2010/1/30  9:45

天体「火星」  

昨夜「29日」ギター教室に行く折、28日に地球に接近した「火星」を晴天の東夜空で「19時頃」、月の斜め下に赤みを帯びた火星を観測できた。又、今朝の6時頃、ウオーキング中今度は西の空で満月の月の真上に火星を観る、この神秘的な現象は2年に一度観察する事が出来る。

地球が一年に約365日で太陽をぐるりと一回りしているのに対して、火星は約687日掛けて太陽の周りを一周しています、内側を回る地球が火星に追いついて、追い越す時が接近の時期になる

地球がほぼ円に近い軌道をもつのに対して、火星はやや押しつぶれた形の楕円軌道を回っている為に、接近する場所によってその距離が大きく変化する訳、

最も近い時で5600万km、遠い時は約T億kmと大きな差が出来る。之が、大接近と小接近が起きる理由。今回の接近はT月28日で9933万kmでした。


クリックすると元のサイズで表示します


木星と火星の比較、ネットより検索参照
最接近を終えてからも、火星が見やすい状態は暫く続くので、如何ですか「?」
0

2010/1/27  17:25

新語  

今日の新語は「シリコンカップ」

軟らかな感触で、張りのあるシリコン素材で作られた、小振りのカップが「シリコンカップ」という。

これまでよく使われていた、お弁当のおかずを盛り込む銀紙小鉢のシリコン番で、色柄が豊富でデザインも様々な物があり、冷蔵庫に入れていても固くならないし、電子レンジに入れて温める事も出来るという、豊富な機能性から主婦達の人気を集めている。
0

2010/1/25  15:15

今日は何の日  

1890年「明治23年」の今日
世界1周を目指したアメリカの女性ジャーナリスト「ネリ―ブライ」さんが出発点のニューヨークに戻ってきました、この旅は汽車と基線を乗り継いで行ったもので、所要時間は予定より2日早い72日と6時間11分14秒でした。之は80日間世界1周の物語を8日近く短縮した記録で、ネリーブライの名は、一躍世界の注目をあびました。

又、ネリ―ブライは彼女の勤めていた新聞社である[New York World]の為に世界を80日間で1周しようと試みるが、もし80日間で世界1周を果たせなかった際には全財産を失うという事だったようである。

1902年「明治35年」の今日
北海道の旭川で氷点下41度が観測されました、これは気象台や測候所で観測された日本の一番低い気温です、この気温だと鳥たちは凍死するそうです、
我が町では最高でもマイナス5度くらいか「?」今年は未だに雪景色も見ずだ「苦笑」
0

2010/1/24  15:24

新語  

今日の「新語」は「リトル公式」です。

テーマ―パーク等の、長い列の待ち時間を並ぶ前に知る為の公式が「リトル公式」と呼ばれている。

アメリカのマサチュウセッツ工科大学のジョン・リトル教授が証明した公式で、待ち時間というのは行列の総人数÷行列に加わる人によって算出するというもの、

例えば、50人が並んでいるアトラクションに、1分間に5人づつ並ぶとすれば,50÷5=10で10分間で入場する事が出来るというのが、大間かな目安となる分けである。

一帯どの程度の時間を並べばアトラクションに入場出来るかの大間かな待ち時間が判れば、その後の計画も立てやすいし、苛々とする事も無くなるというものである。

「今日は何の日」

1972年「昭和47年」の今日
第二次世界大戦が終わってから、28年間グアム島のジャングルに潜んでいた元日本兵の横井正一さんが発見されました。地元の警察に保護されていた横井正一さんは2月2日、日本への帰国を果たしました。

その時の第一声は「恥ずかしながら、生きながらえて、帰って参りました」でした。
0

2010/1/23  15:16

今日は何の日  

1902年「明治35年」日露戦争直前のロシアとの戦争に備えた寒冷地における戦闘の予行演習として、青森の陸軍歩兵第5連隊第2大隊の隊員が、耐寒雪中行軍訓練の為、八甲田山に向け出発、ところが猛吹雪に遭って道に迷い遭難し、210人の内199人が無くなりました、
又、これとほぼ同時に八甲田山を縦断した弘前歩兵第31連隊は全員が無事帰還し、同じ悪天候の中で明暗を分けた訓練となりました。

詳しくはネット「八甲田山雪中行軍遭難悲話」を参照ください。

1956年「昭和31年」の今日
当時一橋大学の学生だった石原慎太郎氏の小説「太陽の季節」が第34回芥川賞に決まりました、
又、弟の石原裕次郎がデビューした「太陽の季節」でもあります。
当時は石原裕次郎は原作に登場する文化風俗等を兄に代わって説明する様な立場で関わっていましたが、役者の数が足りなくなり急遽出演する事に成りました。
又、この映画に出演した長門裕之・南田洋子が結婚するきっかけとなりました。

その後「太陽族」と呼ばれる若者達が登場する事となる。
0

2010/1/22  13:09

フォト  

21日の早朝5時半日課のウオーキング中、ウオーキングコースである「アユモドキ」の生息地、中井川を南下中にJA前から高島小学校の間で多量の魚が死んでいた、

今日の山陽新聞にこの記事が掲載されていたが、2008年5月にも酸欠で鯉・ナマズハヤ・フナが数100匹死に、その時の教訓が生かされないまま、今回の大量死を起してしまった、

天然記念物に指定されている「アユモドキ」も今回5匹死んでいたそうだが、アユモドキ保護に取り組む地元住民や関係者は落胆しきりである。

中井川下流に道路幅員の為に、昨年から取り架かっていた工事で、2か所ある農業用水門を止め工事を現在も進行中だが、殆ど水が無い状態で、2008年の様に魚が酸欠をするのではと懸念していたが、残念にも又、起きてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


真中が「アユモドキ」ドジョウの仲間で、その姿がアユに似ているところからこの名前が付いた。正式名は「レブトボディアクルタ」と云い、「コイ目ドジョウ科ボテイア亜科」に属する淡水魚である。

拙が幼少のころは郷里の和気を挟んで流れる「吉井川と金剛川」に大きい物で約20p程の「アユモドキ」が沢山生息していたが、現在は環境汚染等で数も減少している。
0

2010/1/20  17:04

今日は何の日  

1936年「昭和11年」の今日
当時の警視庁消防部は交通事故が増えてきた事に態様して救急車六台を配備、170か所余りの救急病院を指定して救急活動を始めました。

1947年「昭和22年」の今日
東京都内の学校で一斉に学校給食が始まりました、在る小学校のこの日の給食のメニューはマカロニと缶詰の鮭を脱脂粉乳で煮たスープでした、各学校にはアジア救済基金からのミルクやジャム・マカロニ等が届けられ、それに学校が独自に調達した野菜等を加えて、週2・3回の給食が行われました。
0

2010/1/18  12:49

絵画  

昨年12月7日に釣り仲間だった{故}モーさんと「太刀魚」を釣りに出かけた時に絵画用にと撮っていた遊魚船の風景を描いてみた。
クリックすると元のサイズで表示します


この日は釣り船が月曜日なのに30隻を超える数であった、この日「モーさん」は太刀魚がボーズで拙が2匹で、T匹差し上げた。今年のT月4日に急性腹膜炎で逝ってしまって、もう同伴する事も出来ないが、モーさんとは想い出が沢山出来た。

この日は天候も良く太陽の光も眩しく、海面も水玉反射、水辺は色々描いてみたが今回は初めての挑戦、12月27日〜T月13日の18日間掛かったが、気分の乗らない日は描かないので、どうしても日数が掛かる。

今年のタイトルは「船」,{故}モーさんを思い出しながら、制作に取り組もうと思っている。
0

2010/1/14  15:11

健康と食材  

今日は毎年この時期に買う「牡蠣」を、岡山県瀬戸内市虫明の牡蠣業者○東家の牡蠣を買いに9時頃出発し10頃に業者宅に到着、

到着後は、早速蒸し牡蠣を戴き満腹、○東家に通い始めてもう5年になる、今年はT斗缶と半斗缶を一つづつ買う、又、娘さんにと土産に半斗缶1缶と剥き牡蠣をフライにと戴いた。

此の○東家牡蠣業者は昨年12月に山陽新聞に取材記事が載っていた業者である。
今は牡蠣業者も牡蠣の出荷がピークを迎えて早朝3時ごろから引き上げたばかりの牡蠣の殻を専用ナイフで剥く作業に追われているとの事、

県産牡蠣の出荷は10月中旬から4月中旬迄続くが、産卵に備えて栄養分を蓄えるT月〜2月が旬である。



クリックすると元のサイズで表示します
 作業風景





クリックすると元のサイズで表示します

 ○東家の作業棟





クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します

 牡蠣専用の船舶



昨年は12月〜1月・2月・3月と毎月日参したが、今年は今日と来月に行く予定である、今夜は蒸し牡蠣で一杯、夕食が楽しみ「笑」

何時もよくして頂くので次回の折、船舶の絵画を差し上げる事にした、頑張って描かなくては「?」

0

2010/1/13  11:56

健康と食材  

ガンの防止効果があるのは赤ワインも有ると前日書いたが、ワインには「赤ワイン」と「白ワイン」、又、その中間の「ロゼワイン」といった種類がある。それらの中で、特に「大腸ガン」の防止には、「赤ワイン」がかなり大きな力をもっているといわれる。

何故、「白ワイン」より「赤ワイン」がいいかというと、「赤ワイン」に含まれるタンニン系物質の存在が大きいからからだ。

「赤ワイン」は、赤系の葡萄を皮や種子を含んだまま潰して、そのまま発酵させる、その為に、皮の部分や、種の周辺に含まれている「タンニン系物質」が、そのままワインの中に抽出されるからだ。

又、「白ワイン」は白系の葡萄を絞り,皮や種を分離して果汁だけを醸造するので、タンニン系物質の含有量は大変少ないからである。

「赤ワイン」は「白ワイン」よりも長い期間熟成させ、タンニンの渋みを円い味に熟成する為、熟成中は還元熟成と言って、ワインは空気中の酸素には全く接触させず、飲むとき初めて、ワインの中に含まれているタンニン系の物資が空気中の酸素に触れて酸化するからである。

「赤ワイン」は動脈硬化の防止作用がある事も知られているが飲みすぎはいけない、
ワインには、10%以上のアルコールが含まれている。アルコールの過剰摂取は、飲んでいる時血圧を低下させるのとは反対に、酔いが醒めた時、血圧を上昇させて、アルコール性の高血圧を引き起こす反作用も有る事を知っておく必要がある。

注意すべきは「赤ワイン」が健康に良いからと言って、飲みすぎは、かえって健康を損ねる元になるので、適量に楽しみたいものである。
0

2010/1/12  12:04

健康と食材  

早期発見の「癌」近年は「大腸がん」の死亡率の高さは厚生労働省の人口動態統計調査によると、女性は1位、男性は4位でそうである。

「癌」を予防するタンニンの多い、お茶は、緑茶、赤ワインそれにゴボウ等の根菜類が「癌」の予防に役立つと言われている。

タンニン系の物質は、特に「大腸がん」の抑制に効果が大きい様である。又含まれる食品によって形態が異なるが、広い意味でタンニン系の物質は、すべて「癌」の抑制効果に大きな力を発揮するといわれている。

お茶の中では、緑茶が最も大きな癌防止作用を持っているという、緑茶の中のタンニン系物質であるカテキンは、茶の渋味成分だが、緑茶を浸出すると、かなりの量のカテキンが抽出されるが、多量のカテキンを利用するには、緑茶その物を摂取するとよい様だ

又カテキンは投与された抗ガン剤の副作用を抑制する効用もあるといわれる。

緑茶にはビタミンCが多量に含まれ、ビタミンCも腸内における発ガン物質生成を防止する働きもある様である、だが浸出した場合にはビタミンCは余り出てこないので、茶葉をそのまま摂取する方法が良い様である。

何れにしても早期発見の為にも「大腸ファイバー」検査を、拙もポリープで2度「内視鏡的粘膜切除術」{EMR}をした事がある。
0

2010/1/11  15:30

絵画  

今年最初に手掛けた絵画、水彩画は気分転換の折、手掛けるぐらいだが、鉛筆画と違い筆の場合描ける面積が多いいので楽である。
今日は倉敷美観地区の「考古館と中橋」を一号{ハガキサイズ}に描いた。
クリックすると元のサイズで表示します


「今日は何の日」今日は何の日も久し振りである。
今日は成人の日です、成人の日は昭和23年に国民の祝日として制定されました。
当初は1月15日でしたが、平成12年から1月の第二月曜日に変更されました。
0

2010/1/8  14:22

健康と管理  

昨年の血液検査で食塩摂取量を始めて検査したところ、20,1の値であった。正常値は一日の食塩摂取量が10g以下に抑える、出来れば8g以下が望ましいと先生に注意された。

高血圧は万病の元、成人病の原因に成りやすいが、血圧は朝は120〜130台で夜は同じく前数字と同じで心配はない数値である、

だが漬物が無くては食欲が進まない拙、食後の後も漬物でお茶を飲みサッパリしたいところだ、また料理を薄味にしたからといって、目的の食塩摂取量が達成されているかどうかはなかなか判断しにくいもの、例えば味噌汁を薄味にしても2杯〜3杯も飲むと、今までよりもさらに多量の塩分を摂取する、

減塩は味付けよりも量でした方がいいと思う、塩分を二分の一に減らした味噌汁は飲めたものではないが、量を二分の一にするのは簡単だ。

先生の曰くチェック方法は、最も簡単な方法として、空腹時に塩が添加された缶入りトマトジュースを一口飲む、この時にはっきりと塩味が感じられたら、目標の8g以下の食塩摂取量は達成されていると知らされた。

仮に塩味を感じないで丁度良い味だと感じたら、一日に10g以上の塩分を摂取している、さらにもっと食塩を加えないと酸味が気になって飲めない人は、一日に20g以上の塩分を摂取している証拠である。

減塩の方法として、汁物ラーメン等の汁を全部飲むと一日分に近い塩分を取る、スープ等は器を小振りにし、麺類は、汁面よりもつけ麺にした方が、量を控えめにすれば減塩出来る。また料理にやたらに醤油をかけない、野菜のお浸し等は鰹節等をたっぷりかけ酢で戴くと醤油無しでも結構美味しく食べられるものだ。
0

2010/1/7  17:02

友人告別  

故森 浩一様、昨夜の通夜と、今日10時45分からの告別式に参列し、今生のお別れをする
享年73歳まだ少なくとも5〜6年は達者でいて欲しかった、少し早すぎる生涯である。
参列者も水道局関係・県の柔道連盟の方々、柔道を教えていた子供達と沢山の見送りであった。
クリックすると元のサイズで表示します
10

2010/1/4  15:49

親友  

午後3時無二の親友で釣り仲間だったモーさん事「森 浩一」が他界したとモーさんの弟さんから訃報の連絡を戴いた。モーさんとは30数年の付き合いである。

昨年の12月25日に「イイダコ」を釣りに出かけ此の時はその様な気配は感じられず、年明けには釣りと、船底のペンキ塗り、2月にはワカメ取りと予定満載であったのに、突然病の急変で帰らぬ人となってしまった。

2年ほど前に膀胱炎癌に罹り、当時摘出手術を受けたが全摘出する事が艱難で残りの癌を摘出する為に12月に吸引手術を医師と検討していたが、吸引手術も現在では無理と判断され様子を見てから手術をする予定であったが残念である。

モーさんは岡山市水道局に勤務、営業所所長・次長まで昇任し早期退職、勤務時は行動力のある傍ら部下の面倒見も良く皆さんに好感をもたれていた。私もそんなモーさんが大好きだった。

残念ではあるが人間一度は死を迎える、ただただモーさんの冥福を祈るばかりである。

6日に通夜・7日に葬儀を東岡山シティホールで執り行なう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ