2015/12/19  7:43

墓参  

今日は「19日」は、家内の月命日なので、長女と大学4年の孫娘と3人で、和気町へ墓参りに8時半に出かけた。
クリックすると元のサイズで表示します

約1時間をかけて清掃と冥福を祈る。その後和気町大田原に有る「由加神社」へ、と言うのは、木彫りの12支のキ―ホルダーを販売していて、昨年私共夫婦か干支のホルダーを購入していたのを見て、娘たちが欲しいと言う事で「由加神社」に案内。
クリックすると元のサイズで表示します

購入した干支のキーホルダー「Tヶ、¥500」「イノシシ・鼠・とり・たつ」写真を撮る前に「とり」は孫が持って帰っつてしまう
クリックすると元のサイズで表示します

    「由加神社」全景
「御由緒」は、当神社の創立は不詳だが現存している最古の棟礼には「平安時代後期」の「天永3年」[1112年}和気氏が新田郷の総鎮守として西久保方の上山上に八幡宮を建立したことが記されている。
クリックすると元のサイズで表示します

      「参道」
クリックすると元のサイズで表示します

 約300mの直線ケース、私が幼少のころは、競馬、また馬に乗馬し弓で扇の的を射る「流鏑馬」もされていた、室町時代までは御幸神も行なわれていた。

現在では境内の御旅所真で神興3台を中心に氏子各地区より集まった子供神興20数台と神興の供人が、矛・大刀・弓・幭等を持って続き荘厳な御幸神が行なわれています。

その後は、和気町経営の「鵜飼谷温泉」で3人入浴し帰路に、途中スーパーに立ち寄り弁当を買い、我が家で昼食を戴く。

クリックすると元のサイズで表示します

       今年の干支羊
和気町大田原「由加神社」で、浮干支を2001年から毎年飾っている同神社の裏山に鉄パイプで縦9m・横10mの骨組みを設置し、約30pの提灯を取り付け午後5時頃から点灯する。
今日は未だ骨組みだけで提灯は未だ取り付けられていなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

   来年の干支 猿がお目見えする。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ