2013/2/3  18:48

節分の日  

今日は、「恵方巻」を食べる日、
クリックすると元のサイズで表示します

恵方巻は、節分にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる大巻きを1本丸かぶりである。
地方によっては呼び名が色々で「まるかぶり寿司・恵方寿司・恵方巻・吉方巻」等多彩である。
今年の歳徳神{とくとくじん}がいらっしゃる「恵方」を向いて目を閉じ、その年で最も良いとされる方位で、今年は「南南東」「丙{ひのえ}」で、願い事をしながら食べ、終わるまでは一言も喋らない。喋る事で運が逃げてしまうといわれる。

以上の事をすっかり忘れていて、方位は良かったが願い事もせず、言葉は交わす有様であった。「笑」

買ってきた「恵方寿司」{太巻き寿司ならぬ普通サイズで、15センチ程の長さを半分に切って食べた}に、親切にも磁石が付いており、売る方も商魂たくましくというか恐れ入りの鬼子母神である。「笑」
クリックすると元のサイズで表示します

       「磁石は、南南東丙を指している」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ