2007/3/4  15:41

後楽園祭  

絵を描きながら何時もラジオを聞き、鉛筆を走らせているが、

今朝ラジオ山陽で井上いつのりさんの「いつのりのそこまで」を10時より放送中「岡山弁」を交えユーモアたっぷりの会話で何時も楽しませて頂ける。

放送の中で「後楽園祭」と琴の演奏が11時半頃からあるのを知る、
昼食には早い時間ではあるが昨夜家内が作った、鮭寿司を頂戴し陽気に誘われ早々に出向く、

睦森恵子さんの「琴」、睦森氏の「尺八とマラカス」今川正則氏の「キーボード」で「トリオ」演奏、曲は「涙そうそう」ほか5曲演奏、後楽園の雰囲気に合い優雅な時間を過ごす、
最後に倉敷少女合唱団の歌声など、後、

「鶴鳴館」の中に展示している「お雛様」を
この雛は「復元版」ではあるが「日本最大級の雛人形」で「京保雛」2−3歳の子供の大きさほど、 その後は、園内を散策南門まわりで梅林を通り茶畑から五十三次腰掛茶屋の前を、

以前は茶屋の前で鯉が沢山いたのに「コイヘルペス」の為、鯉がいないのが寂しい限りである、当時鯉の中に「ゴールド」の人面魚がいたのに、残念。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ