2014/1/31  16:28

健康と食材  

今日行きつけの「牡蠣業者」へ牡蠣を買いに、岡山県瀬戸内市邑久町虫明の伊東家に出かける。
「牡蠣」は岡山の冬を代表する味覚に一つで、全国2位「2012年調査」の収穫量を誇っています。今シーズンも昨年10月末から水揚げが始まりました。

今日もクレーンを積んだ船で沖の筏に向かい、ロープにつるした「牡蠣」を引き揚げ、私が行った時には丁度船が帰港したとこであった、

船に山盛りになった「牡蠣」をコンベヤーで小屋に運び込み、その日の出荷に向けて急いで牡蠣打ちを行ないます、身を綺麗に取り出すには、熟練した技術が必要です。

昨年の12月に行った時には身も小さめだったが、一カ月後の今日は身も大きくなっていた。

栄養満点の「牡蠣」は「海のミルク」とも呼ばれ、土手鍋やフライ、蒸しあげ・焼き牡蠣・グラタンといろんな料理で味わう事が出来ます、

備前市日生のご当地グルメ「牡蠣オコ」牡蠣入りのお好み焼きも有名になりました。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

牡蠣の引揚船と今日買った1斗缶の牡蠣、帰宅途中で知人に50個程差し上げた。1斗缶で約150個ぐらいの牡蠣が入っている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ