2011/4/30

(無題)  らくがきの楽屋裏
ここのところ忙しいです。いつまでたっても来ない新刊の現物に顔を青くしたり、
あとは必死こいて色々あがいていたり。
なので旅行の準備が実はイマイチな状態であり、やっぱり顔を青くしているのが現状なのでした。

明日に控えたコミック1。もうちょっとお伝えしたいことはあるのですが、あと数時間ほどかかりそうです。



続きを読む

2011/4/25

大きな小さなものがたり  らくがきの楽屋裏
クリックすると元のサイズで表示します
今日のお絵かきは肌色気味。
黄色じゃん。とか言わないでください。
不朽の名作R4を見てたら描きたくなった絵なのでした。R4、つまりリッジレーサータイプ4のことですよ。
ホントは服もあったんですがうまく描けなかったのですっぱだかでした。まあえろい絵でもないしいいやー的な。

クリックすると元のサイズで表示します
さらにもう一枚。こっちはもうなんかえろえろな感じにしたくて描きましたが情熱空回り。
くるみです。
まだ感想書いてなかったのですが、今月号のぱにぽにで久しぶりにぱっつん三つ編みスタイルが復活していたので衝動的に描いていたものでしたとさ。


感想。Twitter病みたいなもので、長文とかが苦手になっています。って前から言ってます。
それのリハビリみたいなのでやってるのですが、なかなか難しい。
解説になりがちなのがつらいです。でもやらないとなあ

……とかいいつつ今日は増刊ヤングガンガンビッグの感想とかとかとかをお送りします。
氷川へきる先生のフルカラー新作「AQ×AK」掲載のヤングガンガンビッグです。
大事なところを晒しているかどうかは作品によりますが基本的に肌色分多めの紙面らしく
そして「AQ×AK」もやっぱりそういうものになっているようです。ました。フルカラーで。


あ、今回は即日ネタバレになります。
「いつものルールはどうしたんだいDノ?」
守る人がいてこそのルールだよエルメス。
5日後ボクは東京へ向かっていたり、これからコミック1への意気込みとか告知で上の記事を埋めるから、書けるとしたら今日ぐらいしか無い。今日書くしかないんだ。
「イベント終わったら書けばいいじゃない」
今日書くしかないんだ。


ということで一応隠しますが、携帯等で閲覧して隠せない人は注意してください。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。



続きを読む

2011/4/22

気分をかえて。  らくがきの楽屋裏
TG買ってきました。テックジャイアン。ジャイ子も十周年です。
何かパーッと一枚描きたいな。

でも今日はこちら。魔法少女まどか☆マギカより暁美ほむら。
色々落ち着くまでは控えておこうと思ったんですが、盛り上がりやススメに押されてついつい観てしまったのでしたとさ。
クリックすると元のサイズで表示します
ぱにぽに中心というのは未だ変わりませんが、でも他にも色々描いていけるといいなあ。
なーんていつも言ってる気がします。


web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

2011/4/21

とりあえず着せる系ネタ  らくがきの楽屋裏
クリックすると元のサイズで表示します
大体それだけで終わってしまう今日のお話。鈴音です。

現状
コミ1関連で手が止まっていたため、それまで進めていたネタを思い出すのに一苦労です。
ギアが上がってこないとなかなか動けないみたいです。また取り戻していかないと……。
あとはコミスタとかちょっといじってますがあまり変わったような感じがしなくてなんとも…
どんなペン設定にすればいいのか、という時点ですでに詰んでいます。
SAIとコミスタの融合が出来ればいいんですけどねー
昔ケチってdebut(一番下のグレード)を買ったせいで地味に自由が効かなくて困ります。
上のグレードだとPSDファイル読み込めるんですよね?いいなあ……

あ、なんかひさびさにそれっぽいこと語ってる気がする。


web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

2011/4/18

我想うゆえに、想うだけで我あり  らくがきの楽屋裏
例によってGF発売でぱにぽに読んでとそんな感じなのです。
慣例化してきた「今月の一枚」と感想的な何かはまあまた後の話にするとして。
さらにジャイ子に新作、単行本!
楽しみな反面焦燥も覚えるのは、
きっともっと私も動かないといけないと心が叫んでいるのだと思うのでした。
コミ1関連であれこれやってて止まってた同人もまた再開していかねば…

といいつつ今回は新機軸!オリジナルキャラです。
クリックすると元のサイズで表示します


オリジナルキャラが新機軸ってなによ?
と思われる方もいるかもしれません。なにぶん二次創作浸かりっぱなしでなかなかオリジナルで動くことが無かったからです。
せっかくのオリジナルということで最近好みの要素を余すこと無くぶち込んだり、
そもそも脳内妄想から手が動かないことへの皮肉をキャラ設定に盛り込んだり。

「我思う故に我あり」
ですが、その思いも残さなければ、誰かに「我」は伝わりません。
可能であれば適切な形で、可能で無くてもなんとかして。
そんな皮肉に自分の願いを込めて描いてみたキャラなのでした。
とはいえ実は最初はただギャンをモチーフにした女の子ってテーマだけだったんですが。色だけじゃねーか!!

描いているうちにも動く彼女のイメージがそれこそ脳内プランとしてもりもり生えてきたり、
誰か描いて!!と言いたくなったりと
オリジナルのキャラに飽くなき愛情を注ぐ人たちの心が少しわかったのでしたとさ。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ