2020/2/11 | 投稿者: huamiee

11月末に60代後半の女性が、
「仕事場の保育園の給食室で使うかわいいエプロンを2枚仕入れてほしい」
と言って、予算をお聞きました。
同時に店内のお洋服を2枚気に入っていただき、一週間後にまたエプロンの結果を聞きに来るので、
それまで取り置いててほしいと。

お名前と電話番号をお聞きして、快く承知しました。
そして定休日に問屋をまわり、気に入っていただけそうなエプロンを探して、画像を何点か用意しました。

そして一週間がたち。

いらっしゃいません。


もう数日待って、伺っていた番号に電話しました。

すると、娘さんらしき人がでて、
「あー、お母さんからその話聞いてますわ。服を取ってもらってて、エプロンをお願いしてるのも知ってます。
 せやけど、あれからすぐ入院してしまいましてん。」
と。

「そうゆうご事情でしたか。
お嬢様におっしゃっていただいてたなんて、
お母様、ご病気なのに、うちの店のことを気にかけていただいてたのですね。
取り置きの服は申し訳ないですが、店頭に出させてもらいますね。
エプロンのご入用は春だってお聞きしてたので、
また良くなられたらいらっしゃってくださいとお伝えください。」


年が明け、昨日そのお客様がやってきました。
お顔は覚えてなかったけど、
「エプロンを探してもらってる」と言われ、すぐにわかりました。
「あぁ、ご入院されてたらしいですね。娘さんから聞きました。
大丈夫でしたか?もう治られたのですか?」と尋ねると、

「あ、そうそう、入院してて」とおっしゃるのも早々に、マネキンの服を
「この服いいね、置いといて。」と。

そして、自分のバッグからエプロンを出し、
「このヒモ部分が細くて使いにくいから直したい。こっちのかっぽう着は前にスリットをいれてほしい。」
とお修理依頼。

「ごめんなさい、うちはミシンもないですし、お直ししてないです。
3Fにリフォーム専門店がありますから、そちらにいってみては?」とご案内しました。
すると、「そこ、お金とるんでしょ?」と。
「??ええまぁ。修理店なんでお代は頂戴しますよ。もちろん。」
「ま、一度みてもらうわ。じゃぁ、その服置いといて!」と。

そのあとすぐに別のお客様がいらっしゃったので、
「はーい」と返事して、接客に戻りました。
リフォーム屋からすぐ戻ってらっしゃるのだと、服をレジの中でお預かりして待ちました。この時点で昼過ぎ。

そして閉店時間となりました。

なんとなく「ははーん」と思った節があるので、以前聞いていた番号に電話しました。

するとまた娘さんがでました。

「お母さんから聞いてますわ。
あのあとリフォームの店探すの大変でうろうろ難儀して、
もう5時半までかかったんや!あんた3階か4階にあるゆーたけどなかったで!
せやからもうしんどなって帰ってきたわ。
……って、お母さんが言ってましたわ。
……ほんで、今まだバスの中やってゆーてましたわ!」



ちーん。



「あの。
そしたらこれだけお母様にお伝えください。
お日にちこえてのお取り置き、お受けできなくなりましたので、
店頭に出させていただきます。」

「はいはい、あの服ね。かましませんよ。」


プチッ。

もう電話切りました。


娘とか入院してたとか。
まんまと信じてしまいました。
自作自演できる人ってこうも平気で嘘がつけるものなのか。

この件で、金額的な損金はないけれど。
購入まで至らない接客はプライスレスなんだろうけど。

店側の真心と誠意を盗まれた気がしてならないのです。
4

2018/4/28 | 投稿者: huamiee

数日前、老いた男性が来店されました。

そのご主人がリュックから取り出したのは、くたびれた古い抱き人形。
体長40cmほど、キャンディ風ワンピースの西洋のお顔で、
寝かせるとおめめを閉じる仕掛けのかわいい子。

しかしものすごく薄汚れている…。

というか、いきなりレジ前でお人形だされてびっくり。
絶句する私。

「この子、着替えさせてやってほしいんじゃわ。」

「はぁ…。」

「ずっと家におる子なんじゃけど、服がもう汚れてるじゃろう?」

「確かに…。(服だけじゃなく、すべてが猛烈にすすけている…)」

「イオンのおもちゃコーナーで『無理』って言われて困っとるんじゃ…」

確かにこの大きなお人形に似合うお着替え服は、このあたりじゃ置いてない。
かといって、うちはウィッグアクセ屋。なぜゆえうちをチョイス?と思いましたが、
状況を理解したご縁、できる限り対応する旨を伝えると、とても喜んでくださった。

「しかし、ワシなんでこの店に入ったんじゃろ?
なんかしらんが、スーーーーっと足が向いて、入ってきてしもうた。」

とおっしゃいました。

採寸をしてお帰りいただき、あとで色々調べると、その子はポポちゃんより大きなアメリカンサイズ。
ネットでピッタリ合う既成のドレスが見つかったので、ご主人に確認後、注文しました。
一からドレス作成は避けられて、ほっとしました。

そして今日、お人形と共に再来店され、ご主人に30分、時間をもらいました。
お人形とふたりになって、まずお顔とおててをクレンジング。
びっくりするほど美しい肌色出現。
首裏にメーカー名が刻印されていました。きっとええとこの子。

そして、ウィッグ屋の本領、燕の巣状態の髪を全力で矯正。
地肌にほこりがびっしりでえらいことでした。
これまたびっくりするほど、今どきのレイヤボブーゆるふわスタイルに。

ドレスもウェストを少々すぼめて、ピッタリラインに修正。
カチューシャをして、本当にめっちゃ可愛くなりました。


作業中、小声でずっと
「きれきれしよーねー。あー、かわいーねー。めっちゃかわいいねー。」
って言い続けてました。こんな感覚久しぶり(チロルぶり)。

本当はお写真撮りたかったけど、撮ってはいけないって思わせるくらいに
お人形から肌で神聖な何かを感じてたので、スマホは向けませんでした。

「この子は50年以上前から家におるんだ。きっと、あんたよりお姉さんじゃな。」
「おー、、、(ご主人、ポイントプラス発言)お姉ちゃんなんだー!あなたお姉ちゃんなのねー!」
と、かわいい、かわいいしていたら、
「あんたのとこに偶然きてよかった。ありがとう。」
と言ってくださり、いい仕事ができて私も嬉しいと伝えました。

きっとあの子が私の元に来たかったに違いない…。
謎のスピルチュアル的自信と確信。

お店してるといろいろあります。だから楽しいんですね。
6

2017/12/25 | 投稿者: huamiee

うちの店はアクセサリーの修理もしています。
本日朝一はネックレスを修理してほしいとの老婦人。
もってこられたものを見せていただくと、一見普通のプラスチック玉のロングネックレスの中のワイヤーが切れていました。

ご婦人がボソッと切り出しました。

「…これ、20万以上のものに見えますか」

「え…これ20万するんですか!!(正直、ワイヤーの端処理があまりに粗末)」

「買ってまだ3カ月なのに、その店に持っていったら、『納品業者に新品交換してもらえるか、無料で修理できるかもわからない』って言われて…。」

いろいろ聞いて、そのジュエリーショップ、20万の商品に対してアフターとかどうなってんだ…?って感じたところに、


「これ、健康食品の店で買ったのよね…」


で、でたーーーーーーーーーーっ!!!!


私、「(絶句)あたたたー…、それは…・・・。」

「年寄りばっかり集まって、健康の話聞いて、ついつい釣られて…。」

「…ティッシュもらって速攻帰る図太さがなければ、そうゆう店には一切関わらないほうがいいですよ。」

「私、お金ないのに、こんな高いの買ってしまって…」

「いえいえ、20万即買いなんて余裕あるからできるんですよ。本当に毎月ギリギリならご飯しか買えないですよ。」

「息子には絶対言えなくて…。怒られるから…。」

「確かに。言えないですね…(私が家族ならブチ切れるな…)」

「でもネックレス切れてから、肩の動きが悪くなったから、やっぱり効果あるんだと思う」

「…効果の実感あるならこれからも身に着ければいいですね。20万の価値ありましたやん。」

などなど、同情しつつ、慰めつつ、最後に、

「うちで修理すると、2時間ほどのお渡しで修理代は材料と工賃込みで2000円以下でさせていただきますよ。」

とお話したところ、

「え、1000円くらいでできると思ってた。」

とすぐに帰られました…。


ちーん…。


余談ですが、
正直、ビーズをワイヤーにデザイン通り一粒一粒通す作業は手間も時間もかかるんです。
1時間かかれば工賃は大阪府最低時給の909円は頂きたいです。
物品には多額のお金をかけても、サービスへの賃金の発生を理解してもらえないというお客様、結構多いです…。


あとから思ったのは、このご時世で、2000円でも20万でも200万でも、お金が払えるということは、それだけで本当に幸せなことです。
今、財布に入っているお金は、どこから派生した自分への対価で、その対価を自分はどこに流すのか。
他者が首をかしげることでも、自分にとって生きたお金の使い方ならそれでよし。
お金はそこそこ大事にして、老後に周囲に金銭の負担をかけない。これ大事。

そんなことを巡らせる2017年年末です。メリークリスマス。
7

2017/12/12 | 投稿者: huamiee

かなりお年を召した一組の老夫婦がご来店されました。
「お揃いの指輪がほしいのだけれど、本物は買えない。お値段の安いものはありますか?」

と。
そもそもうちは貴金属店ではないので、ジュエリーの類は扱っていません。
いわゆるファッションリングは一応置いていますが、ペアリングとなると皆無…。

「ペアリングではないですけど、サイズ違いで同じものというのはどうですか?」
と提案しました。
しかし、ご主人の指がかなり太くがっしりしたサイズで、元々女性用しか置いていない当店のリングは
どれも合うものありませんでした。

「残念ながらうちではご用意できませんが、商店街の時計屋さんは良心的なので、比較的お安めのものを提案してもらえるかもしれません。」
といって、道順をご案内してお見送りしました。


で、レジ内に戻り、さっきのやりとりを思い返してみました。

もっと他にうちの店が相談に乗れることはなかったのか
 ↓
 ↓
「ペアの指輪がほしい」「ない」でおわったが、ご夫婦の要望をもっと深くまで聞き取りできていたら、
もしかしたら指輪にこだわっていたわけじゃなかったかもしれない。
なにかお揃いの身に着けるものを、直感で「指輪」と発想されただけなのかもしれない。
 ↓
 ↓
うちにはペアのものはないけれど、例えば天然石のブレスレットならつくることができるし、
しかもおふたりだけのオリジナルデザインという希少価値もつけることができる。
 ↓
 ↓
今のこの時代はペアリングより天然ブレスのほうがはるかに需要がある。
 ↓
 ↓
あぁ、どうしてそこまで頭が回らなかったのか。
おそらく時計屋さんでも3千円くらいではペアリングは見つからないだろうに。

寒い中を老夫婦がお揃いを求めてさまよってられるのか…と思うと、居てもたってもいられなくなって、
店をとびだして商店街まで見に行ったのだが、どこにも姿はなかったのでした。

私が店主として至らぬが故に、会話を「提案」まで掘り下げられなかった。
問われたらその答えを返すということは誰にもできる。
話を聞いて、お客様の選択肢を増やして視野を広げてもらうということがプロだと思う。
たとえその提案が却下されても、意に沿った提案なら、なにかしら心に留めてもらうことができただろう。


接客はむずかしい。日々勉強・・・そんな2017年冬です。
3

2015/4/2 | 投稿者: huamiee

先日、閉店間際に老紳士が来店され、私に声をかけられました。

「実は…」

ときりだされ、お話しを伺うと。

フワミーの店のエレベーター側の壁に、ウィッグをつけたモデルのパネルを飾っているのですが、それが

「先立った家内の若いときそっくりなんです。」

「えー、そうなんですか。」

「家内の旧友が、わざわざ連絡をくれて、吹田の駅前に○○さんそっくりな写真飾ってるよ。と教えてくれたもんですから、興味本位で見に来たら、本当にそっくりなんです。」

「それはそれは…」

「もし、このお店はこのポスターいらなくなったとき、譲っていただけないでしょうか。」


私は、もうその時点でお持ち帰りいただきたい気持ちだったけど、
確かにそこにそのパネルがなければちょっとアンバランスでおかしくなっちゃうので、とりあえず連絡先を聞くことにしました。

近いうちに必ず差し上げようと思っています。

ちょっとほっこりした出会いでした。




クリックすると元のサイズで表示します

人気かんざし、再々入荷しました!
遼寧省在住の通訳の王さんに仕入れてもらって、北京にいる娘に発送してもらい、帰国したのでやっと手にはいりました。
限定数で終了です。
2




AutoPage最新お知らせ