2011/3/27  11:44

音楽「アレンジ」  

4月から新年度、ギタークラブも新曲をという事でアレンジも既に4曲をしているが、ラテン系の曲がしたいと言う事で、昨日から2曲当ギタークラブ様にアレンジをする。
1曲目は「quien・sera]{キエン・セラ}
クリックすると元のサイズで表示します


2曲目は「tabu]{タブー}
クリックすると元のサイズで表示します


この「タブー」の曲は、ドリフターズの加藤 茶が「チョットだけよ」で、MGに使用していた曲である。又昔キャバレーが有った頃に、ストリップ・ダンサーが良くこの曲をMGで使っていた。懐かしい曲で当時を思い出す。鼻の下が長く伸びていたかも「笑」

この曲は「エルネスト・レクオナの奥さんである「マルガリ―タ・レクオナ」の作品で、キューバに連れて来られた黒人奴隷が、故郷アフリカを想うやるせない望郷の歌です。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ