2012/8/29 | 投稿者: huamiee

そして、ひよこさんの話。

今回の旅日記はこのひよこさんの話を書きたくて
延々とプロローグを書いていたといって過言ではない。


と、残ってた写真、イオンの食料品「乾麺コーナー」。
どんなけ種類あるのーん。
クリックすると元のサイズで表示します



「ひよこさんの話」


買い付けの途中にふと目に入ったひよこさんのストラップ。
あまりのあどけないかわいさに、軽ーく脳震盪ものの一目惚れ。
そこにいた2羽を即買い。もっとほしかったけど、2羽しかいなかった。
もうあまりにもかわいくて、ほわほわの手触りが心地よくって
ちょうど手のひらの真ん中のくぼみにちょこんとおさまるサイズ。
かわいいもの理解者の娘と息子のおみやげにしようっと。
息子はもうそこそこ大人の男子だけれど(中2)外付けHDに
乙女回路をオプション装備している男子で、小動物が大好きなのに、触りたいのにさわれない小動物アレルギーという悲運を持っている。
このひよこさんを見たら、「かわいいー!ちょうだいっ。」っていうに
違いない。
そう思いながらも、この旅の道中くらいは私にお供してもらうため、
自分の仕事バッグのファスナーに1羽だけぶらさげておいた。

こういった土産モノ系のストラップはつくりが甘いから、必ず落とす。
気がついたときには紐だけ残ってて本体がない!!がお決まりのパターンだ。

だから抜かりのない私はぶらさげてるひよこさんも、
常に手でさわって確認。目で見て確認。
はい、ちゃんといるね。よしよし。

歩いてるときも、手の中にほんわりにぎって移動したり。
それだけ大事ならしまっとけよ…と、それは言わないお約束。

数日このひよこさんと共に歩き回り、愛着MAX。
「かわええわー。ひよこさん、かわええわー。」
と独り言をいいながら(結構イタイ)帰国の日を迎えました。

空港で朴さんと待ち合わせて最終の納品やりとり。
朴さんがもってきてくれた商材を段ボールからバッゲージに
つめかえたり、ガサガサ作業。

ひよこさんも見てる。よしよし。

朴さんと握手をして別れ、チェックイン、入国審査を済ませ、安全検査。

安全検査はいつもドキドキ。
手荷物に重みのあるアクセサリー(金属類)を
がっつりいれて持ち込むので、ぜったいひっかかるのです。

今回も「はい〜この荷物の人〜中開けて」といわれ、仕方なく
パンパンきちきちにはいっているバゲージのファスナーを開ける。
せっかく寸分の隙もなくパズルのように詰め込んだアクセサリーを
無造作にがっさりと開封されていく。

およよ、それをまた詰めるのは至難の業なんだよ、兄さん。
もうちょっと、そーっと開けてくれよ。

X線モニターで見ると私のバッグは「ウニでもはいってんのか」ってくらい、いつもトゲトゲだらけだ。
ヘアピンとかコームとか突起物だらけなもので。

いつもここでどーのこーのと言い訳をするのだが、今回はちょっと違う。

X線を見ていた監視官が、「これじゃない」と。




何。


何だって?



「このかばんじゃない」とな。



じゃ、あのかばん?
あのかばんには着替えとか自分用のくだらないおみやげ一式とかしかはいってませんが?



え、開けろと?


いいですけど…。なんにもはいってませんよ。

なにはともあれ、商材の入ってるバッグはスルーされたので、「そーゆーことは開ける前にいってくれ」と涙目になりながらも、心の中でラッキー!と小躍り。
以前ここで買い付けたアクセサリーを没収されかけたことがあるので、それだけは避けたかったのです。




で。



このバッグの中にハサミがはいってるという。

はぁぁ?ハサミですか。心当たりまったくないですけど。

手荷物にハサミいれるとか素人じゃあるまいし。←以前やらかして没収された



「没有、没有!」(もってない)といってみるが、聞く耳もたず。

まぁ、たいていそうよね…。



「この中に絶対ハサミがはいってます。小さいハサミです。」と。


小さいハサミ?ビューラーじゃなくって?
乙女じゃないからソーイングセットなんてもってきてないし。
心当たりなし。


「没有!没有!!」


そうこうしてる間にも、その荷物の中身はどんどん開封されていく。

そしてひとつの袋にたどりつき、
そこでハッ!!!(|||ノ`□´)ノと気がつく。





「我有・・・・(;-_-) 」(もってます・・・)




その袋は、2元起ショップ(日本でいう百均)の袋だった。
娘のおみやげでつけまつげ1ダースを買ったのだか、そのときのパッケージで「おまけつき」のものを選んで買ったのだった。
そのおまけというのが、今まさにひと騒動起こっている、小さなはさみ、「まつげカットばさみ」だったのだ。


7元のところを10元だして、あえておまけつきにしたのに、まさかここで没収されることになるとは・・・。


不覚。預かりのバッグにいれりゃよかった。
すっかりハサミのことなんて忘れてたし。


そして容赦なく危険物ボックスにポイと捨てられ、

「はい、もういいよ」と。


まぁ、ハサミ1個で済んでよかったよかった。


あわてて荷物を片づけて、「さいならーっ!」と旅の恥は切り捨てとばかりに検査室をあとに。

さぁ、ここからは中国といえど、国外ゾーン。後は搭乗口まで進むのみ!


飛行機の見える待合エリアの椅子にすわって、ほっと一息。

「あー、えらかった。(関西弁で大変だったの意)ねぇ、ひよこさん。」





・・・・・・。





お  ら  ん 。






ΣΣ(|||`□´|||;;)





ひ、ひよこさんがおらんーーーーーーー!!!!!


クリックすると元のサイズで表示します


うっわーーーーーーー!!!!!

なんで なんで なんでーーーーーーーーー。

どうしよ どうしよ どうしよーーーーーー。


どこで落とした どこまでいてた 今どこにいる


気が動転する自分をとにかく「おちつけもちつけ」となだめ、
さっきまでの道を振り返る。


思い当たる場所はあそこしかない。そう、恐怖の安全検査室。



いやいやいやいやーーーー。


あそこは国内、ここは国外。すでに国として線引きされている。
逆行するって大人として、日本人としてどうよ。

あのゲートを逆行する人間って今まで見たことある?ないよな。

いや、落し物だから仕方ない。戻って聞くだけきいてみようか。

でも普通あきらめるよね、たかがストラップのさきっちょ。

戻ってまで尋ねるに値するものではない。一般的には。

そう、一般的には。だけど今の私にはすごく大切なもの。

あのコをひとり、この地に残して帰国しろと?
この数日間、常に手のひらの中にいたあのかわいいコを?

それはできない。絶対連れて帰りたい。いっしょに戻らなくては、日本に。


そんな葛藤の嵐で心の中は1000ヘクトパスカル。




しかしなんて聞くんだ、「ひよこ落ちてませんか?」か?

こんな国際的にオフィシャルな場所で、ピリピリモードエリアで、ひよこ。

ゆるい、ゆるすぎる・・・
なんでよりによってひよこ・・・。

私のばかばかばかばか。ああゆう紐の先ボンドしかしてないのって
落とすの最初からわかりきってたじゃないか。

あぁ、やっぱり、私ってある意味期待を裏切らない女。

でもこんなバカな私だから、逆行でもヒヨコでも、なんでも笑われたって今更ケセラセラ。


あのコを置いていくのは嫌だ。ただそれだけ。


心の暴風領域は薄れて、先が見えた。


もう開き直って奪還あるのみ!!
ひよこさん、検査室にいてくれ!検査室以前に落としてたとしたら、もうどうすることもできない。


しかし「ひよこ」って中国語ってなんてゆーんだ?
おおっ、そうだっ。私にはもうひとりのひよこさんがいたのだ。
このコをだして、「このコと同じのをなくした」っていえばいい。
歩きながら必死に中国語を組み立てた。




そして逆行ミッションを決行。




パーテーションをなぜか抜き足差し足モードで進み、ひょこっと出口から顔をだす。


さっき、「小さなハサミ」って言ったお姉さんと目があった。

もう、すがるような子犬の眼で(気持ちだけね)「ちんうぇーんっ」(すいません)と呼ぶ。

怪訝そうな顔でこっちを見る監視官の方々。こ、こわいっ。

「コ、コレとオナジモノ、ナクシチャッタンですけど、ココにオトシテマセンデシタか」

突如、監視官同士、ガーっと話す。全く聞き取れず、テンパってるせいもあって妄想ヒアリングスタート。

「なにいってんだ、こいつ。ひよこってどうよ。いい大人がひよこって」
「ここどこだと思ってるんだ。遊園地じゃないんだぞ」
「おい、おの女つまみだせ」
「了解サー」


ええええーーーっ!!!そんなぁーーー。ひ、ひよこーー。

私はただひよこを探しているだけなのぉぉぉ。





そして本当につまみだされる。

周りを探してくれる雰囲気すらなく。速攻。


入ってきた出口から外に出され、そのお姉さんに「こちらへ」とその検査室を統括する監査員室に連れて行かれた。


そして、お姉さんだけが部屋に入る。

「えええ、私何も悪いことしてないよ。逆行したのは確かですが不法再入国してやろうとかそんな意図まったくないのよ、お姉さん」

「お姉さん、この部屋はいって私でてこれるの。始末書とか書かされるの?もしかして飛行機乗れなかったりするわけ?ねぇ、お姉さん・・・」

もちろん、ここまでの中国語スキルがないので、数メートル先にいるお姉さんの背中に向かって心で叫ぶのみ。



そしてお姉さんが書類ケースみたいな平たい箱をもって私のほうを向いた。

「やっぱり始末書か・・・」

と絶望の淵にフラフラしていると、おねえさんがその箱からなにかつまんだ。

手にしていたのはなんとひよこさんだった。

きゃぁぁぁぁ、ひよこさんっ。無事だったのね。うれしいっ。めっちゃうれしい。

お姉さんから、ひよこさんを受け取った。


「ありがとう、すっごく気に入っていたんです。本当にありがとう。」

とお礼をいった。

やはりX線を通ったときに落として、すぐに拾われて保護されたらしい。
普通なら近寄りがたいこの監査員室は、迷子センターでもあったんだ。

自分の妄想ヒアリングでとんだ想定をしてしまった。
こんな小さな落し物でも大事に確保してくれていることに正直驚いた。

世の中、ご時世的にはいろいろあるけれど、いいこともいっぱいありますよね。

本日よりまた買い付けいってきます。
今回は真夜中香港で5時間待ちして始発の列車で大陸にはいります。
ちょっと情勢が不安ですが気をつけていってきます。

リクエストくださってるフワミストさま、気合と集中力で探してきます!!
では!!

クリックすると元のサイズで表示します
ひよこさんたち。
「かわええ!」と思ってくれたら、「拍手」押してー。
15

2012/8/25 | 投稿者: huamiee

どーしても気になることが…。

一昨日、仕事の兼ね合いの人探しで自分のスマホのアドレス帳を
【あ】から順番にフリックフリックしていくと、



????(゚ー゚*?)オヨ?



と思って、思わず戻る。





(◎_◎) ン?





!!!!!!!!Σ( ̄ε ̄;|||・・・





「拓也」。






・・・って誰。




拓也拓也拓也・・・



誰ダレダレ誰・・・




思い出せない。



なんかやらかした記憶もなし。

人にケータイ貸したこともなし。

誰かと赤外線ごっつんこしたこともなし。←結構淋しい



っつーか、タクヤって私のイケメンリストにはおらんし。
キムタク知り合いじゃないし。



そもそも、友達はフルネームかニックネームでいれてるから
こんな彼氏またはお気に入りホスト(いると仮定してみよう)
のような下の名前オンリーの入れ方なんてしない。



じゃ、なんで電話番号もメアドもはいってんの…。







謎謎謎謎{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ〜〜〜〜〜










息子の友達とも考えて一応聞いてみたけど、該当者なし。


とにかく気持ちがわるいので速攻削除しましたが、
新手のスパムかなんかだとこれまたやっかいですよね。

たまにはアドレス帳開いて【あ】〜【わ】まで全部調べてみてくださいね。
拓也くん、いるかもよぉぉぉ。((((((((((◎д◎))))))))))ガクガクブルブル

4

2012/8/22 | 投稿者: huamiee

クリックすると元のサイズで表示します
何屋さんなのかわからないけれど、とってもすてきな門構え。
こんな建物、大好きです。まじまじみちゃう。

クリックすると元のサイズで表示します
正面玄関。素敵だわー。惚れるー。

クリックすると元のサイズで表示します
お勝手だってほら、こんなにステキ。
隣の無造作と思われて計算されつくしてる草木のバランスが
絶妙すぎて泣ける…。
いつか仕事じゃなく、ゆっくりいろんな国や街を旅して、建物の
写真撮って周りたいなぁ。
独身の頃はインテリア会社にいたんです。だから建具フェチ。

クリックすると元のサイズで表示します
そして休憩・・・。
青島で本格生煎が食べれるとは!!生煎屋の看板見つけて、
速攻入りました。生煎とは上海名物のいわば焼き小龍包的な感じ。
ものすごく熱い肉汁が半端なくでてきます。なので、小皿か蓮華必須。上海ではファーストフードの感覚で露店などでも売っています。

私、死ぬ前に何が食べたいかって、この生煎とパイナップルいっぱいの酢豚…。(次の買付ブログで登場予定。だって食べるから。)
それと許留山のマンゴースムージーと酸ラー担麺。
全部食べても中国で2千円かからないじゃないか・・・。
安上がりな女です。

クリックすると元のサイズで表示します
ここのお店の看板メニュウ、金蟹の小龍包。
もう、さっき食べた生煎がぶっ飛ぶほどおいしかった。
他のメニュウよりダントツ高かったけど(といっても500円くらい)
すんごくおいしかったです!!きっと上海の高級料理屋さんじゃ、
デラ高いこと間違いない。

クリックすると元のサイズで表示します
店の名前にひかれたデザート屋。
1号も2号もどれも同じに見えるが。

クリックすると元のサイズで表示します
世界に幅をきかせるイオングループ。中国どこでもありますよ。
日本のイオンはどこいっても中のお店が同じで個性がないけれど
中国のイオンは結構いろんなテナントがはいってるかなぁ。
という印象。

で、ラストのお食事画像。

イオン内の「紗龍」で食べました。
日本の外食産業です。さてなんと読むでしょう。

ファミリーレストラン系、ステーキやハンバーグ中心。

クリックすると元のサイズで表示します
リブロース、食べちゃった。

クリックすると元のサイズで表示します
これはホウレンソウのグラタン。一応。なんの焦げ目もない…。

で、正解は「シャロン」でしたー。読めるでしょ。「紗龍」。

次回は、ひよこさんの話…。
0

2012/8/21 | 投稿者: huamiee

実は次回買付出張が決まっているのであわてて更新。

今回も食べたもの中心です。

クリックすると元のサイズで表示します
市内はまだミゼットカーのような三輪車が走っていて、これはその車内。
助手席は通訳の朴さん。私は15分あったらいつでもどこでもすぐ寝てしまう得意技をもっているので、このあとも鼻ちょうちんスピー

クリックすると元のサイズで表示します
ややっ!!あれはいつもお世話になっている青島ビール本社工場じゃないですかっ。


クリックすると元のサイズで表示します
あまりのかわゆさに衝動買いしたミニストップのパンダまん。
中はうっすいあんこ。

クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯タイム。今回は港町なので海鮮料理店がたくさん。
ウニの卵蒸し。うます。
中国の海鮮料理店はいけすから食材を選んで、1斤や半斤単位での
料理となります。料理法も店員さんにおすすめを聞きながら、
選んでいきます。ウニは生はダメっていわれた。しゅん。

クリックすると元のサイズで表示します
シャコ。三杯酢でいただきます。黙って剥き続け、食べ続ける。
うます。日生のシャコ並みにうます。

クリックすると元のサイズで表示します
これはチト失敗のサラダ。中国野菜ときくらげのニンニクオイルあえ。
これにあと貝でもはいってくれていればよかったのになぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
きのこスープ。漢方っぽいカンジ。うます。


今回は、そう、青島ビールでおなじみ、青島にきていたのです。
「青島ビール街」ってあるんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
テラス席に座って、昼間からビールを愉しむ街です。
手前の店は青島ビールの卸屋さんですね。その横はケーキ屋さんみたいです。
誕生日ケーキって看板あがってます。

クリックすると元のサイズで表示します
街角のベンチもビール型。

クリックすると元のサイズで表示します
せっかくなので、ビール工場の売店で黒ビールとおみやげ買いました。
10月のアジアンフェアはこの栓抜きを使って青島ビールを提供しますので
また年に一度のパンダキッチンにて上海風やきそばとビール、食べてってね。


0

2012/8/19 | 投稿者: huamiee

本日目が腫れています。昨夜、いとこの結婚式で号泣しました。

3軒となりの実家同士で姉妹のように育った一番下の末っ子たぁちゃんが
ついにお嫁にいくときがきました。

末っ子といっても一番しっかりしたアネゴ体質。
「ひとりでも生きていけます、余裕で」オーラを醸し出していたのですが。
元旦に「今年こそ結婚するぞーーーー!!おういえ!」と叫んでいたのは
そうゆうことたっだのね…と。


もう私、チャペルの参列で花嫁が登場しないうちから涙目。
そして、叔父と登場で泣き。
たぁちゃんが中腰になり叔母がベールで顔を隠すシーンで泣き。
ヴァージンロードを歩く姿で泣き。
もちろん、父親の腕から新郎に手を差し替えるところで号泣。



クリックすると元のサイズで表示します
花嫁の兄撮影

後姿もかわいくてステキ。いいなぁ。感動です。

JR大阪駅直結の28Fのオサレな式場。
ナイトウェディングは夜景が一望できます。


クリックすると元のサイズで表示します
たぁちゃん、幸せそう。運命の人に出会えたんだね。


クリックすると元のサイズで表示します
お色直しの退場は、兄姉が両脇でエスコートで出口まで。
いとことしてはこれが泣かずにいられましょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
とはいっても、一番気楽に宴を楽しめるいとこポジション。
食事もお酒もたくさん楽しませていただきました。
こちらは私の姉と妹と母。
雑談しまくり、号泣しまくり、飲みまくり。
過去の紹介DVDでおじいちゃん(故人)登場して笑いまくり。

その後、花嫁の姪っ子みくちゃんが幼いながらも感動のお手紙を
泣きながら読んでくれて、これまた号泣。

「涙もろいのは年のせい」と妹にいわれましたが、ほんとその通り。
人生経験が多くなるほど、深い感慨にひたってしまいますよね。
いいじゃないですか。号泣ばんざい。


さて。今回のヘアアレンジです。

クリックすると元のサイズで表示します

夜会巻ベースのアレンジヘア
(夜会巻基本の方法は追々…。他サイトが参考になります。←他力本願)

@髪全体にワックスをつけます。
盛り髪で華やかにしたいときは、自毛を毛羽立たせるか、
専用のスポンジ(実店舗では420円で販売中)をいれて
頭頂部をふくらましておく。

A髪を束ね、上へ上へとツイストし、コームで夜会巻をする。
毛先は中に入れ込まず、外に(頭のうえ)にだしておく。

B毛先部分をさらにツイストして頭頂部のドーナツ状のところを
アメリカヘアピンで固定していく。

C耳の上あたりでエクステをとめる。

Dエクステのつなぎ部分をかくすように、毛先をかぶせ、
エクステの金具あたりにピンをさして固定。

E自分の毛先とエクステを境を隠すように大きめの
クリップをつけます。

Fちょいちょいはねているところを隠すようにミニクリップを
髪にちらす。
合わせ鏡や三面鏡で確認しながらアレンジします。
所要時間は約15分。
店主の髪の長さはバストトップくらい。髪量多め・はりはあるが
ダメージもあり。

クリックすると元のサイズで表示します
使ったヘアクリップ
http://www.huamiee.jp/product/1378

http://www.huamiee.jp/product/18


エクステ(巻髪タイプ・ストレートタイプ)1260円
コーム(DBC)1470円
実店舗(吹田駅前店)に在庫あり。
2




AutoPage最新お知らせ