2010/11/27  9:19

再会  

昨日、長女婿の実家、美作の両親に久し振りに、日よりもよく、ご機嫌伺いに、ドライブを兼ねてお伺いした。

今後は日々寒さも厳しく成るので、ダウンのジャケットをお母さんに、お父さんにはダウンのベストを手土産として持参した。両親も大変喜んで戴き、大事に着させて戴きますと感謝の念を戴く。

昨日の新聞にも掲載されていたが、美作地方は熊{ツキノワグマ}・鹿・猪・等が山里に下りてきて、農作物の被害が過大だそうだ。

鳥取県と岡山県の国境、県北では熊の餌と成る、「コナラ」・「ミズナラ」といった「ブナ科」の広葉樹が枯死する「ナラ枯れ」が増えている様である。

「ナラ枯れ」は、体長約5oの「カンノナガキタイムシ」が運ぶ「ナラ菌」が起す。根から水を吸い上げる力が弱まり、早ければ1〜2週間で枯れてしまうそうである。

今年は猛暑と雨不足で樹木が弱まり、感染しやすく成って、影響している様だが、早期発見し被害を食い止めたいものである。

又、岡山県久米南町在住の女性{85歳}が、熊の出没が続く美作市へ13万円を寄付、この女性も当然年金暮らし、その中からの出費だと思うが、無策の地方自冶体に憤慨をしたのかもしれない、美作市では苗木を購入し植樹する様である。

動物たちも餌と成る「ドングリ」等が不足し山里に下りて来て、農家の作物「イモ」・「穀物」等を食い、収穫も希少だと両親も嘆いていた。又追い打ちを掛ける様に「白菜」等の野菜類は、無農薬の為に、害虫が付き白菜は網の目のように食い荒らされて収穫も出来ない程である。

お母さんの話では、「こんにゃく芋」・「にんにく」等は食べないので、周りにこれらを植えて見ようかと思案していた。

夕刻の5時に帰路に着いたが、土産にと白菜等の野菜とサツマイモなどを戴き、我が家に着いたのが6時半、早速娘たちにもおすそ分けをする。

今日「11月27日」は拙の運十年目の誕生日、長女が白十字のケーキで祝ってくれた。
よく覚えていたものだと感心する。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ