2016/9/13  15:10

中南米展  

岡山市立オリエント美術館で7月2日〜9月25日迄の期間開催されている、ミサワホーム中国スペッシャル、競・演「オリエントと中南米」に行って来た。

我が家はミサワホームの当時専務の役職であったOさんが友人で有ったので、ミサワで注文住宅で建てているので、その関係で招待券を3枚戴いた。

当日は私と長女と婿の3人、約館内を2時間パンフレットの説明書を見ながら鑑賞する。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

      「ハンムラビ法典碑」
この碑の周りには「くさび形文字」で書かれております。くさび形文字は、現在確認されている最古の文字で、前3200年頃成立し、以後3000年以上に亘って使用されました。

二等辺三角形の集まりの様な不思議な文字は、葦の先を削ったペンの角を押し当てる事で記述される。粘土と葦の文明、メソポタミアならではの文字と言えます。

この碑の裏側には、「法典」は前文・本分・後文に分けられ、有名な196条「目には目を」200条「歯には歯を」と言う事が記載されています。

クリックすると元のサイズで表示します

「196条」もしアウィ―ルム{人}がアウィ―ルム仲間の目を損なったら、彼らは彼の目を損なわなければならない

200条もしアウィ―ルムが彼と対等のアウィ―ルムの歯を折ったなら、彼らは彼の歯を折らなければならない

クリックすると元のサイズで表示します

碑の裏面の黒塗りの部分で、「目には目を・歯には歯を」が記載されている部分で、許可を得て撮影をさせていただきました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ