2012/2/20

ぱにぽに(15、16、17)と私  ○○と私
何事も、始まりがあれば終わりがあります。
本当は2011年内にまとめようとしていた○○と私シリーズも大詰め。
ぱにぽにの終盤を飾る三冊を私見とぐちゃぐちゃ文章でお送りします。
とはいえ、都度感想を書くようになった時期のものなのでそれと重複すると思います。


それではさっそく15巻。ここではしばしば「通常進行」としている、学園を描いたお話の総決算。
12巻や14巻を踏まえて、日常、行事、伏線、脱力。
ボリュームとバランスを揃えた一冊だと思うのです。
登場キャラのバランスもよく、また上級生の扱い方についても
サブキャラとして完成された感じになっている気がします。

十周年記念の時期に出る単行本ということで、なんとドラマCDが付いたのも嬉しかったです。
このドラマCDは『ぱにぽにだっしゅ!』キャストのもと
キャラの解釈を原作寄りに振りなおした、待ちに待っていた一枚。
久々に聞ける声が嬉しかったのです。紅白の色合いも眩しい記念の一冊になりました。
…通常版も初にして最後となったC組メンバー全員集合表紙。
もちろん押さえました。現在品薄ということを鑑みれば良い判断だったなーと。

最後がカラーページで締められることで、余韻を演出した一冊です。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、単行本としては15巻が十周年を飾る一冊になるのですが、
連載としては16巻がその時期にあたります。
十周年を控えて始まるショッピングモール「ムーンライトプラザ」を舞台にした
ぱにぽにのクライマックスを飾るイベント『テンペスト編』。

かなりの数のキャラクターが余すことなく登場し、それらの群像を演出しながら
二段構えの敵、そしてそれらとの決着までを描くというまさにクライマックス。

ムーンライトプラザ自体は実はちょっと前の巻からそれっぽい場所が出てきていたりして
あとで見つけて驚きました。
この巻で登場した水瀬伊織などのD組メンバーといい、
過去の要素を引き上げていくのはやっぱり魅力的です。

13巻で示唆され、15巻で明示された「レベッカ宮本の生きている世界」
この世界はその特異点、レベッカを中心とする一面があり、彼女の為に物事が動きます。
良しにつけ、悪しにつけ。
それこそ3巻や4巻で出てきたような謎がなんとここで明かされたりも。
K.A.R.R.やサレスタ・エルフェンリートなどちょっと前から準備されてきたキャラクターも
ここで本格的に登場。

また、その名を轟かせた「スパイシー大作戦の氷川へきる」としての総決算でもあると聞きます。
導入にかつて同人誌で展開した内容のセルフパロディが使われていて、
もし知っていたらそちらでもニヤリとできたのかもしれません。悔しい!

いつか見たものが息づく今がそこにあって、それらは嵐に巻き込まれ綾を成していくのでした。
これが、「レベッカ宮本を中心とした物語」としての『ぱにぽに』。


単行本には紙の色が違う描きおろしエピローグ掲載で、これがエンドロールとして機能していて
やっぱり余韻を感じられるいい一冊だったのです。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな絵とか描いたりしました。褒めていただけたのが本当に嬉しかったのです。



ここまでで大体まとまったレベッカ宮本の日常、物語。
じゃあ17巻はなんだろう? と思ったらそう
一冊まるまるエピローグだったのです。
イベント巻意外では珍しく続き物の修学旅行からはじまり、
卒業式で「これって…」と明確に予感し、そして初回版の記事ではっきりとした完結の報。
近い時期の出来事だけあって明確に思い出せます。

修学旅行、卒業式、なんかちょっと爽やか気味、夢オチ、眼鏡、果てはバッドエンドまで
いろんな最終回目白押し!

日常を得て、物語を経て、少し変わったレベッカ宮本――ベッキー。
新たに示唆された謎もあり、彼女や彼女達が中心の世界を見続けていたい気もしますが
ここで一応の完結を見たのでした。


単行本では初回版に音楽CDが付属。
ぱにぽにだっしゅ!最後のピースである、ベッキーが歌うOPが収録されているのです。
本編との連動もありこれまた素敵。


また、描きおろしではないものの連載版と同じカラーページでの締めくくり。
15、16巻と余韻のあるいいラストになっていたのですがここでオチが付き、
日常も物語もスピンオフやゲスト出演やあと色々もこなし、あくまでもギャグ漫画として在り続けたぱにぽにが印象づくラストカットでした。


以上、終盤三冊についての感想?でした。「と私」どこ行った。
この三冊は個人的に結びの三冊として一括りにしています。
ですが路線としては全部違うと思うのでタイトルが「15〜17」ではなくて「15、16、17」となっています。
正確に、どこから連載終了に向かって動いていたのかは判らないのですが、
少なくとも15巻からはクライマックスへの駆け出しが見え始めている気がします。

今の世の中、正解をお尋ねすることもさして難しくないことなのかもしれません。
けれど、推察するしかないからこそ映える世界もあるんじゃないかって思うのです。
それが当たるしろ、的はずれなものだとしても。


クリックすると元のサイズで表示します

11年の連載に幕は降りましたが、「NONFIX-ON」とある通り
彼女達の物語は、また、桃月という世界観はFIXせずに続いていくのでしょう。
これからも応援できたら、させて貰えたら嬉しいのです。




web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。






クリックすると元のサイズで表示します




2012/2/13

新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃんと私  ○○と私
今回は『新感覚癒し系魔法少女ベホイミちゃん』。
やっぱり一番印象深い作品です。


クリックすると元のサイズで表示します
画像は大昔のもの。

アニメ『ぱにぽにだっしゅ!』の熱冷めやらぬ時期に颯爽と登場した
月刊Gファンタジー、つまりぱにぽにと同誌でのぱにぽにスピンオフ。
タイトルにある通り主役はぱにぽにで登場していたベホイミ。
そして、そのベホイミの背中を見つめる役割を持ったもう一人のベホイミ。

ぱにぽに9巻収録の魔法少女復活のエピソードを前哨として
コスプレから科学の魔法少女にクラスチェンジしたベホイミが
侵略者と戦う、というまた新しい切り口から始まる作品。
ベホイミの軍属であった?という設定はあくまでもバックボーンに留め、
魔法少女として戦うベホイミに視点を絞って描いていくのが魅力の1つでした。

そして彼女を盛りたてるのが、もう一人のベホイミ、鈴原未来の存在。
非常に綺麗なキャラクター。穢れを知らず、また自らの魔法少女という役割に疑問を抱かないという様は
まさにベホイミのカウンターとして存在するキャラクターだと思うのです。

本物の姿に憧れたベホイミ。
本物の心に憧れるベホイミ。

そんな感じで作用しあうダブルベホイミの物語……ってさすがに妄想が凄いことに。
思い入れがあったり気合を入れたりするとから回るのはいつものことですね。MGOPWしかり。


ぱにぽにでは学園群像である関係もあってあんまり深くは描写されない登場人物の私生活の描写(ベホイミぐらいだけど)や
鈴原未来が桃月第三小学校5年2組という設定になり(というか外見がぱにぽに6巻登場のモブから採用されていたりして)、
ぱにぽに小学校編をフォローする要素もあるのが美味しいところです。


1巻ではその大半をドクロ仮面の姿で過ごすなどといった破天荒な展開をしたりしていました。
いよいよか?というすごい良い所で茶々が入ったり、
ベホイミが二人いるのが気に食わないという方と意見がぶつかりそうになったり。
色々ありました。
でもそれらを爆発させるベホイミ復活のエピソードは今でも鮮烈に心に残っているのです。

今現在、氷川へきる先生の作品のシナリオの着地点に対して
盲信と言っていいレベルの信頼を抱いているのですが、
やっぱりここのカタルシスが素晴らしかったからだと思うのです。


あと1巻初回版のおまけの偽設定資料集がまた凄いこだわりで、
しかもちゃんと「ベホイミちゃんのベホイミ」とか描かれていたりして
本当に動くところ見てみたかったなーとか思うのでした。


2巻では『変身』をテーマにダークベホイミや羊の呪い、男装、
麻生先生の魔法少女衣装、マーメイドプリンセス登場やその変身、
そしてぱにぽに4巻のスーパーベホイミの再登場などなど
ツボをつく展開が続くのです。

麻生先生の魔法少女衣装に歓喜したり、
ヒステリブラ初代同人誌のMGOで洗脳ちびベホっぽいものを描いたあとでダークベホイミが出てきてぐぬぬってなったり
マーメイドプリンセス魔法少女態は正式な呼び方が特に無いので『マーメイドプリンセス・ベホイミ』と呼んでいたり。



連載は2巻を最後に立ち消えになってしまったようでそれはちょっと残念ですが、
しかしその火は消えず、後に世界観が膨らんで続いていく、氷川へきる先生の魔法少女モノ。
その始まりとして存在した2つのかがり火なのでした。


座談の話が好きなのでPHASE2、15がお気に入りのエピソード。
キャンディポップナイトメア2話でまさかのセルフオマージュが見られて嬉しかったのです。



なんだかいつも以上に支離滅裂です。いつもこんなもんかも。
未来ちゃんCPNに出てこないかな!



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

続きを読む

2012/2/12

ぱにぽに(11〜12および14)と私   ○○と私
本当は去年中にまとめようとおもっていたつらつら文章。
今回はぱにぽに後半について。
13巻のみ別枠でまとめているため11、12、14巻辺りになります。

あくまでも自分の中でこうくくろうと思ったことをまとめているので
正解を求める解釈や
マンガマイスターを気取ったレビューとかではないのです。
あくまでこれからの為の備忘録として。

クリックすると元のサイズで表示します

1〜6巻で基盤を固め、7〜10巻で拡張を施し、
そして『ベホイミちゃん』でのスピンオフとして新たな世界を見せた後に
戻ってきた『ぱにぽに』。

この辺りはそうして出揃った要素から組み直した、言うなれば再起動。
『ベホイミちゃん』連載中、結構な期間の休載があったりして
ある意味文字通りの再起動となるのではないかと思うのです。
ベホイミちゃん最終話ラストから直接つながるエピソードもあったりして。

ここからは1年C組や1年勢に視点を絞りなおしたお話が増えたように感じられます。
もちろん以前からも無いわけではないのですが、
腰を据えた感じがするというか。
特に12巻はある意味での理想形を感じるバランスの良さで、
原作者オススメの一冊として紹介されていました。
ただ12巻から読み始めるとオチがアレなのですが。
で、てんやわんやの13巻(別記)を経て14巻はさらに通常進行。またまた安定しています。


後半の中継ぎとして存在感のある、
そして「レベッカ宮本を中心とした日常モノ」としての『ぱにぽに』を描くのに必須とも言える
メインに視点を据えた通常進行の三冊。

ちなみに好きなお話は176話や181話、139話あたり。



この時期と思い出といえばやっぱり11巻発売時のサイン会。
マーメイドプリンセスを描いてもらおうとしたのもいい思い出です。
先方としてはたまったものじゃない気もしますが。いやホントすいません。
あとベホイミちゃん単行本にサインしてもらおうとしたり。こっちは失敗に終わってます。
いやぱにぽにと一緒に平置きしてあったしサイン会の対象商品じゃないの?って…うん…すいません。
あと横にいた人に「あっ10巻付録の……」 これはいいや。


思えばあれから。色々なことが自分の中で動き出しました。





web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

2011/12/27

ぱにぽに(7〜10)と私  ○○と私
私見たっぷりで書くこのシリーズ。今回はアニメ時期からしばらくの『ぱにぽに』について。

クリックすると元のサイズで表示します
胸が通常リボンのエリタンって久しぶりに描いたかもしれません。
MGOPWでは前編通してリボンが違うけど作画ミスや思い込みじゃないんですよ!

私の始まりの時期にあたるものなので、思い入れは強いです。
私の感覚を煮詰めたのも、やっぱりこの時期の原作を見ているからだったのだと思います。


キャラクターの性格が拡張され、くるみは諦めたキャラとしての魅力がより引き出され、
成長しやや丸くなった番長上原都も合流、姫子も馬鹿キャラ一辺倒ではない部分が見えるようになってきたり。


そして勿論、上級生キャラクターにスポットが当たるようになってきたことです。
私を支えた部分ですのでこのへんは外せませんし、強く取り上げたい部分だったりします。
……とは言ってもこの時期に追加されてるのは委員長委員会の瀬奈、朝比奈、大森、天堂など、実はあまり多くなかったりします。
映研や演劇部絡みの藤宮、高見沢、麻生、篠原、高瀬やらはそれ以前に登場していたりしますね。
そんな彼女達も、じわじわと存在感を示してきたり。
特に朝比奈は以降最終巻まで少し多めに役割を貰っていたりして、
上級生サイドの代表とも言える扱いになっていきます。

麻生先生の再登場も9巻であったり。体型が変わっていたり。どえらいことに。



勿論それだけではなくて、C組や他一年のパートも多くあります。
D組に的を絞った回も。とにかく視野を広げようという感覚を感じていたのです。

『だっしゅ!』や6巻までのイメージを拡張するためにあったのがこの時期の巻というのが
私の考え方で、
この時期からハマったからこそ、今の感覚があります。

その感覚こそが、『群像としてのぱにぽに』。

最終巻で判明する「Panic pony」、学校で大騒ぎする虎の巻。
ここに繋がる1つの要素として欠かすことの出来ない、拡張された世界。




web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。

2011/12/23

ぱにぽに(1〜6)と私  ○○と私
これはまだ、私が出会う前のお話。

ぱにぽに1〜6巻。
1巻はなにかの売上で一位に輝くなど、鮮烈にデビューを飾ったと聞きます。

私が惹きこまれたのもやっぱり1巻や2巻からだったりして、
その作品が持つパワーは後発でも感じ取れるほどの本物であったと思うのです。
そして3巻、4巻、5巻…脇を固め世界を広げ、発展していく『ぱにぽに』。
このあたりで出てきた爆弾騒ぎやトラック、宇宙人と柏木姉妹、
そしてスーパーベホイミなどが後に花開くことになったりしたり。
『まろまゆ』とのリンクネタも盛んで、過去にも書きましたがこここそライブで味わいたかったと思うのです。

各巻の見せ場がはっきりしてくるのもこのあたりからで、
巻ごとのクライマックスを演出する構成としてのぱにぽにも強く意識できるようになってきたり。
5巻のくるみとかマジかっこいいと思うのです。

そして初のイベント巻である6巻。
落下地点を明確にした一巻まるまるイベントの巻は、
ライブであれば困惑もあったのだろうなと思うのです。13巻の様に。
さらに世界が広まり、そして「落とし所」へのカタルシスを演出する。
ここで1つのぱにぽに像が完成し、受け入れられ、そしてアニメ「ぱにぽにだっしゅ!」が動き出す。

………


……の?
いや、当時のこと知らないからタイムテーブルよくわからないんです。憶測です。
ハマる前のファーストコンタクトがだっしゅ!仕様のベッキーが舌を出してる表紙で
『宇宙賃貸サルガッ荘』がまさにクライマックスだったGFでしたしね。
そういえば昔付き合いのあった人の家にも、やたら目立つ黄色の本があったなあ……
あの時点で読んでおけばアニメ時期よりもうちょっと早くハマれたのかと思うとちょっと悔しいです。

ともあれ、後で見た私がそんな「流れ」を感じられるのが6巻までのぱにぽに。
後期を好む印象は強いですが、間違いなく私のスタートもここにありました。



そんなわけで10月かそこらにちょっと書いて放置していた「〜と私」シリーズ再スタートです。
年末に向けて一気に書いていきます。需要?私にあります。
私見で好き勝手に書きますのでご容赦をば。

クリックすると元のサイズで表示します
ここまでのMVPといえば芹沢とこの人。C組に続くレベルで動いていた気がします。



web拍手。簡単なメッセージはこちらへ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ