2009/9/5

介護保険住宅改修工事  

Hさん邸介護保険住宅改修工事です。

介護保険の要介護認定で、要支援・要介護1〜5と認定された人が対象になり、

住宅改修の種類として、厚生労働省が定める居宅介護住宅改修費等の

支給に係る住宅改修の工事種別は、次のとおりとなっています。
 
・手すりの取付
・段差の解消
・滑りの防止等に関わる床材変更
・引き戸等への扉の取替え
・洋式便器等への便器の取替え
・その他付帯工事

介護保険を利用した時の住宅改修費の支給限度基準額は20万円までです。

つまり改修に要した費用20万円までについて住宅改修費の支給申請を

することができ、そのうち9割(18万円)が保険で支給され、

自己負担は2万円となります。また、20万円を超えた場合は、

その部分は全額自己負担となります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Hさんの場合は、母屋からお風呂に行くまでの通路、脱衣室、

そしてお風呂に手摺を取付けました(*^_^*)


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ