2010/5/23  16:17

健康と食材  

以前友人から進められ、借りた本で「著書 石原結実先生」の「リンゴ・人参ジュース」

石原先生が経営している、伊豆の「ヒポクラティック・サナトリウム」の「断食道場」が在る。

この「断食道場」はT週間コースと10日コースとあり、東京都知事の石原慎太郎氏又ご子息の伸晃氏又現職の閣僚も含めて国会議員の先生方もT週間コースでリフレッシュの為に「断食道場」に訪れるそうである。

この1週間のメニューは
AM7:00 体操・軽い散歩
  8;00 リンゴ・人参ジュースをコップ3杯{約500cc}

     ジュースの内容は人参3本とリンゴT個で *何れも無農薬か低農薬の人参とリンゴよく洗い果皮ごとジューサーする。

AM10:00  味噌汁を茶碗1杯 *{干しシイタケ・日高昆布で出汁を取る・天然醸造の味噌を使用する。

PM12:00はAM8:00のメニューと同様 コップ3杯

PM 3:00 生姜湯をコップ T杯 {100〜150CC]
    1人分の水を日にかけ、黒砂糖又は蜂蜜を溶かし、親指大の生姜を皮ごとすりおろし、しぼり汁を加え、水溶きのクズを最後に加える。

PM5:00は AM8:00と同様 コップ3杯

PM6:00は 理学療法{針炎・マッサージ}と入浴

以上の要領で日課を断食し、強い陰性状態の方や冬季には3回の人参ジュースの内、Tないし2回を人参ジュースにしている様です。

「断食コース」中は梅干しとゴマ塩はいくら食べても良い、飲み物も生姜湯に黒砂糖を入れた物なら幾ら飲んでも良いが、他の物は一切だめである、そして残りの3日間は、一日ずつ重湯・お粥・普通食と段階的に元の食事に戻して行く。

断食中は運動はいくらしても良い。

拙もこの「断食」はしていないが「リンゴ・人参ジュース」を飲み始めて、血液検査では危険値を超える事も無く良好である。主治医の先生もびっくりされていた。

正に「西洋の諺」にも「一日一個のリンゴは医者を追い払う」という言葉があるほどですから。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ