2013/10/30

キャンディポップナイトメア35話感想  らくがきの楽屋裏
そんなわけでCPN単行本も無事発売され、都会の街はアリスで溢れたと聞きます。いいなあ!
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも都会の友人から支援物資をいただき、設定資料集や各種特典、御神楽奈々のクリアしおり等を眺めてホクホクです。

一応3巻発売まで黙っておこうと思ったことや3巻を眺めて気づいたこと。および感想。


・上原蓮。
椎名みく(科学メガネ)を落書きしている時に気づいたのですが
武蔵とセットで1巻時点ですでにそれっぽいキャラが登場していました。
蓮の本格登場も3巻、2巻では謎の人物なのでここまで黙っておこうと思ったのでした。
クリックすると元のサイズで表示します

・太陽→月
同じく蓮が絡むエピソードで、風祭良子から発生したアンノウンが太陽から月のアルカナに変わっていたのでした。
風祭はなかなか珍しい感じのキャラなので復帰してほしいなあ。


・消えない新堂
通常、枠外の登場人物紹介は単行本でカットされているのですが
なぜか5Pの新堂だけそのまま。さすが新堂。
この巻出番がここだけというのも逆においしいです。
クリックすると元のサイズで表示します

・収録話数
なんか2巻の時も言っていた気がする。34話ぎりぎりまで収録されているのが驚きでした。
タイ子、武蔵、蓮の飼育委員チームもこれでおおっぴらに語れる!
もう一つの三人組。色々漏らすのは早計な気がするアレですが
(元)魔法少女と魔法使い、転校生と留学生、あとなんかよくわからないもの。
アンチ主人公チームになってくれたら色々と面白いなあなんて思ったのでした。
あと今回の記事のタイトルの通り、今月号が35話なのでシームレスにつながります。
ここから私と連載にかじりつきましょう!

・久しぶりのAQ×AK
単行本に収録されて少し小さくなったAQ×AKは、それはそれで新鮮なのです。
CPN紙面に朝比奈が登場することにもなりました。やったね!
先にもどっかで描きましたが、みことに対する真希奈、朝比奈の違いが面白いのです。

・描きおろし。
クリックすると元のサイズで表示します
そして久々の委員長委員会!朝比奈にとどまらず瀬奈、大森もまさかのCPN出演。

おまけだから過信は禁物かもしれませんが、真希奈と朝比奈がひとまず知り合いじゃ無さそうという情報はちょっと嬉しいです。
瀬奈は出てくるたびにいろいろわからないことが増えていきます。
みことのエピソードなどに絡んで出てきてくれたらいいなー。

さてこんな感じかしら。以下35話感想。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。



下の文が一回ぶっ飛んでしまってちょっとへこんでます。


クリックすると元のサイズで表示します
35話感想。
しれっと体型も元に戻って復活した八神と真希奈がダンジョンに迷い込みました。
ダンジョンと言えば、真希奈が妖刀を拾ったとされるところ(氷川先生ブログ情報)なのでしょうか。
何かの冗談かと思ってたら本当に出てきました。びっくり。
しかしこのダンジョン、いつかどこかで見たような感じです。

で、八神と真希奈が二人で丁々発止に掛け合いながらの散策。
そう、この二人の絡みは面白かったんです。久しぶりに堪能しました。

ダンジョンならモンスターも。ゾンビ田半腐りの介やドロウルと感動の再会も。
さらに真希奈に襲いかかる触手やトプトプした何か!サービスカットです。いつかどこかで見たような感じです。

既に魔法少女では無い真希奈と、もともとへっぽこな八神。なかなかに苦戦しながら中核に歩いていきます。
クリックすると元のサイズで表示します
最大戦力のアリスはお留守番。蓮に絡まれていました。


3巻でたっぷり経験値を稼いだ真希奈が、しばらく失踪していた八神にふっきれた顔を見せます。
この笑顔が印象的なのでした。
しかしここからのスタート、なんだか4巻は波乱の予感です。



……ですが、次回CPNは休載なんだとか。女子高生VSもなのかな。
元々不定期連載扱いだったんですよねー。ゆっくりと休んでいただいて
今後も盛り上がってくれたらとても嬉しいのです。





web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。









そして休載ならば、そう、いや別に休載かどーかは関係ないけど
おこがましくも今こそ私が駆ける時なのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
よし!やるぞ!
いつかどこかで見たような感じを、いつかどこかで見せたかったものにするためにも。

ここだけの話、このタイミングでこの話とかなんかとても嬉しいです。ワンダラーです。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ