2008/5/31  12:07

植物 「蘭」  

昨年の4月頃から咲きはじめた「エチオピア国花」「look,leatam」冬の時期は開花もスローペースで咲いていたが、陽気がよくなり次第に活発な開花をしている、

一年を通して花芽を見せてくれるのは,戴いてからは初めてだ、この調子で行くと今年一年もひょっとして開花を楽しめるかもしれない。

写真の右側は昨年新芽を出しツルが伸びて花芽を出し始めた、また左には新芽を出し来年に備えている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


今は老夫婦だけで部屋の空いた1室を拙の書斎にして絵画活動等にして居るが、この蘭唯一の癒しである。
0

2008/5/28  14:10

絵画「岡山駅南地下道」  

南地下道に展示していた絵画、6月4日の搬出には行けない為、今日の搬出と成る、
ガラスケース内に展示の為、市民局文化振興課の担当の方に鍵を開けて頂き搬出、

毎月岡山市秘書広報室発行する、「市民のひろば、おかやま」6月号に「岡山駅南地下道内アートロード美術館」に出展者の募集が掲載されている。

初回展示期間、7月9日〜8月6日の{次回以降は1ヶ月の展示期間}で今後は随時募集をしていく様だ。

申し込みは「愛すべき芸術家たちのアート美術館」高畠まで、286−264−6080

昨日27日山陽放送テレビ局が取材、6月29日の「イブニング、DON,DON」でPM4時10分頃放映する。
0

2008/5/26  10:29

釣り「コウイカ」  

モーさんからコウイカ釣りの誘いがあったが用事があり断る、コウイカもそろそろシーズンOFFなので行きたかったが残念、

夕方釣果の程を聞くとやはり釣果なし,コウイカを諦めて大蛸を3バイ釣れたそうである。
今後はママカリ、ススキ、などがシーズン、夏場はから10月頃までフグの釣りである。

フグはトラフグ、ショウサイフグ、白サバフグなどでふぐ刺し、ちり鍋などで食す。
0

2008/5/25  8:16

絵画「神戸」  

神戸「波止場町YEN×TEN」の絵画搬出に同行する次女宅へ8時に迎えに、国道2号線〜阪神高速3号線を経由し10時に到着、11時開館の為、時間潰しに近郊を散策する、折しもメリケンパークに「海王丸」が接岸していた。

「海王丸」と言えば帆を張った姿が「海の貴婦人」と称される帆船である。5月17日に
岡山県玉野市で[海・港・船」をテーマに「たまの港フェスティバル」が宇野港一帯で開幕されて来場者の視線を集めた船である。

「海王丸」は独立行政法人航海訓練所に所属する帆船である。最終日には乗組員のセイルドリルなども行われた。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


前日当会場に来て下さった、中学時代の同級生{彼女}にお礼方々TEL、当日搬出に行きますと連絡したところ、娘さんと同伴で来場、昨年の同窓会以来である、話も弾み楽しい一時を、彼女も油彩画、水彩画と嗜み画の方もプロ並である。
又娘さんは1週間ほど前にドイツから帰国、されたそうで1年の内、半年近くドイツに滞在されて居るそうだ、以前絵画用にと街中が世界遺産のバンバルグとローデンブルグの風景写真を沢山戴いた。

PM1時に「波止場町TEN×TEN」を出て、一つ返事で同伴すると言った娘の狙い場所、神戸市垂水区にある神戸で唯一の本格アウトレットモールへ。国内外の有名メーカー&ブランドが約70店舗ラインナップされている「ポルトバザール」へ

どの店も若者で一杯、市価よりも安く販売して入るそうである。娘も高三の次男のバスケ用ホームが買いたいのであったが気に入ったのが無く購入を諦めて帰路にクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します







昼食も摂らず腹は減るし帰路の途中別所PAで4時ごろやっと昼食軽くすうどんを食べ5時半に帰宅、疲れた一日であった。
0

2008/5/24  19:15

絵画展「神戸」  

3月15日より神戸市波止場町「波止場町TEN×TEN」に5月25日までの予定で出展していた絵画の搬出日である。

家内が都合が悪く次女の娘と出向くつもりだ、娘も久し振りの神戸、元町方面で買い物をしたいらしい、好都合と一つ返事で了承、早朝8時頃の出発と考えている。

又、明日は6人の孫の一番した6年生{男}の小学生最後の運動会である。拙は観に行けないが、殆んどここ数十年6人の孫達の成長ぶりは記録に残しているが、やはり一番下の孫なので小学生最後の運動会を観たいがそれも適わず残念である。

明日は神戸に出向くが幾人の観賞者が芳名帳に記載して下さっているか、又,感想欄にもどのような思いを書いているか楽しみです、

この感想欄の意見が今後の絵を描く励みと、参考となり拙に取って大変有り難い。
では明日行って来ます。

0

2008/5/23  13:30

音楽「ギター教室」  

当ギター教室にも語り唄いの出来る人がいます。だが初めて弾き語りをするときは、歌と伴奏をきっちり合わせないといけませんがあまり合わせすぎると面白みが無く味に欠けてしまいます。

又不安定なテンポ、何事もそうですが、基礎は正確に丁寧に、することが上達の第一歩で近道です、歌と伴奏がずれないようになると、自由な発想で、一見矛盾に思えますが少しずらして見ることも必要です。

ギターでの弾き語りは文字通り歌詞の内容を良く理解して、その歌詞と共感しなければいけない、

語り唄い、プロの歌手が唄う歌は心の奥に浸透して聞いていても安らぎを感じます。
カラオケ等行くと大きな声で唄って抑揚とか感情を度外視している人がいます。聞いている方は喧しいだけです、

ギターで独奏してもギターがカンタービレな演奏をする様に心がけたい、このような弾き方をするには教則本で基礎をマスターをしたいものである。

カンタービレの感じを出すには色々な奏法があり。

例えばスラー{ハンマリング・オン}H{プリング・オフ}P{スライド}S
{チョーキング}{トリル}{前打音}{後打音}{トレモロ}{プラルトリラ-}{モンデント}{ターン}と色々な奏法をマスターするとカンタービレな感じが出るが、果たしてこの奏法を譜面のどの部分に交えるかが重要になってくる。

感性「feeling]が豊かな人は覚えが早いが,そうでない人は鼻歌などで自分の感性を見つけましょうか? 一番覚え易いのは、上手な人に弾いてもらい感じを覚えていきたいもの。

今夜はギター教室の日「カンタービレ」を伝授したいと考えて居る。
0

2008/5/22  18:07

健康と医学  

高○眼科で健診を受け白内障と判明、当眼科では手術が出来ない為、近所の岡○眼科を紹介して戴き来たる6月9日に手術の予定をしていたが、娘が勤務している総合病院川○病院に検査に。娘が検査時間も予約してくれていたので10時に病院へ、待ち時間もそこそこに検査。

尾○副部長先生に健診して頂き、明確な説明を聞く,拙も予備知識はネット等で検索していたので、先生の説明も理解出来、結果的には6月2日に入院翌日手術で2泊3日の予定だ。手術は江○部長先生にお願いした。

早い時日が取れたのも娘のお蔭である。

現在の視力では日常に差し支えるものではないが何れは手術の日がくる、どうせするなら早い方が良いと思い決心した。

手術は保険の利く眼内レンズ挿入である。又当病院では未だ実施されていないが、遠近両用の眼内レンズも出来るが、この場合は保険が利かず実費負担となり費用も50万〜100万近く掛かる様である。

当病院も将来はこの方法も導入の予定だそうだが、患者にとっては金銭的にも気が引けるものだ。
0

2008/5/19  14:08

音楽「ギター教室」  

高島公民館の館長さんより依頼を受けて始めたギター教室も早いもので開講以来今年の4月で7年目を迎えた。

この期間約50人の方々がレッスンにこられたが、9割の方が音符が読めず勿論ギターも始めてである。先ずは楽譜の読み方{音階}を教えて次にギターの音階を教える手順であるが右手と左手が同じ弦に触れないので初心者は困惑する、当人は「ギターがこんなに難しいとは思はなかった」という事のようです。

当教室も3割の方が中学生、7割の方が30代〜70代である、さすがに頭の柔らかい中学生は進歩も早く約1年程で当教室で使用している教本[カルカッシ・ギター教則本」の第一部、初等科をマスターするが、高校進学と同時にクラブ活動が忙しく時間の余裕が無く辞めて行くので残念だ。

30代〜70代の方々は以前若い頃チョット齧ったが楽譜は読めずにコードだけで弾いていたとか、息子、娘が弾いていたけどギターがあるので習いたいと始める人が大勢いる。

1,2ヶ月すると「上達するだろうか」「まだ続けられるだろうか」?と不安になりこの時点で締めてしまう人が結構あります。この様な時には頭の活性化にと一歩一歩着実に進むように指導し壁があっても薄く、乗り超え易いように冗談を交えながら、手取り足取りである。

現在生徒は8名だが2名の方が楽譜を読めない、6名の方はレベルは違うが希望曲のアンサンブル演奏に一生懸命に努力されている。

ギターは癒しの楽器、若い頃、一度はギターを弾こうと決心したが挫折した中年の方は沢山いますしよく聞きます。ギターは大人に成ってからでも手軽に出来そうに見えますが、ドッコイそんなに生易しいものではありません。ピヤノやバイオリンの様に4,5歳から始めるように楽器の練習はやはり、頭も身体も心も、柔らかい子供の頃が理想ですね。

唯、皆さん初見で弾ける様にメロデーを弾きたいのと、弾き語りをしたいのである。

魚釣りの様に一にポイント、2に腕と言うように、音楽も1にテンポ{速度の正確さ」2に腕である。短い小節で指運の練習とテンポの繰り返し、その小節が弾ける様に成ると次に進行する。特にトレモロを弾く場合いは繰り返しの連続である。ギターは左手より弦を弾く右手のほうが難しいので一層の努力をしないといけない。
0

2008/5/16  18:30

音楽「ギター教室」  

今日は金曜日、夜は拙のギター教室の日である、毎年2月末ごろ公民館の各クラブの文化祭があり、当ギター教室も上達の成果発表をするが、今まではアンサンブル形式で上手な方、初心者の方も一緒に演奏に参加していた。

日々の練習の成果が出てそろそろアンサンブルではなく、デュエット、トリオ、カルテット、クインテット、アンサンブルと、上達の度合いにより組み合わせを提案し練習に励んでいただくようにしたいと考えている。

結果は後ほどに。
0

2008/5/13  13:15

健康と医学  

昨年の暮れからどうも左目の調子が悪く、楽譜が二重に見え左目が霧が罹った様で憂鬱なので、今日岡○眼科で検査、案の定老人性白内障の発症、60代で70%、70代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障が認められるという。
一年前には視力も両目とも1,2だったのに今日の検査では右目が1,0 左目は0,5である

白内障は水晶体という部分が濁って視力が低下する病気で、先生の曰く、手術によってほぼ元通りに治りますとの事。手術を6月9日に予約。

昔は濁った水晶体を取り除くだけでしたが術後に度の強い眼鏡が必ず必要となったそうであるが、現在は眼内レンズという小さいレンズが眼の中に入りますのでほぼ正常と変らない見え方に治す事が出来るそうだ、

白内障手術そのものも、大きく進歩し、例えば、小さい傷口から超音波装置を使って水晶体を取り除き元々水晶体のあった位置に眼内レンズを固定する超音波白内障手術が行われているようである。

わが国では、1985年頃より眼内レンズ挿入術が普及し、1992年4月より眼内レンズが保険適応となり、今ではどなたにもこの手術の恩恵を受けれるようになる。

白内障の予防には
*点眼薬、内服薬などの薬物療法の継続
*偏食を避け、バランスのよい食事を心がける
*強い紫外線、放射線、赤外線の暴露を避ける{サングラスや保護眼鏡}
*糖尿病などの白内障の原因となる病気を防ぐ

白内障を防ぐと言われる食品
*ビタミンE {大豆、玄米、植物油、胡麻、鰻など}
*ビタミンB2 {海苔、レバー、納豆、鶏卵、鰯}
*ビタミンC  {緑色野菜、いも、柑橘類}

白内障を助長すると言われる食品
*古い油を使った揚げ物、古い魚の干物など
0

2008/5/7  17:19

絵画「岡山駅南地下街」  

岡山駅南地下道アートロード美術館ガラスケースの展示期間、本来なら連休明けの5月7日までの展示の予定であったが、

岡山市市民局文化振興課とWEB美術館「MOLA]のmeetingの結果、プレス発表など諸般遅れの事情もあり、現在出展されている作家さん[10名」は、展示期間を6月4日{水}まで1ヶ月特別延長する事となる。

今後は岡山市政だよりでの公募など6月号から掲載、初回公募展は7月スタートとなる、6月まではMOLA関係の作家の方々での展開を計画、今後は希望作家の方を優先的に出展の予定。

未だ南地下道はご存知ない方が多く、地下道活性化する為にも様々なイベントも計画し、通行量他、集客力のある地下道に発展して行きたいものである。
0

2008/5/5  16:07

子供の日「端午の節句」  

今日は前日より約束をしていた孫との食事会の日である・希望食を聞くと中華より寿司「回転寿司」が食べたいとの事、拙夫婦と孫3人{女}2人{男}1人で出かける。

久し振りの孫との食事である、私は専ら魚一本やり、家内は魚とイカ、孫達は回転する中より自分の好みを食べていた、満足したのか顔も綻び満足感一杯である。

清算の時、店員さんがお子さんには三角くじが引けますとのこと、早速孫3人挑戦、結果は
12色のカラー水彩マーカーが2人とスナック菓子が1人であった。孫達も思わぬ副賞に大喜びである。

「フリー百科事典」{wikipedia}で端午の意味を検索してみると、
旧暦では午の月は5月にあたり,この午の月の最初の午の日を節句として祝っていたものが、後に5が重なるこの月の5月が端午の節句の日になったと言う,{端}は物の端、つまり{始まり}という意味で、元々「端午」は月の始めの午の日の事だった。後に「午」は「五」に通じる事から毎月となり、その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったとも言う、又、同じように、奇数の月番号が重なる3月3日、7月7日、9月9日も節句になっている。

日本において風習とその由来は、男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う五月忌みという風習があり、これが中国から伝わった端午と結び付けられた、すなわち、端午は元々女性の節句だったそうである。
0

2008/5/2  12:38

撮影「絵画用」  

以前から岡山市九番の「四っ手網漁」の撮影に海から見た景色を描きたいと言はれていた近所の○林さん、

彼は社会保険協会のカルチャーへ絵画の勉強にいかれている方、
幸いにも今日は天気もよく波も50cm以下で絶好の撮影日、早速9時頃から出かけ、約1時間の撮影をし帰宅。

この「四っ手網魚」は以前50数件あったが、2004年の台風の高潮被害で小屋が軒並み倒壊し現在は20数件まで復活。

「四っ手網漁」は地域を代表する文化、シーズンを迎えると、夕刻になると集魚灯がともり、幻想的なムードを漂わせている。

「四っ手網魚」は十文字の棒の先に約8m四方の網をつけ、集魚灯に寄って来た魚をすくい取る漁法、この時期になるとハネ、ベイカ、ママカリ,海老などが取れるようになる

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ