2011/3/30  15:51

サポート  

東日本大震災の復興支援の為サッカ―の慈善試合が29日、大阪・長居陸上競技場で行なわれた。
優勝した一月のアジア・カップ以来の実戦となる日本代表が2対TでJリーグ選抜を下したが、2点差を追う、Jリーグ選抜は後半、途中出場した三浦知良{44歳}が、見事期待に応え鮮やかなゴールを決めた。そのままゴール裏のサポーターの前で「カズダンス」を披露、カズダンスも一瞬躊躇いも有ったそうだが、東北の方々を元気づける為にと思ったそうである。
サッカーの様に最後まで諦めずに必死にボールを追い続ける、日本中の皆がサポートしている事を、被災者の方々も忘れず、希望だけは捨てないで頑張って戴きたい。

福島第一原発の危機の中で、自衛隊・消防隊・東電関係の方々が身命を賭して連日連夜作業に取り組んでいて、頑張らねばという使命感に頭が下がります。

原発では次々と困難な問題が起きますが、英知を結集し、また救援と災害復旧に取り組んでいます、きっと実を結ぶ事でしょう。

第二次世界大戦の折には、日本中が焼け野原と成ってしまいました。広島・長崎には原子爆弾を投下されましたが、戦後奇跡の復興を成し遂げた日本人の底力を、今回も発揮出来るものと信じたいと思います。

「日本・ガンバレ・ガンバレ・ガンバレ」
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ