2018/8/28 | 投稿者: huamiee

私は10代の頃からフライト下降時の気圧が苦手です。
顔面を金槌で殴られ、耳から電動ドリルでえぐり回されてる苦痛。

鼻抜きや耳栓も効かず、狭い座席で白目剥きながら耐えに耐え、
飛行機を降りてからもその日は耳の聞こえが悪く、フラフラなことが多々でした。



が。



前回の旅行から、強力な旅の友が!!!

それがこの2点。

クリックすると元のサイズで表示します
ブレスケア。普段からの嗜好品。

クリックすると元のサイズで表示します
点鼻薬。安いので十分。

「耳がだめなら、鼻通せ。」な発想で。

フライト中、耳がぶーんと言い出したなーと思うと、つかさずブレスケアを一個。
スーッと鼻が通っていきます。気分もリフレッシュ。

そろそろ下降体制にはいるなーって時間に点鼻薬。
連打するとよくないらしいので、とどめの一撃に。

これでもう、鼻の穴全開体制。どんどん下降してくれたまえ。

着陸まではブレスケアをおつまみおつまみしながら鼻通りを維持。

すると、まったくあの激痛がなく着陸できるのです。
個人差もあり、独自の打開策ですが、私は座席でムンク顔レベルのひどさだったので、
本当に助かりました。

着陸時にひとり極限の痛みと戦ってる人はぜひお試しください。
2

2018/8/13 | 投稿者: huamiee

今回浦東空港から上海に入り、一日市内滞在、翌朝虹橋から7:10の済南行きというスケジュールでした。

さて、虹橋への移動方法、日中はいくらでもありますが、
早朝チェックインするのに動いている公共機関はほぼ皆無。
タクシーをアテにして、つかまらなかったら焦るし。(呼び出せる人うらやま)
一日市場を回るのにカートは周辺のホテルに預けたい。
しかし市場と空港は距離がある。

調べると、自分的ベストポジションな立地に虹橋空港行きの宵バス路線がありました。
中国のバスは停留所単位の時刻表はないので、発車時刻が確実な始発駅から乗り込むことにした。

クリックすると元のサイズで表示します
延安東路中山東一路 320路 百度地図ストビューで確認すべし。

パイナップルビル(ウェスティン)の一本外灘側の四川中路を延安東路の信号を豫園方向に渡って
左側、定刻(私は4:20発)前、バス停の数m手前にすでに320路と316路が待機しています。
2路線は別ルートですがどちらも虹橋空港終点です。私は320路を選択。
バス停の看板横で待っていると、定刻直前にエンジンがかかり、車内客席の電気がつくけど、目の前には来ない模様…あわてて停車してる位置まで数m小走り。中国あるある。
そもそも、「ほんとにこの時間のバスあんの…?来るの?」って思ってたくらいなので、元々待機してくれてただけでもハッピー安心感満載。

ちなみに私は信号向かいの創業酒店というホテルに泊まる。
外灘界隈を象徴するとても伝統あるレトロアンティークな外観。(盛ってます)
中は雑居ビルっぽいつくりで、玄関からフロント着くまで若干迷路。しかし気にしない。


で、定刻にバスは外灘をUターンして金陵東路を通って虹橋に向かいます。
この時間の乗客はほぼ空港関連勤務の人で、警備や作業着姿のガテン兄やんズや事務っぽいお姉さんが各停留所からドヤドヤ乗り込んできます。
車内は折りたたみ自転車でいっぱい。
で、勤務先で降りると、自転車を一瞬で組み立て、バスが発車するより先に、ビャーーーっと去っていくのでした。
それがめちゃかっこいい。
空港って広い敷地だがら、バス停から勤務場所が遠いんですね。自転車便利。

そして無事余裕のチェックイン。
初めての虹橋空港でしたが、最近リニューアルされてて、とてもきれいでした。


上海初渡航から13年目にして、初めてリニアに乗った。
はやい、めちゃはやい。発進時、一瞬浮遊してからの加速がすごい。
こんな乗り物が昔からあるとか。文明の流れが早い、速い。日本のおばちゃんついていけんわー。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ