカートリッジを頻繁に変えなくてはならない場合も多く、トータルすると思いの外高くつくことも多いのです。

 カタログをよ〜く読むと全情報が細かい字でちゃんと書いてあるのですが、その読み取り方はなかなか難しく、それをきちんと説明出来る販売員もなかなかいません。今回アキバ・ヨドバシカメラではよくわかる説明をしていただけて今までの疑問が解決しました!




AutoPage最新お知らせ