2010/1/14  15:11

健康と食材  

今日は毎年この時期に買う「牡蠣」を、岡山県瀬戸内市虫明の牡蠣業者○東家の牡蠣を買いに9時頃出発し10頃に業者宅に到着、

到着後は、早速蒸し牡蠣を戴き満腹、○東家に通い始めてもう5年になる、今年はT斗缶と半斗缶を一つづつ買う、又、娘さんにと土産に半斗缶1缶と剥き牡蠣をフライにと戴いた。

此の○東家牡蠣業者は昨年12月に山陽新聞に取材記事が載っていた業者である。
今は牡蠣業者も牡蠣の出荷がピークを迎えて早朝3時ごろから引き上げたばかりの牡蠣の殻を専用ナイフで剥く作業に追われているとの事、

県産牡蠣の出荷は10月中旬から4月中旬迄続くが、産卵に備えて栄養分を蓄えるT月〜2月が旬である。



クリックすると元のサイズで表示します
 作業風景





クリックすると元のサイズで表示します

 ○東家の作業棟





クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します

 牡蠣専用の船舶



昨年は12月〜1月・2月・3月と毎月日参したが、今年は今日と来月に行く予定である、今夜は蒸し牡蠣で一杯、夕食が楽しみ「笑」

何時もよくして頂くので次回の折、船舶の絵画を差し上げる事にした、頑張って描かなくては「?」

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ