2008/7/31  16:52

絵画「H」  

久し振りの絵画、今回は少しばかり趣向を変え「H」な絵を,羞恥心もあるが気分転換に、このブログを見られた方は適当に想像をして下さい。
クリックすると元のサイズで表示します






名古屋場所も終わり白鵬の全勝優勝で終わり、相撲に因み夫婦愛を?
クリックすると元のサイズで表示します






想像に任せます。

0

2008/7/28  12:31

岡山・後楽園「蓮」  

夏の風物詩である、後楽園「観蓮節」が20日にあったが行けなかったので、今日7時半開園を待ち見蓮、

「観蓮節」は、同市出身の植物学者・故大賀一郎博士から大賀ハスを譲り受けたのを機に、1956年から実施されている。大賀蓮は、弥生時代の地層から見つかった淡いピンク色。場所は中の島と茶畑の中間に位置する。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します




大賀蓮[上」
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します






一天四海{大名蓮}「下」
大名蓮は後楽園正面入り口から右方面の花葉の池にある、大名蓮は大ぶりな白い花びらが特徴的。今年は例年より花びらが大きめであった。

昨日も岡山地方は38度、8時に入園し約30分程の観賞であったが、汗びしょである。

7月29日から始まる後楽園の「幻想庭園」照明のセッティングも完了していた。

0

2008/7/25  8:16

健康と医学  

今朝の予報では36度近く上がるようなので家内にグランドゴルフを欠席をしたらと。
岡山もこの所35度以上の高温多湿が毎日の様に続いている。今日も今年一番の37・2度である。夜は勿論熱帯夜クーラーがないと寝付かれない有様だ。

家内が10時半頃帰宅、何時もだとゴルフの話をするのに、一言も会話しない、案の定軽い熱中症らしい、熱疲労である。

応急処置として霧吹きで全身を水浴びさせ、気化熱にて冷やし、アイスノン等で、腋の下,股等の動脈が集中する部分を冷やし、クーラーの効いた所で冷やした処、落ち着いてきた。

熱疲労は多量の発汗に水分、塩分補給が追いつかず脱水症状である。症状は様々で、直腸温は39度程度まで上昇、家内も皮膚は冷たく、発汗をしていた。
又、熱疲労は脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気を起こす。

地球温暖化と言われるが、今年は以上だ、水分補給をし外出は控えたいもの。



0

2008/7/20  12:20

音楽と絵画  

「魅惑の映画音楽集」の中より「夜霧のしのび逢い」を昨日からギター独奏用に編曲
クリックすると元のサイズで表示します






この曲は[van.wetter]作曲で映画[夜霧のしのび逢い」の主題曲でスロービギンで演奏されていて落ち着いた雰囲気の中に癒しを感じる曲です。

ジャニー・ギターに続き2曲目、ジャニー・ギターも映画「大砂塵」の主題曲で哀愁を帯びた曲で好きな曲です。以前にも書いたが、当ギター教室毎年アンサンブル形式で演奏をしていたが、ソロソロ舞台なれと自信を持って弾いていただく様にと独奏用譜面を書いている。

今回の「夜霧のしのび逢い」ボレロのリズムを使い編曲をしてみた。メロディーの音をハッキリ弾いて伴奏の中からメロディーが聴こえるように指導したい。

昨年の暮れから目の調子が悪く絵画活動を遠ざかっていて今年に入ってからは1枚も描かず半年以上も過ぎてしまった。6月に白内障の手術をし経過も良くソロソロ10月1日〜31日の1ヶ月間予定の個展へ向けて描いていかなければと今日から下書きに取り掛かる。

絵も今回は抽象画的な男女の絵を描いてみたいと考えている。果たしてどのような絵が出来るか?自分ながら楽しみに。

0

2008/7/17  14:48

健康と食材  

昨夜は運動と健康の為に通っている、小学校の体育館で毎週{水}と{土}の卓球練習に参加。勿論毎朝5時からのウオーキングも2年続けている。

体育館に入ったとたん、この時期は汗びしょ,練習時間は午後7時〜9時までだが,拙は、毎回約1〜1,5時間の練習に汗を流す。

帰宅時に連れの方より「アスパラガス」を頂戴した。戴いたのは、グリーンの方。
「アスパラガス」はグリーンとホワイトの2種類あり、栽培方法が異なるだけで種類は同じです。

日に当てて育てたのがグリーン、盛り土をし光を当てないで白く柔らかく育てたのがホワイト、栄養的にはグリーンの方が優れている。

アスパラガスは代謝を促進し、疲労回復に効果的な「アスパラギン酸」を多く含み、高血圧や動脈硬化を予防する働きのある「ルチン」、抵抗力を高める「カロチン」「ビタミンC」「ビタミンE」亜鉛等がバランス良く含まれている。

元はヨーロッパから西アジアが原産、日本には江戸時代にオランダから観賞用として持ち込まれたそうで、食用的に栽培されるようになったのは、明治以降で、一般的に食卓に上がるようになったのは戦後30年代からだそうだ。
0

2008/7/12  12:10

蘭「look,leatam]  

またまた「look,leatam]蘭である。
昨年5月から咲きはじめ、昨年新芽をつけたものまで今年順調に花芽をつけた賑やかな事である。
クリックすると元のサイズで表示します






向かって右側が今年咲きはじめたもの。

0

2008/7/11  10:38

音楽  

今日はレッスンのつもりで以前購入していたギター独奏曲、「懐かしのメロディー」100選を午前中2時間〜午後2時間かけて全曲弾いてみた。
クリックすると元のサイズで表示します

「あ行」の井沢八郎の「ああ上野駅」から始まり「わ行」の小柳ルミ子の「わたしの城下町」まで100曲。小島秀夫編曲によるギター独奏用の本だ。
特に有名な曲を抜粋。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します






「影を慕いて」「湯の町エレジー」「悲しい酒」

この本の内容では技術的にはカルカッシ・ギター教則本の2nd・part「中等科」のスラーから始まりポジションの移動と重音。3度、6度、8度、10度が弾けるようになると十分に弾ける内容である。後は曲に相対感性が出来れば十分ではないだろうか。

最近は専ら、スイングジャズ「モダン」をバンド結成しボケ防止に月1回しているが、独奏譜面は久し振りだ。おおもったんさんが「アルハンブラの思い出」に挑戦されているが,独奏も楽しいものである。









0

2008/7/9  17:38

健康と食材  

岡山県は未だ梅雨明け報道が無しである、此処3〜4日蒸し暑い日が続きうんざりである。
この暑さの中欲しくなるのがビールである。

そこでビールは水より何故沢山飲めるのか?
ましてビールは人気の高いアルコール飲料だ、元々これからの時期には欠かせない飲料である。

水Tgはそう簡単には飲めないが、ビールだと,ジョッキでぐいぐい飲む事が出来る、
その代わり、排泄の方も比較的早く起こり、量も多く出る、これはビールの水分が出ているせいだと思われがちだが,あにはからんや、実は元々体内の水分が、アルコールの刺激により排泄されている様だ。つまり、始めに出て行くのは、ビールの水分でなく、体の水分が絞り取られているのである。

ビールの水分もやがて体に吸収されるが、体の水分がかなり減った後である。だからビールを飲む時は,一気飲みをせずゆっくり飲む、何故かというとアルコールだけが先に吸収され、体の水分が必要ぎりぎりであると、アルコールが体内で濃縮され、気分が悪くなる。

強引に体から水分が出ると脱水状態に、又動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、などを起こし易いので、これは脱水され、血液の水分が減り、血液が粘っこくなるからだ。

ビールを飲むときは楽しみながら味わうを心し、飲酒したいもの。
0

2008/7/6  18:27

メダカ「緋目高」  

二年前にショップで買ってきたメダカ「緋目高」クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します







クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

鮫やエイ、グッピーである種のメダカは胎生魚として知られています。
胎生は受精が体内で行われる為、卵な時期を無事母親の中で過ごし子供になって出るわけです、
こうした保育の仕方は、卵を守るのには最も理想的だといえます。
メダカを飼う前には金魚を睡蓮鉢で飼っていた,違種の幼魚を5匹買い6〜7pの大きさまで飼育しボツボツ水槽に入れ観賞と思っていた矢先に不幸にもどら猫に食べられてしまった。
中には一匹千円もした金魚がいたのに。「残念」
上の写真は見え難いが今年生まれたメダカを、生まれたては直径2mと前に生まれた5mを撮って見たがどうも確認しずらい写りと成った。
下は昨年生まれた成魚のパパとママである。

4月〜10月に懸け産卵するメダカ、近所の中井川にて毎年生える金魚草を採り入れてやる。
この金魚草良く洗って睡蓮鉢に入れるのだが、タニシが活発に繁殖。取っても、取っても瞬く間にタニシが、また水温が上がると獰猛に繁殖する苔と金魚草で弱り目に祟り目である。
2週間に一度は清掃をしなくては、観賞しにくい現状となる。

0

2008/7/5  16:06

菜園  

毎年庭の片隅の一坪ほどの畑とまでいかない菜園に、2月頃からホーレン草、小松菜などの種蒔き無農薬で虫食いのものが結構出来る、

今年は人参に挑戦、それと言うのもリンゴ、人参ジュースに使いたいからだ。3月頃蒔いた種が見事に成長、今では直径2pの大きさまでになる、そろそろ収穫出来るかも。

何時もキューり,ミニトマトは菜園に植えていたが今年は、人参等に場所をとられ植える処がないので深めのプランターを買い植える。

キューリは何時も苗を購入していたが、今年は種を蒔き挑戦、発芽の心配もあり予備にと6つの種を蒔いてみた結果予想以上の発芽で毎日収穫まさにキリギリスだ。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します







キューリは成長が早くうっかりすると随分大きくなる一日のことが言えない、毎日の水遣りでともすればしおれている慌てて散水である。二人きりの生活、勿論食べきれず2人の娘の所も嫁入り、昨日も持っていくと毎日キューリは結構と言われた{笑}クリックすると元のサイズで表示します







ミニトマトも日増しに赤身を帯びてきた、昨年も2本の苗木を植えたが、今年も同様同じ本数である、これもまた昨年と同様食べきれない程出来そう{?」

0

2008/7/2  17:06

絵画  

誰でも小、中学校の図工や美術の時間に絵を描いていた。特に写生に出かけたり、結構楽しんでいたが、年を重ねる中に絵を描く機会がなく成り、美術館で鑑賞しても自分が絵を描こうとは考えない,そんな時間の余裕も無かったはずである。

そして熟年になり多忙な日々から仕事や家事から解放され一段落すると、ふと思い立ち絵を描き始める人が少なくはない、

私もこの部類だ、2002年1月から独学で始め今年6月で丸5年と半年が過ぎた。油彩、水彩画は皆さんされている、人のしない鉛筆画と思い6Bの鉛筆1本で絵画を始めた。

私自身の絵は風景画である、Lサイズの写真から3号〜20号の大きさに拡大し描いている。
我田引水に聞こえるかもしれないが、?

絵事態が精密画なので写生というわけにはいかない、同じ絵でも戸外に出て風景画を描く事は、絵になる風景を探し、歩き回るから足腰が鍛えられるし健康には良いと思う。

またピアノ、ギター弾きは指先を使うのでボケないというが、絵筆を握る画家も70歳〜90歳で現役の第一線にいる方は多い、公園などで描いている同好の士に話かけると気持ちの良い会話が出来る、

人間は年を重ねるに連れて仕事上の付き合いは増えても、個人的な人間関係は狭くなる、絵を描くという趣味を通して友人知人も増え、特に個展などすると人間関係が広がる。誠有難い。

趣味で描く絵は他人の評価など気にせずに、自分が楽しければ十分だと思う、前回より今回の方が上手く描けると意欲も沸いて来る。これが楽しみで、その内個展でもと発展する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ