2014/11/5  7:40

日帰り旅行「第3弾」  

11月3日の「文化の日」藤の里町内会の徳島方面日帰り旅行も、第3弾になった。
阿波人形浄瑠璃を堪能した後ようやく昼食にありついた、
クリックすると元のサイズで表示します

食事処の「鯛丸」[宿泊も可}12時半頃昼食
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

今日の料理全品7品、吃驚するほどの料理の数、こんなに少ないのは初めてである「笑」
昼食後は鳴門大橋の渦潮見学だが、今日の潮は中潮で満潮午後の3時なのであまり期待は出来ない。今日で渦潮も3回目だが、未だ渦潮は見たことが無い「残念」

クリックすると元のサイズで表示します

  「鯛丸」ビル2Fの食堂から、鳴門大橋を観る
クリックすると元のサイズで表示します

この写真の右側に通路が有、中央部の展望まで450m、ところどころにガラス張りの窓が有階下を覘けるようになっている。高さは渦上45mです。
クリックすると元のサイズで表示します

渦は廻りかけてはいるが今一である。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 鳴門大橋を淡路島方面に向かって
今日の日程は此処までだったが、時間が余り88か所の、1番札所「霊山寺」が近くなので
そちらに移動する。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

         「本堂」
クリックすると元のサイズで表示します

 この池には鯉が沢山いた。それも1mに近いのが丸々太りで見ごたえがある。島根県の津和野の鯉も大きいが、それ以上であった。

クリックすると元のサイズで表示します

 行きと、帰りに立ち寄った「津田の松原SA]
クリックすると元のサイズで表示します

  帰省時 「坂出工業地帯」
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 瀬戸大橋も以上で終わりとなります。
最後にもう一度「阿波人形浄瑠璃」は1698年に罪状も明かされないまま、藩の政策上の犠牲となって処刑された庄屋、「坂東十郎兵衛」の名を借りてつくられたお家騒動の物語です。
阿波十郎兵衛屋敷は、坂東十郎兵衛の屋敷で有り「傾域阿波の鳴門」ゆかりの場所です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ