2009/2/7  17:09

社会「かんぽの宿」  

この1週間の新聞に「かんぽの宿」の問題が取り上げられているが。どうも真相が現れてこないと言うのが率直な印象である。

「かんぽの宿」と言うのは、元々郵便局の簡易保険に加入していた人達が利用できる様にと全国に建設された宿泊や保養の施設である。

郵政の民営化によって現在は日本郵政が72の施設を所有運営していますが赤字が出て、2012年までに譲渡するか廃止する事が法律で決まっています。

日本郵政がこのかんぽの宿舎などを一括して109億円でオリックス不動産へ譲渡すると言っていますが。土地の所有や施設の建設に2400億円かかっている物を22分のTと言う109億円で譲渡する、常識では考えられない馬鹿な話である。

この物件がもし我が身の物だとこうした考えは出ないし少しでも高い金額を希望するはずだ。

一応鳩山大臣の反対発言でオリックス不動産の譲渡を凍結したが、まだまだ先は不透明でどうなる事か。ただ呆れるばかりだ。

「今日は何の日」
1964年{昭和39年}の今日
イギリスの人気ロックバンド「ビートルズ」がアメリカに始めて上陸、
メンバーを乗せた飛行機がニューヨークのケネデー国際空港に着くと、到着ゲートを埋め尽くしていた数千人の少女達が熱烈に歓迎する。「ビートルズ」はテレビ番組の出演や各地での公演を重ね全米ヒットチャートの1位〜五位までを独占するという記録を達成する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ