2012/7/31 | 投稿者: huamiee

そして次の日、すこしの期待と一抹の不安を胸に3軒目の市場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

古いとは聞いていたが、かなり古い。すごく古い。
アクセサリーは確かにありました。ただ自分が普段訪れる問屋の
規模があまりにも大きいため、ここは地方の雑居小商品市場で
しかなく、たくさん仕入れするには難しいものがありました。
しかしこの地方にしかないヘア製品があったり、きっと
年代モノだなと思われる私的にはドキドキするアイテムが
こっそり眠っていたりしたのでそれはそれでよかったです。

とりあえず、手ぶらでは帰れないのでカート1つ分の
アクセサリーを購入。(普段の買い付けはカート5個分)
せっかく来たからと妥協して品数増やすのも嫌だったので、
年内あらためていつもの市場に出直すことを決意。
そして、この市場ではとってもかわいいひよこさんのストラップ
に一目惚れ即買いして(大量買いしたかったけど2こしかなかった)
買い付け終了。

このひよこさんが後ほど一騒動やらかしてくれます。
それはまた今度。



さてホテルへ戻り、市内の街へお散歩へ。


毎回ご好評の中国のステキなお店紹介コーナー

クリックすると元のサイズで表示します
「元祖食品」。カステラのGI●SOではありません。
GANSOです。元祖なんです!!
抹茶のお菓子が今のイチオシ商品のようですね。






そして・・・次ぎにご紹介するのは・・・。




・・・・・。




大阪出身の方、びっくりする準備はよろしいでしょうか。






・・・・・。




いいですね?

いきますよ。



ざん。

クリックすると元のサイズで表示します



えΣ(|||▽||| )




・・・・・・・・。





西村オジサンて  誰





あまりの驚きに二度見


クリックすると元のサイズで表示します




ぬぬぬぬ







こ、これは明らかあのおじさんの店・・・





西村おじさんってだれ










クリックすると元のサイズで表示します




いやいやいやいやーーーーりくろーおじさんやろーー!!




いくらなんでもさすがにまんますぎやしませんか。
往年のねずみーとかドウえもんのレベルではない。




そうだ!!

きっと、りくろーおじさんの苗字が西村さんなんだ。
うんうん。そーに違いない。



一応本家をぐぐってみると、



・・・・なんとビンゴでした。


りくろーおじさん、西村りくろーさんってゆーんだ。
ほえーーー。知らなかったなー。中国進出。

他の方のブログでは、中国の方が本家で修行されて、
のれんわけしていただいたっぽい感じ。なるほど。


いやー、びっくりしました。


りくろーおじさんのチーズケーキ、大好きなので久々に
食べたかったけどさすがにホールは無理なのであきらめました。




さて、次は夜の日本人街へ。大人の夜のスポットを看板のみで
楽しみます。

3へつづく
0

2012/7/24 | 投稿者: huamiee

フワミーの実店舗をはじめてから7年間、ずっと苦楽をともにしてきたPCがついに一昨日、お役目を引退いたしました。
半年前にバイク走行中、かばんフックから落ちてPCケースごと路肩に放り出されて以来、画面がミントグリーンになったり(壁紙にしている鈴木くんの顔色が悲惨なことに)、使用中急にまっくらに落ちたりするたびにバシバシ叩いて元に戻し、だましだまし使っていたのですが、買い付けから戻った矢先、スタートボタンがある左端に怪しいまっくろくろすけが存在。中央付近にも煙のようなモワモワしたものが現れ、そうこうしてるうちにちょうど蛍光灯が寿命のときのように画面がピリピリしだしました。ものすごく容量が狭小にもかかわらずガシガシにデータをいれて、毎日休みなく11時間稼動していたので、そりゃクタバルってもんです。
「これは相当やばい」と思い、データをすべて外付けに移動。その午後、お取引させていただいているショップに納品書を書いている画面の途中でお一人接客をして、戻ってきたときには、もう、真っ暗になっていました。普段なら、またバシバシたたいて再起動してみるのですが、そのときはなにかPCからの想いのようなものを察して、「ああ、逝ったのだな…」と感じました。

中国東北の町、長春で長距離バスの荷台ネットに置き忘れ、あわててタクシーで追いかけて奪還したのはいいものの、そのタクシーのおっちゃんに「追いかけ加速代」をぼったくられたということもありました。
LANケーブルの差込口が歪んでしまい、とあるパソコン屋で修理代8万円の見積をだされて、なおさないとネットつながらないしどーしよーと途方にくれていたら、バッファローの外付け差込口を売り場で発見(そうゆうものが存在すると知らなかった)、千円台で復活したという思い出もありました。

おにぎりや缶コーヒーがほんのりあたたまるほど熱を発するので(東芝でしかも途中からファンが回らなくなっていた)重宝しました。

このPCでたくさんのアクセサリーの画像処理をしてきました。
このPCを通じていろんな人とお知り合いになれました。
いろんなことを見聞きでき、視野を広げさせてくれました。
大げさだけど、自分の身体の一部みたいな感覚でした。
このパソコンがとても大好きでした。
ありがとう、ゆっくりおやすみなさい。
0

2012/7/21 | 投稿者: huamiee

買い付けより戻ってまいりました。
今回はいつものオール市場巡りと違い、半分は現地の会社と工場訪問で
残りの半分は買い付けと日程を組んでいたのですが、3棟まわる予定の
市場の2棟がなんというか…建物だけで中味なしというか…。
1棟目はアクセサリーでも完全にパーツ売りの商店街で、それは下調べで
ある程度わかってたことなのですが、多少それ以外にも完成品の店も
あるだろうと見込んでいましたが、想定の範囲内(なつい)を越える
壮大な空き店舗の廃墟フロアが広がっていて、ああ、どうすれば…
といった状況に陥ってしましました。
そしてタクシーで2棟目に移動。すこしの期待を胸にしていましたが、
通訳の朴さん情報では「今はほとんどお洋服屋さんですよ」とのこと。
結果、本当にアクセサリー屋は片手で数えられるほど。
すこし大きな店構えでガラス越しに途方もなく雑然としたアクセ屋を発見、はいるとおじいちゃんが値段もわからずお店番。
オーナーに電話をしてもらって、この小宇宙の在庫の山からある意味、真の掘り出し物をチョイスすることに。
飾り棚のガラスケースの中はまるでコインつかみ取りの水槽状態。アクセサリーの地層ができている。
そんな中から、「おっ、これは素晴らしく当たりのアイテムなんじゃないのぉ!!」とお宝を見つけテンションも上々になってきたところに、この店のおばちゃんオーナーがやってきた。
朴さんとオーナーはガーーーーーッッっとしゃべる。
時間もないので、入れてもらった珈琲を手にまだまだ探す。
ホコリで手が汚れてきた。(ちゃんと袋にはいっています)
で、蒐集の収集がつかないのでお会計に。
おばちゃんが「朴さんの顔でさらにまけてあげるよ」とのこと。
「??」と思いながら店をでると、朴さんが、
「実は知り合いだったんです」と。
「子供を幼稚園に送るときにいつも通り道で会うおばさんで、子供のことかわいいかわいいっていってくれる人なんです。普通のおばさんだと思ってたんですが、まさかこんなビル(すごくデカい。デカさだけはすごい)にあるアクセサリーショップのオーナーとは。こんなところで仕事で会うなんてびっくりでした」
と。「ほえーそんなこともあるんだねー。偶然ってあるんだねー。」
と話しながら2棟目終了。
この時点で、普段の買い付けの1時間分も商品ゲットできていません。
どーすんの。明日の市場にかけるしかない!!

2へつづく
0

2012/7/1 | 投稿者: huamiee

7月にはいりましたね。
フワレイのレイアウト場所を変更しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
カチューシャコーナーも若干リフレッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘアものはカウンターにまとめました。

ショップでは雑貨小物を増やす予定です。
来週にはファッションベルトがたくさんはいりますよー。見にきてね。
0




AutoPage最新お知らせ