2008/8/28  17:18

健康と食事  

今日の昼食は久し振りに「お好み焼き」

お好み焼きも地方によりかなりの違いが有るが、当方は広島焼きである。
具は千切りキャベツ,モヤシ、干し海老、イカ、豚肉と入れた上に、中華そばか冷凍の讃岐うどんを解凍して加え、卵、小麦粉のつなぎで、かなりのボリュームとなる。

又、今年1月〜2月に殻付きの牡蠣を買ったときには牡蠣のお好み焼きを食した、岡山県備前市日生ではこの牡蠣入りお好み焼きが大変人気がある。

お好み焼きは、実は、栄養的にも大変バランスの良い料理なのではないだろうか。
先ずは、蛋白質が豊富、肉や魚介類に卵が加わると蛋白質の増加で価値を高めると言うメリットがある。蛋白質は、体力を増し、免疫力も高めるから健康には必要欠かせない栄養分。

蛋白質は体内で作れないから、どうしても食物から補給しなくては出来ない宿命。

又、最近の若い人の野菜離れ等が問題と成っているが、お好み焼きを食べることは理に適った料理ではないだろうか、そして食物繊維の大きな供給源にもなる。

お好み焼きは。江戸時代に、女性達の遊びの料理であったそうである、それが明治になり。一銭洋食として子供達に人気が出て、安くて栄養もあり、腹も膨れる、先ずは大阪を中心に普及したようだ。


0

2008/8/24  17:20

健康と食材  

「ニラ」bQ
「ビタミンA」を補給する為に「レバニラ炒め」を週に一度は食べたいと前項で書いたが、
「ビタミンA]は都合の良い事に肝臓で貯蔵できる。体内保持が出来ないので毎日補給しないといけない「ビタミンB1」やCと大きく違うのである。

レバーには鉄分を多く含んでおり、血液の大切な成分である「血色素」ヘモグロビンになりやすい性質の「ヘム鉄」が多い、ほうれん草等の植物性の鉄は、「レバー」の鉄分とは違い、ヘモグロビンに成るのに十分ではないし、ヘモグロビンに成るには食べ方に条件が必要と成る。

この様に考えると、レバーの様な鉄分の多い動物性の食品を摂取する事は、スタミナをつけ貧血を防止し健康を保持する事で非常に大切な事ではないだろうか。
0

2008/8/21  13:51

健康と食材  

食材「ニラ」
昨年姉から戴いた「ニラ」10〜15日もすると収穫した後、新芽が生えてくる。
プランターでの栽培、何時も半分収穫し味噌汁、野菜炒め、レバニラ炒め、と重宝している。

代表的なスタミナ料理として、レバニラ炒めを思い浮かべる人は多いと思う。実際、ニラレバーともビタミンの宝庫、特に、ニラのもつネギ類特有の臭みの強い成分とレバーに多いビタミンB1が結合し、非常に吸収され易い形の物質が形成されるので、疲労回復、又、スタミナをつける。
クリックすると元のサイズで表示します

ニラ、レバーに共通している「ビタミンA]ニラの方は「ベータ、カロチン」の形で、「レバー」の方は「レチノール」と呼ばれる形で多量に含まれている。

「ビタミンA]は、非常に大事なビタミンで粘膜を保護し、体内で過剰に出来ると癌などの原因となる活性酸素を抑え込む力もある。

冬の寒い時期、夏の栄養状態が悪くなる時などは「ビタミンA」が不足がちになる、積極的に摂取したいものである。

又、「ビタミンA」は目に対しても有効、例えば、突然暗い部屋に入ったとき、目が慣れて周辺の物が見えるまで時間がかかるが、この時間は、「ビタミンA」が体内に十分有るかどうかで、大きく左右される、自動車を運転する場合、トンネル、夕暮れ時に十分に見通が効かない、暗闇で、目がなかなか慣れない、これを「暗調応」が悪いと言う。

レバニラ炒めを,週に1回食べる程度でも、体内で十分保持できる。健康に気をつけましょう。
0

2008/8/15  17:48

盆「精霊流し」  

昨日{14日}は拙の下の娘の孫娘がバスケット練習が午後1時に終わりこれを待ってから家内の里,新見市まで墓参に、1泊し15日の11時頃我が家に帰宅。

拙が小学生の頃は親父が麦わら、稲等で約1Mもある船を作りマストには「南無妙法蓮華経」
の帆を張り、盆提灯を船首と船尾に付け、果物、穀物、芋、野菜類を船一杯に乗せ「精霊流し」を吉井川で蝋燭の明かりが見えなくなるまでお送りしたものである。

今夜は精霊流し、と言っても近隣の農協の広場に持参し、清掃車が集荷、お経も無く最近は環境問題等を考え汚染防止の為、禁止される所も多く、菩提寺へ納めたり送り火の時に燃やすのが一般的になっている、なんとも早、御先祖様に申し訳のない事情となってしまった。
0

2008/8/13  17:46

先祖供養「盆」  

今日13日の最初の日「迎え盆{お盆の入り}」である。朝7時過ぎより和気まで、清掃と墓参に出かける。2ヶ所の清掃、秋でもないのに落ち葉が袋{大}2袋、以前は焼却場所があったが、現在は無く毎回持ち帰りである。墓参を済ませ、姉の嫁ぎ先の墓に墓参、拙と同じ日蓮宗「不受不施」で和気町益原にある「法泉寺」の檀家内の墓まで、丁度寺の入道さんに逢い落ち葉の話をしたところ、寺のほうで焼却してあげますので置いて返りなさいと言われ甘えてお願いをする。

早朝出たのにも拘わらず汗びしょである。墓参後は和気町益原の「鵜飼谷温泉」に汗を流しに、以前は入浴料500円であったが、今年の4月より600円と値上げしていた、約1時間の入浴を済ませ11時頃帰宅する。

お盆は正式には「盂蘭盆会」{うらぼんえ」といい、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式だ、先祖の霊を迎え、そして、また浄土に送るという日本古来の信仰と仏教の行事が結びついたもの。

日蓮様の書き残された「御遺文」の「盂蘭盆御書」を拝読すると。
釈迦の弟子の中に目連尊者と言う大変不思議な神通力を持った人がいた、この人の父を「キツセンシン」と言い、母を「ショウダイ女」、この母が「けちんぼう」の為「餓鬼道」と言う悪い処へ死んでから墜ちてしまう、これを目連尊者が救われた事から「盆」が初まる。

お盆の期間は地方により様々だが、一般的には8月13日〜16日までを「盆」といいます・13日の最初の日を「迎え盆{お盆の入り}」最後の16日を「送り盆{お盆の明け}

お盆の入りには精霊棚を作り、供える物で「キューリ」で作った馬と「なすび」で作った牛が有りますが。子供の頃不思議で祖父に聞いた事がある。

祖父の曰く、これは先祖の霊が馬に乗って一刻も早くこの世に帰り、戻る時は牛に乗ってゆっくりと戻っていただくと言う願いが込められているのです。と教えて戴いた。
当時は馬と牛は拙の担当であった。


0

2008/8/9  9:42

食材と絵画展  

午前中のピアノレッスン後、午後は友人3人と、絵画仲間の橘高健三氏が「道の駅」黒井山グリーンパークで期間「8月5日〜20日」の日程で個展を「ゆうゆう交流館」にて開催。

「黒井山グリーンパーク」は大阪方面からは山陽自動車道{備前I,C}→岡山ブルーライン経由、又、四国、福山方面では山陽自動車道/瀬戸中央自動車道{早島I,C}→国道2号線バイパス→岡山ブルーラインを経由する。

デジカメを忘れ作品の紹介は出来ないが、岡山県内「牛窓八景と瀬戸内風景スケッチ展」
慣れ親しんで生活と密着した瀬戸内海、今回は、その沿岸に展開する癒しの水彩画風景を展示している。以前紹介したが橘高氏は積水ハウス設計部に勤務、早期退職後、絵画に打ち込んでいる方。

帰省時「ゆうゆう交流館」にて地元農家の丹精を込めて育てた野菜を購入した。
クリックすると元のサイズで表示します






ジャガイモ、ピーマン、ナス、キューリを購入一袋\100、である。
生産者はジャガイモ、時実さん、1袋8個入り。ピーマンは山口さん20個入り。ナスは久本さん4個入り。キューリは大脇さん4個入り。産地物と価格の安さに購入。非農家の我が家新鮮で安いのには越した事がない。

夕食には早速、味噌汁にジャガイモ、野菜炒めにピーマンを調理した。


0

2008/8/7  10:53

チボリ公園  

倉敷チボリ公園が今年で閉園となる。
チボリ公園を運営する、第三セクター、「チボリ、ジャパン社」チボリの運営問題が表面化したのは2006年3月。岡山県による公的支援の枠組み、デンマーク側との提携契約期限等新たな形態による経営再建を模索したが、約2年半の議論も実を結ばなかった。開園は11年半で幕を下ろす事となる。

官民が500億とも言われる巨額の資金を投じながら、事業目的を達成出来ないまま断念。
健康保険庁が運営した療養所、これも殆んどが廃業。お日様西西の第三セクター、責任感又、危機感を感じない人が経営しても駄目だ。

倉敷駅前で立地条件も良く岡山県が誇る遊園地に発展をと願っていたが、誠に残念です。

拙も孫を連れて2,3度行った事もあり、絵も描いたが、無くなるとすればもう一度入園し記念に絵画にしますか。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します






水彩画によるチボリ公園、昨年10月に個展をした時の絵です。拙は元来水彩画は余り描きませんが顧客が水彩画も見たいと言う希望により描きました。6B鉛筆と同じ風景です。
0

2008/8/5  8:28

絵画「H]  

毎日の猛暑に対抗して、少しでも涼しさをと、少しばかり猟奇的な絵を描いて見ました。クリックすると元のサイズで表示します






如何が?

0

2008/8/3  17:17

健康と医学  

この所連日の様に35度以上の猛暑日である。
日課の約1時間のウオーキングを午前5時からしているが、毎度の事乍タオルとTシャツは汗でグッショリである。

汗をかくと、塩分「塩化ナトリウム」が体内から出てゆく事は良く知られているが、同時に汗と共に「カリウム」が多量に排出される。この事は意外と知られていない。

汗を多量にかいた後、塩分を補給しても身体がなかなかしゃんとしないのは、発汗の際に出て行った「カリウム」が十分に元に戻らないからである。

「カリウム」が不足すると、身体の力が抜けたような感じがすると同時に、それが進展すると意識が朦朧としてきて、極端な場合には命に関わる、熱中症である。

又、食事で減塩している人の汗からは、余り塩分は出て行かないが、多量に塩分の多い食事をしている人は、汗をかくと、皮膚の表面に塩分の結晶が出るほど出てゆく、

例えば、昔は現在と違い冷蔵庫も氷の塊を入れて冷やしたものである、腐食し易い生ものは塩漬け,鮭などは塩をまぶしていた。塩の採りすぎだから当然汗をかいた後などは地図を書いたように白く残り、舐めるとショッパイ味がした。

ところが、「カリウム」の方は摂取量に関係なく、汗の方だけ排出され、「カリウム」不足は非常に起こり易いのである。

「カリウム」は、野菜、果物全般に多いが、固形物はなかなか喉を通らない。そこでハト麦茶である、失った水分も十分に補給できる。

「カリウム」の多い飲料として「グレープフルーツジュース」糖分も少なく飲んでも肥満に繋がりにくいからだ。
0

2008/8/1  16:33

絵画「H]  

絵画「H」第2弾
文句は入らない想像に任せます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





もう少しリアルにと考えたが止めにした。勿論[6Bの世界」6Bの鉛筆1本で描いています。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ