2007/10/31  18:58

釣り「フグとガザミ」  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


今日は運転免許の更新手続きと思っていたら、朝「釣りバカ日誌」ならぬモーさんより釣行の連絡、早速出かけるも干潮が22pと船が出ず、結局10時ごろ西幸西を出港、
最初はフグの当りが無く,ガザミ「渡りが二」を4枚「雄」その後はフグがボツボツの釣果「19匹」

左から2、3枚目の写真、
上が「白サバフグ」 下が「ショウサイフグ」
19匹の内「白サバフグ」が17匹、「白サバフグ」フグの中ではまったく無毒で知られている,暖海に広く分布しており「庶民のフグ」として人気が有りスーパー等で販売されているが、身は「トラフグ」よりは柔らかい、

「ショウサイフグ」は,美濃、尾張「身の終わり」に引っ掛けて呼ばれる、岡山地方で名では「ナゴヤフグ」とも呼ばれているが、実際には実在しないフグ名だそうだ、また、福岡、山口では「ショウサイフグ、ナシフグ」愛媛「カナフグ」広島「ショウサイフグ」東京「ヒガンフグ,ムシフグ」兵庫「ヒガンフグ」など、ナゴヤフグの呼び名は地方によって異なる、

共通しているのは、身は弱毒、内蔵が猛毒という事である、
面白いことに「フグ」の食べ方の数え歌がある、
@=一番美味い皮と内蔵「味がいいのは皮、白子、腸」
A=二度と食べまいふぐの肝「アンコの肝より美味いけど、命がけで食う事も無い」
B=サバフグ世に出たまずいフグ「最近スーパーあたりで売ってるが、昔は漁師が海に捨   て」
C=素人調理は怪我のもと「絶対駄目」
D=何時見ても見事な出来栄えフグのはち盛り「目で味わえる」
E=ロクに知らんで身ばかり食うバカ「骨、頭,味噌汁に入れると良いダシが出る」
F=ヒレ酒一杯、ふぐ刺し一番「刺身にヒレ酒」
G=やっぱりフグは関門、北九州、
H=国で作ろう調理師免許制度。
I=とうとうフグは味覚の王様、
フグを愛する人ならではの「通」ぶりと中毒事故防止の文句が並ぶ。

0

2007/10/28  9:39

健康と食材  

カロテンを含み栄養価高い「柿」今が旬、くっきりとした青空をバックに、柿が枝一杯に赤い実を付けている光景は,秋の心和む風景である、

柿にも「西条柿」「庄内柿」「おけさ柿」「太秋柿」「富有柿」「次郎柿」「たねなし柿」「紀の川柿」と多種多様、
「紀ノ川柿」は「たななし柿」を樹上で脱渋し成熟させ、手間隙を掛けた拘りの柿である、

ところで、「柿」は、かっては自然の大切な甘味料、「柿」を使った菓子の一つで,岐阜の柿羊羹等は素朴な甘味で美味しい、大垣という地名も、もともと柿が多かったので「大柿」を捩り現在の「大垣」としたと聞く、

さて、「柿」のもつ栄養素は大変優れて、まず、多いのが「ビタミンC]「柿」を一個食べれば、一日に必要とされる「ビタミンC]が摂れるそうだ、今話題の「ベータ、カロテン」が豊富

「甘柿」等は,100グラム当り「ビタミンA]効力に換算して、「β、カロテン」は65iu「国際単位の略、効力を表す」も含まれていて、「ビタミンA,C]とも酸化防止作用が強いので、体内で脂肪酸が酸化し「老化や発ガン」に繋がるのを予防してくれると言われている、

この他、「柿」には「カリウム」が多く、また、不足しがちな食物繊維も大変豊富で、特に干し柿は、一回に食べる食品から摂れる食物繊維の量は、食品の中でも「トップ」だそうである、

また、以前ブログに書いた事があるが、「柿」には「タンニン系」の物質が有り、「ガン」の予防に役立つとも言われている、

最後に、「柿」を食べると酔いが醒めるとも言われているが、「カリウム」が多いので、尿の排泄が促され、アルコールが早く出てしまうからである。
0

2007/10/24  8:43

食材「マツタケ」  

クリックすると元のサイズで表示します






娘婿の実家から初物の松茸を戴いた、毎年、山を落札、今年は猛暑の為不作と思いきや思わぬ収穫だったそうで、早速送って頂く、

今夜は焼き松茸でもしてご相伴にと思っている、
近年は松茸は高級品となり、欲しくとも中々手が出ない、お蔭さまで毎年戴いているので味覚は楽しんでいる、

拙が子供の頃は祖父母に連れられよく熊山山に茸を採りに弁当持ちで入ったもの、当時は収穫も松茸,もとよせ「千本茸はT箇所見つけると昔のドンゴロス袋に一杯に約1〜2キロの収穫」、じい茸等、沢山取れていたが、最近はじい茸もままならないほど取れない、このじい茸醤油汁で戴くと大変珍味で、よくご飯にお茶浸け代わり掛けて食したものだ

年々上昇する地球温暖化の現象か?、不作年が多い為に値段も高騰の限りである、

0

2007/10/23  10:09

蘭「look,leatam]  

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します






年々温暖化されている地球、温暖化のせいか、栽培の方法が良かったのか定かではないが、

今年は非常に調子がよく左側の写真の左の花は最初5月10日に初花をつけてから現在までにもう15の花を付けて、半年以上も咲き続けている、

中央と右は今年新芽が出た分だが、これにも花芽を二つ付け開花している、通常は新芽を付けた年は一年後の春に、花芽が出て9月〜10月頃から開花し約半年は開花していた、

今年は新芽が出てから直に開花し一年中楽しませてくれているが、反面気持ちが悪い、

今年2本の新芽が出たのにも関わらず、またもや右の写真で右に細長い新芽が出て来て、これも来年1月〜2月頃にはひょっとして開花するかも知れない、まか不思議な事もあるものと毎日観賞している。

0

2007/10/21  16:11

高齢者の医療費負担  

2008年4月より予定されていた高齢者の医療費負担増が凍結、2006年に成立した医療制度改革関連法で負担増は決定していたが、今夏の参議院大敗を受けた自民党総裁選で福田康夫氏が凍結を選挙公約したことにより70〜74歳は一年間の凍結、我々にとっては短期間ではあるが有難い、

凍結の対象は、現在、70歳以上の窓口負担は、夫婦の場合、年収が現役並みの520万円「単身は383万円」以上は3割負担、年収がそれ未満の人は1割、一割負担の74歳以下の人に限って2割に引上げる事が決定していた、これが一年先送りとなったのである、

他には、2008年4月には75歳以上が加入する後期高齢者医療制度も創設、加入者一人一人が保険料負担、会社員の子供に扶養されている人に新規に保険料納付が義務付けられる
が、こちらは半年先送りになる見通しだ、

個人的に理不尽と感じている、介護保険料、年金を削減その上介護保険の強制天引き、介護保険は将来介護を希望する方々が納入し、任意保険としてもらいたいもの決定したものを愚痴っても仕方ないが、どうも納得がいかない、

例えば、健康保険料を全国に健康保養所を何十億という費用を掛け40数軒を建築、現在何軒が利用されているか殆んどが倒産、なかには何十億の費用を掛けた建物を何千万で売却、第三セクターの人がしても駄目だ、何故なら危機感の無いお日様西々の方がしても駄目という事、倉敷のチボリ公園もその一角、

この保険料を有意義にしていれば、切迫する事も無かったのでは?
0

2007/10/20  11:59

健康と管理  

此処2、3年風邪を引く事が無かったのが16日の夕方喉が痛く感じ直に塩水で嗽、通常はこれで風邪を回避していたが今回は残念ながら、引いてしまった、

翌日17日の早朝7時にイイ蛸釣にと誘いが有り、ひょっとして潮風に遭うと風邪も治るかなと安易な気持ちで出かける、

釣果はイイ蛸60匹、釣果はまずまずだが、夕方より38度の高熱、家内がDr,さとう先生で風邪薬を戴いていたので早速[PLgrain]{熱、鼻水などの風邪の症状を直す薬}を飲むも効き目無し

T8日は起きたり寝たりで一日を過ごしてしまった、19日も熱が下がらず、Dr,さとう先生に、薬もジスロマック錠「抗生物質で感染症を治療」PL粒,カフコデN錠[咳を鎮める」、ノイエル錠「胃炎や胃潰瘍の症状を改善」イソジンガ-グル「うがい薬」と5種類戴く、

今夜「19日」はギター教室の日、夕方までには完治したいと願ったが熱も37度5分と,休教室は出来ず出向くもボーとしていた様だ、生徒の皆さんも気を使って下さり9時前に授業の打ち切りをさせていただく、日頃健康には気をつけてはいるが、今後も益々健康管理に精進しなくてはいけないと切に感じる、
0

2007/10/16  8:52

健康と医学  

渋みの「タンニン」、「タンニン」は非常に酸化しやすい性質で、熱湯や空気に触れることにより容易に「タンニン酸」に変化し、タンパクを凝固させる働きが有る、新谷弘実先生の仮説にによれば、こうしたお茶に含まれる「タンニン酸」が胃粘膜に悪い影響を及ぼし、胃相を悪くしている、

「タンニン」を多く含むお茶として、「緑茶、中国茶、紅茶、コーヒー、どくだみ茶、杜仲茶」を常飲している人は、粘膜が薄くなる萎縮性変化が起きており、慢性の萎縮性変化、萎縮性胃炎は、胃ガンになりやすい事が判っている、

又、お茶がもたらす危険はこれだけでなく、現在市販されているお茶も栽培過程で農薬が使用されている事も確か,要はお茶を水代わりに飲むのは、余り好ましくないという事か、

この本を読んでの感想として、もしもお茶が好きな方は、無農薬栽培の茶葉を使い、胃粘膜に負担の懸からないように空腹時は避けて食後に飲む,一日2,3杯程度にする、

結論としては、一つの場所でよい働きをする成分が含まれているからといって、其れが体全体にとって良いとは限らない、

「木を見て森を見ず」のように食べ物も含まれる一つの成分を見て、身体に良いとか悪いとかの決断することは出来ない。
0

2007/10/15  14:58

健康と医学  

10月6日のブログに友人から借りた、新谷弘実著書「病気にならない生き方」の本の文章の中に「流行の健康法は嘘がいっぱい」と言うタイトルで書かれていた、

拙も日頃、健康の維持、増進の為に、普段心がけて定期的な運動、サプリメントや漢方薬、食事内容に気をつかっているつもりだが、

この著書には一般的に健康に良いといわれているものの中に、実際に害を及ぼす事が過大評価される事が含まれているそうだ、特に「食」に関する健康法には,反って健康を損なう危険を含んでいるものが少なくないそうだ、

例えば次のような健康法を信じて実践していませんか?
@ 腸の為に毎日ヨーグルトを食す
A カルシウム不足にならないよう、毎日牛乳を飲む
B 果物は太りやすいので控え、ビタミンはサプリメントで摂取
C 太り過ぎないように、ご飯やパンなどの炭水化物はなるべく控える
D 高タンパク,低カロリーの食事を心がける
E 水分はカテキンの豊富な日本茶
F 水道水は残留塩素を抜く為に、一度沸騰させて飲む
これらは一般的に「健康に良い」と言われていますね、だがこの本には、これらはすべて胃相・腸相を悪くする「間違った健康法」と記されている、

先生の経験から、毎日ヨーグルトを食べているという人で、良い腸相の持ち主に会ったことがないそうである、

また、アメリカの人の大半は毎日沢山の牛乳を飲みますが、非常に多くの人が骨粗鬆症に悩まされているそうだ、そしてカテキンの豊富なお茶を毎日飲んでいる日本人は、とても悪い胃相をし、お茶の先生等は仕事で大量のお茶を飲んでいる人には、胃がんの前駆症状ともいえる萎縮性胃炎を起こしている人が少なくないそうです、

胃相、腸相の悪い人に健康な人はいません、確かにそうかも知れませんが、先生の云われる胃相、腸相を悪くするものが、何故健康に良いともてはやされるのか、其れはその植物に含まれる一つの成分の効能しか見ていないからだと書かれている、

お茶の緑茶に多く含まれる「カテキン」、殺菌効果、抗酸化作用が有ります、このような事は我々凡人でも存じている、日本茶を沢山飲んでいれば長生き、ガンの予防に繋がると思っていた、先に触れた「お茶を沢山飲む習慣がある人の胃相は悪い」という臨床データ-が出ているそうである、

お茶に含まれる「カテキン」が、抗酸化作用をもつ「ポリフェノール」の一種、その「カテキン」はいくつか結合すると、皆さんご存知の「タンニン」に、この「タンニン」は植物が持つ「渋み」柿の「渋み」がそうですね、「タンニン」については明日に
0

2007/10/13  7:59

音楽「編曲」  

昨夜は高島公民館にて「ギター教室」来年の2月末に年一度の公民館祭り、

水森かおりの「熊野古道」をこの発表会に演奏したいと、生徒の希望によりカラオケからコピー、ギター演奏用の譜面に、inC,oburi,rhythm,隊と3クラスに分けて作成する、

昨夜はinC隊の練習を試みたがまずまずの出来、発表会には十分な日数があり完成出来るだろう、

今日は朝8時半より12時まで「ピアノレッスン」日、子供6人小学1年〜中学2年までだが、やはり音楽の好きな子、感性のある子との差は歴然、当然弾けない子の方に力が入る、

今のところはプロを目指している分けではないが、教える者として楽しみもある、
0

2007/10/12  8:39

観戦「ボクシング」  

昨夜内藤大助と亀田大毅のWBCフライ級タイトルマッチ12回戦がPM7時から約2時間の予定でテレビ放送があった、

拙の予想では7対3で内藤有利と観ていたが予想どうり、内容も経験豊富な内藤にガードを固めて前に出るものの手数が出ず打たれ放題、

試合前の亀田の悪口,雑言「ゴキブリ」、返って内藤に発奮させる羽目に成ってしまった様な感じ、試合中も悪戯な態度をとり、相手を挑発するのも一つの戦略かも知れないが人を馬鹿にする態度は辞めて、スポーツはマナーを守り堂々と戦って欲しいもの、

試合もWBCの規定による4回、8回のジャジの採点の発表では7ポイントの差、残りの4ラウンドでノックアウトしなくては勝てない亀田、

最終回の12ラウンドではレスリング紛いの抱きかかえて内藤を投げ出す始末で減点3、ボクシングのテレビ放送の折は毎回観るが今回の様なレスリング紛いを見たのは初めてだ、

結果は内藤大助「33歳」の最年長防衛であった、

亀田もまだ18歳今後は心身ともに鍛えて次回の世界挑戦に頑張ってもらいたいもの
0

2007/10/10  8:45

同窓会  

第一回目の小学校の同窓会、昭和24年に卒業、58年の月日が流れ年をとったもの、

昨年古希の祝賀の折、中学の同窓会を兼ねて開催したので、遠距離の方の招喚をせず近隣の方だけでの開催、小学校のクラスメートは2クラス53名、内16名[男5人」「女11人」の出席、この年になると物故者も増え「男11人」「女2人」と、長寿と生った現代でも女性と比べて男性の短命が分かる、

会は同窓会と云うより懇親会、場所も割烹「新まつや」にて午前11時半から約2時間半の宴会、幼稚園時代から小学校時代の思い出に会話も弾む、今後は題目を懇親会とし、多数意見で年1回の催す事にし散会する、
0

2007/10/9  22:07

健康と音楽  

家内は三ヶ月前に高島公民館、高島グランドゴルフに入会した、今日はこの会の、三朝温泉ツアーの旅に朝は8時半高島公民館に集合、

聞くところによるとグランドゴルフ発祥の地である、「潮風の丘とまりグランドゴルフ場」にて開催、夕刻三朝温泉「三楽荘」に宿泊、

二日目は「白兎グランドゴルフ場」にてゴルフ後は、鳥取賀露港に立ち寄り,道の駅,彩菜茶屋「林野」にて小休憩、五時ごろに帰宅予定だ、

拙ものんびりと羽を伸ばしながら、バンド仲間に頼まれていたモダンジャズの曲「Moanin」をベースのフイチャ-でアレンジ、今夜は高島公民館で夕方の6時からの練習日なので書き上げる、

月一度の練習、何時ものように直に演奏が出来る、皆さん、昔摂った器で、平均年齢70歳とは思えない演奏、でも本人は認知症予防の為にと心掛けている、当然好きな音楽、
予定日には必ず参加をして下さり、又来月を楽しみに、11月は13日「火」に予約を公民館にお願いした。
0

2007/10/8  14:17

追善供養  

今日は義兄の追善供養3回忌法事10時より中井の自宅にて天台宗浄土寺副住職の枝川円晋和尚により荘厳な観請から初まり御経、お題目と進んで、お題目の時皆焼香、約40分の行法が済むと御法中から追善の意義についての話が有りました、

人は死後冥界において十三人の王に十三回、生前の罪が裁かれるといいます、

最初の審判が亡くなって七日めの初七日そして順次七日毎に、四十九日さらに百箇日、一周忌、三回忌、そして三十三回忌まで続き十三回の審判が行われる、

この審判では現世の遺族達が行う供養の内容も、重要な裁判資料となるため、残された家族、友人、知人が集まり死者の生前の善行を報告、罪の軽減を祈り、極楽往生をお願いし、残された私達が故人に代わり善行を積み、その善行を故人の方に振り向けて戴く為に仏さまにお願いする、この善行のことを「追善供養」もしくは「追善法要」という、

そして三十三回忌天台宗では「虚空蔵菩薩」三十三回忌をもって「弔い上げ」とか「弔い切り」と称し、年忌の仏事の最終回とする、これまでは「仏さま」と呼ばれて祀られていた死者は,これ以降「ご先祖さま」と呼ばれるようになるそうです、要するに「家の守り神」

「仏が神になる」奇妙な感じですが、一族の始祖は「氏神さま」と呼ばれ、先祖になる節目の儀式が「三十三回忌」これで供養しなくともいいのではなく、これからようやく「先祖供養」の始まりだと考えて下さいとの話であった。

今日は意義のある話しを聞いた、

行法後、和気町河本まで墓前に参り、割烹「杉もと」にて食事、皆さんビールの欲しいところではあるが車の為飲酒も出来ず、岡山の我が家に着いたのが午後三時半「水戸黄門」を見ながら水割り一杯
0

2007/10/6  12:37

健康と医学  

今日友人のKさんにお借りした本、「病気にならない生き方」一部、二部
著書は新谷弘美「米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授」でニューヨークに在住、

米国ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医「世界で初めて」新谷式と呼ばれる大腸内視鏡の挿入法を考案し、開腹手術する事無く大腸内視鏡によるポリープ切除に成功、
医学界に大きく貢献し、日米でおよそ30万例の以上の胃腸内視鏡検査と9万例以上のポリープ切除術を行っている。

1935年福岡県生まれ順天堂大学医学部卒後、渡米し、胃腸内視鏡学のパイオニアとして活躍、

一部ではミラクル、エンザイムについてエンザイム「酵素」とは、生物の細胞内で作られる蛋白質の触媒の総称で、食物でも動物でも、生命があるところには必ず「エンザイム」が存在する、

二部では人間の身体は本来、「病気にならないように出来ている」
病気にならないように本来、何重もの防御システムや免疫システムに守られている、先天的な問題が無く、過度に不自然なことさえしなければ、多少の事があっても病気にならないはず、多くの人は、人間にとって何が良い食べ物で、何が良くない食べ物なのか知らない為に病気になってしまっている、以上の様な件に付いて書かれている、
クリックすると元のサイズで表示します

0

2007/10/3  8:18

釣り「フグ&イイ蛸」  

今朝、釣り仲間のMさんから連絡あり「フグ」「イイ蛸」釣りに10時頃より出かける、
今日の潮は小潮で干潮が午前9時頃、西幸西に係留している船が出港出来無い為、ようやく満ちに懸かったのが10時半過ぎ、豊島沖を目指し出港、釣り場に着くもフグの当りなし,この釣り場を早々に諦め,日比沖の大槌島まで約20分の距離、大槌島と言えば拙が6Bの鉛筆で描いた、「燈台をバックに大槌島を」大槌島の手前が赤燈台、沖が緑の燈台、この緑の燈台の沖でのフグ釣り、だが潮の流れはあるもののあたりは無し、個の場所も諦め,帰省中に直島を過ぎた井島沖で釣るも全然あたりが無く、今日はフグの顔も見ず、フグはボーズ

2時半頃豊島沖に帰り、急遽「イイ蛸」釣りに変更約1時間の釣りで81匹の釣果、港に帰港したのが4時、「イイ蛸」はまずまずだが「フグ」はボーズで気分は半々、くたびれる日であった、娘二人にもお裾分け、今夜の晩酌はイイ蛸の煮付けで一杯だ・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

今日の釣果

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ