2016/8/31  15:53

音楽「ギター」3弾  

当時はバブル最高の時代で、岡山にはキャバレーが大小併せて15軒位あったし、また高級クラブ等も有ったのでバンドの数は多かった。

大きなキャバレーでは「アジア」「あかつき」「富士」「ファンタジア」「うるわし」「烏城」「火星」「店名を思いだせない店」等で、中位は「アルバイト・サロンニュー山陽」「サンフランシスコ」「月光」「キリン」「マキ」「アリラン」「ハンキュー」などである。

「ニュー山陽」ではショ―タイムは、80%ストリップで有った。その後約半年ほどしてから「マキ」に引き抜きされ、ショーは歌手が、当時は「東海林太郎・灰田勝彦・霧島昇・田端義夫」「ディック・ミネ」「菅原都々子」他全盛時代の大物歌手が来ていた。

その後は「うるわし」「烏城」「火星」等を転々と、此の時代の歌手は「森真一」「青江三奈」「美川憲一」等で、手品では「ジェンジ―北京」「漫才」「ストリップ」「アダジオ」
といろんなショ―が来ていた。

バブル崩壊後はキャバレーも殆ど姿を消して、クラブ・スナックに移行、私もバンドを辞めクラブのピアノ・エレクトーン弾きと結婚式の披露宴等に転向したが、あくまでもアルバイト、
昼間は会社勤めをしていた。、キャバレーが無くなってからは、ギターも弾く事が無くなっていたが、定年後65歳の時、高島公民館の館長に依頼され、ギタークラブを始めて現在に至っている。

ギターも何十年も弾く事が無かったので、1からのレッスンである。当初は左手とピックを持つ右手が合わず慣れるまで少々時間が掛かった「w」

クリックすると元のサイズで表示します

「キャバレーうるわし」での演奏風景、当時28歳頃」
3回に亘ってギターのプロフイールを紹介してきたが、当時の事を思い出すと懐かしい、特に気のあった人達との演奏は、気持ちの良いもの、ッ―と言えばカーで楽である。
0

2016/8/24  15:30

音楽「ギター」2弾  

オ―デションに合格した私は、当時会社で経理を担当していたが、この会社の社長にアルバイトの件を相談したところ、会社に迷惑を掛けないのであれば、プライベートの時間は勧奨すると言われバイトをする事にした。

当時岡山駅前に有った「アルバイト。サロン・ニュー山陽」へ、この店はバンドマンとしての登竜門で一度は、当時この店に籍を置かなくてはいけないのである。でギター奏者として、1955年の1月からメンバーに加わる。メンバーは私を入れて6人、演奏時間は午後7時30分〜11時30分で、演奏時間30分を4回のステージである。

此の店はオ―ナ―が韓国人で、何故か「軍歌とか三波春夫」が好きで、「雪の渡り鳥」「大利根月夜」「チャンチキおけさ」等は良く弾かされたものである。

ホステスも40〜50人位いて毎晩繁盛していた。当時私は郷里の和気から通勤していたので、12時に演奏が終わっても汽車が無く、岡山駅午前1時5分発の快速汽車「当時は蒸気機関車でまだ電化されていなかった」に乗り帰路についていたが、ときどき下車する和気駅を乗り過ごし、

次は上郡停車、下りの汽車に乗るには姫路までいかないと始発の汽車「6時半」が無く、よく姫路まで行った。この汽車に乗ると和気を7時30分着で、毎日通勤している汽車となる。

当時初見は弾けても、ジャズのリブが出来なかったので、リクエストの演歌・ラテン・タンゴ等を弾いていた。

リブを覚えるのにコード・フレーズとギター奏者の「ケニ―バレル」「グランド・グリン」
「ウエス・モンゴメリー」「ジム・ホール」「バニー・ケッセル」等のレコードを聴きリブを学習し一応演奏が出来るようになった。

バンド仲間からは君のギター良く唄うねと言われ、さらに磨き掛けに努力した、そのお陰で当時ラジオの仕事とかテレビでの演奏がまわって来た。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

当時使用していた「ピック・ギター」今では弾く事も無く箪笥の肥やし状態である。

その後はまた次の機会に、
0

2016/8/22  15:14

音楽「タ―ギ―」  

久し振りのブログ、毎日猛暑が続き2階に置いているパソコンの前に座る気にもならず書き込みが延てしまった。

私が「タ―ギ―」を始めたのは19歳の時である。それも友人が習いたいとの事で、岡山の楽器店で買うので付いていってくれと言われお供をした。

当時「昭和31年」のギターの。この店に置いていた「クラッシック・ギター」の値段が¥1000〜5000円台のようだったと思う、ギターについては2人共判らず店員の言うがままに、3000円台位のを買っていると上達しても音に関して余り気にせずに長く使えるのではと言われ、3500円のギタ―を買ったように思う。

教則本もいるので「古賀政男の30日間」のを序でに買った。ところが買った友人がT週間も経った頃、こんな難しい楽器は出来ないと言ってきた、当時この地区にはギタ―の先生は居らず、独学で勉強をするしかなかったのである。

悲鳴を上げた友人T週間後に、1000円で良いので買ってくれと言ってきた、私も付いていった手前、断る事も出来ず購入。

買った以上はレッスンをしないとと思い、教則本の「カルカッシ・ギター教則本」を新たに購入し、独学で「初等科・中等科2部・3部・高等科」この間に「ヤノピーのハノン」又「オ―リン」{バイオリン}の教則本等を練習、ハノンはテンポ60〜120で練習し、ギターの1フレットから5・7・10ポジションのスケールを練習し、一日のレッスン時間約8時間ほどを寝る時間も惜しみ練習した。

ギターを初めてから半年もした頃、青年団の役員をしていた人で、アコーデオン・バイオリン等を弾く人が居り、又ドラムを叩く人が要ると言う事で、役員をしていた音楽には無の素人に無理やりお願いした。

練習場所は小学校の講堂を借り1〜2時間時間の許す限り練習、当時のメンバーではパート譜面を書ける人も居らず、その役が私に回って来た、練習後に思考錯誤しながら何とか譜面を纏めて10曲位の譜面が出来上がる。

その後は小学校の学芸会に出演を依頼される様になって、メンバーも自信が付き練習日も楽しみとなる。

私がギターを初めて1年を経過した頃、当時の国鉄{現JR}に勤務していた人が、岡山のキャバレーでバイトをし、テナーサックスを吹いていた人が、オ―デションを受けて見ないかと言われ、別に音楽家になる気も無かったが、自分でどれだけの実力が有るか試す機会と思い、オ―デションを受ける事にした。

オ―デションの開場に行くとピック・ギタ―を貸してくれたが、私はクラッシック・ギターで練習していたので、ピックはネックも細く、フレットも2フレッツと長い。何とかなるだろうと少し練習させてもらい、それではと言う事になった。

ところが全音出版社の本の中から、適当に捲り、ハイ何ページをである。出てくる曲が♯が4・5・6と♭が同じく4・5・6と、相手はピアノ伴奏をしリズムを弾くだけで、スロー曲ハイテンポ曲をテンポ1・2・3・4で、始まる、結局どの曲も初見である、約10曲ほど弾かされ、結果は貴方だと十分ですと言われてオ―デションは無事合格した。

此の続きは明日


0

2016/8/13  19:32

お盆  

今日はお盆の入り、江戸時代から続いた先祖の墓地を今年の5月に赤磐市のオアシス霊園に移転したが、毎月の家内の月命日「19日」には墓参は欠かしてはいないが、盆では初めての墓参となる。

今朝は早めのに5時からウオ―キングに出かけ、盆で先祖の迎える為の仏壇にお供え、献花等を済ませ、午前8時から墓参に行く、

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

新仏が迷わない様にと、六角灯蘢に戒名を付け迎える。
クリックすると元のサイズで表示します

迎え火を焚きカメラを取りに行ってる間に火が消えてしまっていたので、残り火だけを撮る。「残念」

岡山地方は此のところ毎日酷暑日「35〜36度」が続き、明日も36度の予報、日中一人でなるべく我慢の子をと思うが今日は、ついに3時頃からクーラーのお世話になる。

こう毎日猛暑が続くと何もする気が起きないのでテレビの守りで、今はオリンピックと高校野球が有って時間つぶしには良いが「?」いつの間にか寝ている。


0

2016/8/7  10:00

清掃「町内の公会堂」  

何時も通り、日課5時半からのウオーキングに出かける。今日は8時から3班1組は藤の里町内の公会堂の清掃、グランドの草取り当番が有る。

ウオーキングを6時半に帰宅し時間つぶしにリオのオリンピックをテレビで7時半まで見る後は公会堂に、女性は公会堂の清掃、男子はグランドの草取りだが、男性は私一人だけで、手の空いた女性5〜6人が草取りに参加してくれたが、草の多さに大変であっつた。

草取り用の鎌を持参していたので、根を抜かず刈り取りに変更、女性の方にごみ袋への収めをお願いしひたすら刈り取りをしたが、約40ℓの袋5袋分の草である。

9時の一応終わり散会し取り敢えずシャワーで汗を流す間、洗濯機を廻し、約45分間の洗濯時間後、洗濯物乾しである。

グランドには除草剤を散布して居れば草取りも必要ないが、犬の散歩場所も有るので中々散布は難しい様である。
0

2016/8/4  8:13

ミニバラ  

8月に入って毎日猛暑である。この暑さの中元気にミニバラが咲いた。
可憐な花を咲かせ楽しませてくれている。

クリックすると元のサイズで表示します

   「品種は{ミス・ピーチヒメ」直径2センチ程
クリックすると元のサイズで表示します

   「品種は{シルク・レッド}直径は2センチ程」
0

2016/8/1  16:16

南京「カボチャ」  

6月初め頃、スーパーにて南京を買い、その種を保存していたのを時期が種まきにしては遅いと思うが試験的に蒔いていたのが、6月14日頃には此の状態にまで成長する
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

本来は地這の植物だが、場所が畳半畳の畑、棚を作り上に延ばすことにし、仮に南京が出来た場合はナット網で補う様にした。

この写真は7月31日に撮影したもの花も次々と咲き、調子が良ければ南京が収穫できるかもしれない、日々楽しみにしている。

となりのミニトマト「イエローアイコ」も順調、毎日20個位食しているが食べきれない、今日も収穫をしたがボールに一杯、娘たちにもお裾分けをしてやる。

残ったのが未だ此の状態です
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ