暖冬?  トピックス

気象庁は24日、10〜12月の3カ月予報と、冬(12月〜来年2月)の予報を発表した。太平洋赤道域の中部から南米沖にかけての海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象が冬まで持続するため、全国的に気温が高い傾向が続く見込み。冬の日本海側の降雪量も平年より少ない可能性が高い。
 10〜12月の降水量は、北日本(北海道と東北)と東日本日本海側で少なく、東日本太平洋側と西日本は平年並み、沖縄・奄美地方は多い見込み。
 冬の天候には、北極寒気の動向も大きく影響するが、どの程度南下して日本付近に寒気が流入するかは、まだ予測できないという。

0




AutoPage最新お知らせ