2011/10/16  13:31

高島学区敬老会  

平成23年度「高島学区敬老会」高島小学校体育館で午前10時開会に出席する。
式次第、開会の挨拶、記念品贈呈、来賓祝辞等の挨拶終了後

「健康づくりの三本の柱」として、健康は、人から与えられるものでは無く、自分で作っていくもので、健康づくりは、栄養・運動・休養の三本の柱から成り立っており、日常生活を振り返り、三本の柱について考えましょう、そして高齢期では、それぞれの柱の質とバランスが大切との教えがある。

此の三本の柱の「適度の運動」安全で楽しい運動継続の工夫と運動を通して仲間つくりとつまずき、転倒の防止等

「バランスのとれた栄養」朝食を抜かず、三食きちんと腹八分目、量より質、塩分の摂り過ぎを注意し、カルシウム、ビタミンを十分に。

「ゆったりとした休養」規則正しい生活をし、ゴロゴロしないで十分な睡眠をとる

10時半頃より、各演芸が始まる。

1番に 詩吟の「長寿之詩」今田愛子さん
2番に 舞踊「一天」岡田昌子さん、この方は91歳だが、長年踊リをされているので背筋    もピント伸びとても年には見えない


クリックすると元のサイズで表示します


3番目にハーモニカ演奏 目黒石三さん、この方は95歳である童謡の「くつがなる」他2    曲演奏
4番目は、高島幼稚園の高学年による「唄と踊り」を披露

クリックすると元のサイズで表示します


5番目に 民謡 高島公民館教室の有志による「下津井節」他4曲
     此の「下津井節」は岡山県児島下津井で全国大会が毎年開催されています。

クリックすると元のサイズで表示します


6番目は、高島小学校生徒の有志で、踊り「うらじゃ」

クリックすると元のサイズで表示します


此の「うらじゃ」は、夏のおかやま祭りの時、1団体何人で何10組もの出場者で、顔は鬼   のメ―クをし踊りを競い選考結果で優越を決め、賞品が出るとか出ないとか「?」

7番目は「銭太鼓」

8番目に 「わらべうた」
     先ず右手を出し、パーの状態で「5」此の状態で、きびだん5と「3回」、次に     両手で右手は4、左手は1で、きびだん5。「3回」次に右手は3で左手は2で、     きびだん5。「3回」次に右手は2、左手3で、きびだん5。「3回」右手1      で、左手4で、きびだん5.「3回」此の状態でいくと次は右手を親指と人差し指     で丸を作り左手でパーの5を作ると思うが、実はそうではない、両手でパーをし     て、きびまん10と唄いのである「笑」
     この歌岡山の桃太郎のきび団子からヒントを得たもの。

9番は  津島伴枝さんによる「舞踊」

10番は高島中学校の吹奏楽部12名の有志による演奏


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


11番目 有志による踊り「安来節」 12番 すず心傘踊り 13番総踊り「炭鉱節」で演芸は終わりであったが、12時を過ぎ用事も有り、勝手をし帰宅する。

今日の高島学区での敬老出席者数約350名であった。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ