2007/8/27  7:56

健康と食事  

「酒は百薬の長」、昨日の続き、欧米では食前酒で「アペリチフ」、中国料理で「キンモクセイのリキュール、日本でも最近食前酒として梅酒を出す店が増えてきた、適度のアルコール飲料は、「HDL]と呼ばれる「善玉コレストロール」を増加させる働きがある、

「HDL]とは、高比重コレストロールと呼ばれるもので、コレストロールと蛋白質の結合した物で、蛋白質の比率が高い、

「HDL]は血管壁に付着している余分なコレストロールを肝臓へ持ち帰る働きがあり、
「HDL]の高い人は動脈硬化になりにくいと判明している、
日頃運動を十分にし、蛋白質の摂取が十分な人は「HDL」が高い傾向がある、だがストレス等が加わると値がさがる傾向があるが、適度のアルコールを飲めば、上昇する、

アルコール飲料の暴飲は血圧を上昇させるから、くれぐれも深酒には注意し、適度な飲み方を心がける様にしたいもの。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ