2012/12/28

こどもたちへ184  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

長女、18歳の誕生日

おめでとう

彼女が生まれた日

彼女をそっと抱き上げ

涙が込み上げた

この子の人生が幸せであるように願った

本当はブログに書くことではないかもしれない

でも、いつ死ぬかわからない

父として生きる私の心は正直に伝えたい

女性として「スマートに」「爽やかに」生きてほしいと願う

大人として「責任」を持って生きてほしいと願う

やがて伴侶となる旦那様を心から愛してほしいと願う

やがて生まれてくるこどもを大切に育ててほしいと願う

私のことはいいから母親を大切にしてほしいと願う

辛いことに出会っても真正面からぶつかる人であってほしいと願う

悲しんでいる人がいたらそっと手を差し伸べる人であってほしいと願う

おばあちゃん、いもうと、しいちゃん、いとこを守る人であってほしいと願う


お前が生まれた日、本当に幸せだと思った

平成6年12月28日、人が人を愛することを知った私の記念日


健康で明るく育った彼女の存在に感謝しながら…



クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/12/24

こどもたちへ183  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します


ご葬儀を担当させて頂いた喪主様からケーキを買って!と言われたのに、誰も買ってくれないTдTと、タイシロウが嘆いていたのでヒラメイタ!

こどもたちのためにクリスマスショートケーキを購入!

さきほど、業者さんが会社に持ってきてくれました^▽^

午後から、こどもたちのホームへ持って行きましょう車=3=3

本日はクリスマスイブですが、私は特に何もありません。というか、イベントに興味ないのですね。明日はお泊りですし!

ただ、こどもたちの今日一日が「良い思い出」の日となるように願っています。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

お師匠様、本日は誠にありがとうございました  けいご
3

2012/12/21

こどもたちへ182  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

サルもイノシシもナベ・カマ持たずに所帯をはり子供を育てている

人間は、住むところを作り、寒くなればそれを防ぐために着るものを作る

人間は、サルやイノシシと違って、考え、モノを作り出す知恵がある

そのことだけでも、人間という生き物の有利さを感じる…


人間の知恵はどんどん発達し、それは両刃の剣ともなることを知るべし

そうならない為に、謙虚に一歩引くべきなのか…


私は今、考えることを停止している

それは、考えて生きることに不安が生じるから


新聞やテレビに左右されない

情報に左右されない


ただ生きている

そこには何の生産性もない



食し 着て 住み 自ら生活を成り立たせる

みな そうだと思う

その基本の上にまとめ役としてあるのが国である


頼るモノでも 国家による多大な搾取もあるべきではない


国家であったり 会社であったり 様々ではあるが

人がただ生きているだけではなく

今ここで生きている意味を持つためにはどうすればよいのか考えるべきだ



人間は社会を営み今日を築いた

サラリーマンも農家の人も浮浪者もみんな

社会の一員である


こどもたちが社会に出た時 私は大人として何を伝えることができるのか



自らの人生を切り拓き 夢を語れる人となろう

できれば 周りの人たちを幸せにできるリーダーとなろう


そう言える大人になりたい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/12/19

こどもたちへ181  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

離婚して、早13年の月日…

幸い、こどもたちとは定期的に会うことを許され、その成長を見守ることができた。

離婚という言葉に違和感を感じなくなった昨今の日本社会だが、離婚は良くないことだと思う。子が居れば尚更のこと。私が言うのも変だけど…。

結婚は「責任」を背負うことにある。伴侶の幸せと、こどもが生まれたら、こどもの将来。それなくして「結婚」の意味はない。そんな風に思う。

離婚した後、こどもたちの寝顔を見ながら思うことがあった。この子達の結婚式には出れない。ということだ。

こどもの将来を放棄した自分を責めた。幾度となく、心中でこどもたちに詫びた。隣で寝ているこどもたちを見ながら何度も泣いた。そんな時があった。



【昨日/いもうとちゃん・あかりとの会話】

「パパ、あーちゃん、結婚したら、パパとヴァージンロードを歩きたい。」

「えっ!?」

「ダメなん?」

「ダメとかじゃないけど、パパはお母さんと離婚してる立場だし、昔から結婚式には出ないって決めてるから…。」

「なんで?」

「相手の親御さんの気持ちやその親戚の人たちの気持ちを考えてあげて。」

「そんなん、関係ないし、私のお父さんはパパやろ!」

「そうやけど…。結婚は当人同士の問題だけではなく、家と家との問題なんよ。」

「私は、そんなん関係ないし、分かってくれる人と結婚する。」

「でもね、あーちゃん…。」

「もう、いい!私は、パパとお母さんのこどもに生まれて本当に良かったと思ってる。だから、ヴァージンロードはパパと歩くの。」



高校受験を控えている15歳の少女とする会話ではないような気がしましたが、知らない間に大人になっているのですね…。ビックリします。とりあえず、大切な娘との会話をここに残しておきます。あかり、ありがとう。パパより

クリックすると元のサイズで表示します

離婚直後、実家前・あかりと(2歳)
5

2012/12/17

こどもたちへ180  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

夕方、長女から電話

「パパ〜、会社行っていい?」

「どした?」

「年賀状 作りたいけん。」

「うん。じゃあ、お母さんに連れてきてもらいなさい。」

「オッケーイ。」

はい。社長といっしょにやってきました。

いもうとちゃんも一緒ドキドキ

社長は、会合があるので先にバイバイ。

パパ、ニヤニヤ*^_^*

自分たちでお気に入りの画像を探して

身篭っているウスイのおねえちゃんに作ってもらいました。

ウスイが入社したのが10年前。

その頃から、2人のお守役だったウスイですが、今ではウスイが、2人を見上げて話しています◎o◎

時の流れを思いながら、やさしい時間を過ごせました。


「パパ、私、今度、優秀作文で表彰されるんよ。」

「えっ、おねえちゃん、すごいね〜。どこで表彰式あるの?」

「●●学園。担任の先生が連れてってくれるんよ。」

「そうなん。じゃあ、パパも行こうか!」

「やめてや。キモイし。」

「・・・。TдTTдTTдT

やはり・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/12/14

こどもたちへ179  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/12/12

こどもたちへ178  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/12/11

こどもたちへ177  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/12/10

こどもたちへ176  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/12/9

こどもたちへ175  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/12/3

こどもたちへ174  葬儀司会

クリックすると元のサイズで表示します

あかりさんから電話

何ヶ月ぶりでしょう

でもうれしそうにすると「キモイ」と言われるので…

「あかり なあに?」と普通に出ました

「あっ、パパ。受験で自己アピール書の提出があるのだけど、親御さんと考えなさいって先生に言われてるから、ちょっと見てくれない?」

「いいよ。会社にファックスして。」

と、普通に返しましたが本当は*^_^*

超進学校を受験希望している妹ちゃんですが…

ファックスを確認すると…

最近のニュースで気になったニュースは?という問いに対して、

【ガリガリ君のポタージュ味 発売禁止】と書かれてありますTдTTдTTдT

そこでパパは、その高校の校訓・マニフェスト等を見ながら

パソコンをパコパコって打ち込んでファックス返信

文武両道と自己研鑽をテーマに ̄ー ̄


その夜、あかりから電話

「パパ、これ、じこ…、じこけん…、」

「じこけんさん」

「わかった。意味は?」

「物事の道理を深く調べ極め己を高める!!!」

「なるほど…。」

「あかりの分かるように書いたらいいからね〜」

「はーい。ありがとう。」


その後も4度の電話。とてもうれしいパパなのでした


クリックすると元のサイズで表示します


4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ