2006/7/9

こどもたちへ86  葬儀司会

 『パパー、こわいやんか〜!』

 『何が?』

 『その格好よ〜!』

 『かっこよくなーい?』(と、今風に…。)

 『もっと、お父さんらしい格好してや〜。』

 と、いもうとちゃん。ハンチング帽にちょっとイカしたメガネ。黒のピッチリTシャツにディーゼルのラッパ系ジーンズ。ベルトは極太の白。足元は白鼻緒の雪駄。チョイ悪オヤジをイメージして…。

 車に乗り込み【夜市】へ!街中に近づくにつれ大渋滞…。人が沸いている。最悪である。人ごみの嫌いな私。我慢しながら歩いていると、娘二人が私の手を一生懸命引っ張っている。

 『お嬢さんたち、そろそろ帰りませんか〜?』

 『パパ、あそこ行こう!』

 思いのままに引っ張ってくださるお二人…。

 『パパ、わたがしが食べたーいっ!!』

 と、綿菓子を食べている女の子を見て思いついたように…。いろんなキャラクターの袋に入っている綿菓子。選ぶのに悩んでいるお二人さん。

 『中身はいっしょだから、なんでもいいでしょっ!!』

 『だめなの。欲しいのを選ばないと損するでしょ!!!』

 (はあ…。損はしないと思うのですが…。)

 『あーちゃんもかほちゃんの○○のがいい!』

 お店のお姉ちゃんにお願いしていっしょの袋に入れていただいて、いもうとちゃんもご機嫌さん。

 『そろそろ、帰ろうね!』

 『パパ、ジョープラ行かんといかん!』(おねえちゃん)

 『何で行かんといけんの?』

 『ラブベリーのカード取らんといかんのよ!』

 『あーちゃんも行く〜!!』

 はい。決定です。車に乗り中心地から南へ20分。女の子のするゲームの後ろで待つこと1時間…。

 『ご飯食べに行きませんか?』

 『マックのドライブスルーがいい!!』(と、おねえちゃん)

 『あーちゃんは?』

 『うどんがいい!!』

 『じゃあ、うどんにする?』

 『何であーちゃんは、うどんとか言うんよ!』

 『だって、マック嫌やもん!』

 はい。ケンカの始まり…。その時、くるくる寿司が見えてきた。

 『君たち、廻る寿司船はどう?』

 二人で顔を見合わせて

 『パパが食べたいんやったら、別にいいよ。』

 横で(うんうん)とうなずくいもうとちゃん。

 『はい。じゃあ、そうしよう。』

 ということで一件落着。3人で19皿食べて送って行った…。

 『パパもたまには泊まって行けば!』

 と、お姉ちゃん。元奥様と苦笑い…。やれやれの週末の夜…。

 パパちゃん、お疲れ様…。合掌。


 
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ