2012/9/9  16:41

今日は何の日  

9月9日は「救急の日」です
「菊の節句」「重陽の節句」
奇数は陽の数であり、陽数の極である。9が重なる事から「重陽」と呼ばれる。
陽の極が2っ重なる事から大変目出度い日とされた。邪気を払い長寿を願って、菊の花を飾ったり酒を酌み交わして祝ったりしていた。

厚生省「現在の厚生労働省」が1982年に制定する。
きゅう「9」きゅう「9」の語呂合わせで救急義務や救急医療について、一般の理解と認識を深め、救急医療機関係者の士気を高める日とした。

「世界の占いの日」
日本占術協会が、1999年に制定する。
この日が「重陽の節句」であること、ノストルダムスの終末の予言の日は、1999年9月9日とされていた事で制定された。

199年9月9日の数字を全部合計すると46で、46の2っの数字を足せば10になり完成を物語る数である。明治4年9月9日に時間の数え方を西洋式に改め、この日が「救急の日」で、占いは運命の救急で有る事からである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ